スポンサードリンク

たまごっち

一世を風靡して一大ブームを巻き起こして、何時の間に消えていった携帯型育成シュミレーションゲーム”たまごっち”が携帯電話へ移植されて帰ってくるそう です。

最近ちょっと苦戦気味のボーダフォンのコンテンツだそうでテレビ付き携帯電話がいまいち苦戦しているボーダフォンですが、今度の”たま ごっち”は果たして当たるでしょうか?

数年前の、たまごっちブームの時は残念ながら持っていなかったのですが、ブームが去った後になって100円ショップで売っていましたん で買ってみましたが動かしてはいません。

流行った頃は異常とも言えるブームでプレミアムが付いて1万円以上で販売されていたり、抱き合わせ販売が有ったり、欲しくても入手でき ないじょうたいになっていましたね。

私は持っていなかったやっかみも多少有るのかもしれませんが、何があれほど熱中させるんだろうと不思議に思っていたのですが、たぶん ブームになった理由としては、今までなかった新しいジャンルのゲームで有ったから故に流行ったのだろうと思います。

携帯型のゲームはゲーム&ウォッチから始まりブーム当時すでに携帯型のゲームは普及していましたが、携帯型の育成シュミレーションゲー ムは過去に同種の遊べるゲーム機がなかったですから、あれほどのブームになったのだろうと思います。

ブームになる要因の一つには、新しいカテゴリやジャンルで”目新しい””新鮮”が重要なキーワードになってくるはずです。

そうなると、今回の”たまごっち”携帯電話移植盤はどうも流行るまでには至らないと予想をしているのですが果たして予想は当たるので しょうか?

どうせならですね、任天堂とかと提携して携帯電話にゲームソフトをセットできるカートリッジでも付けて、ボーダフォンの携帯電話で任天 堂のゲームソフトが遊べるくらいしたほうが、携帯電話も売れると思いますし、任天堂もゲームソフトが売れるのではないでしょうか?

カートリッジでゲームソフトを差し替えて使えるようにすれば、自分の好きなゲームを買ってきて遊べる訳ですしね。

追伸

たまごっちのブームのおかげでバンダイに巨額の利益をもたらすと思いきや、ブームが終わってしまいまして逆に赤字の原因となっ てしまったようで、ブームに有りがちな話ではないですか。

まああとになって何であんなに熱狂してみんなが、たまごっち にはまったのか不思議に思うんですけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 花札
  2. 美少女フィギュア製作代行
  3. ヒーロー達の新天地
  4. DVDソフトとレンタルビデオショップ
  5. マトリックス レボリューションズDVD鑑賞記
  6. たまごっち
  7. コミック、漫画のインターネットダウンロード販売
  8. エクソシストExorcist
  9. DVDの特典映像

スポンサードリンク

著作権

メニュー

ページのトップへ戻る