スポンサードリンク

キャンプ用品のレンタル

その昔はキャンプと言えば重たい大きなリュックサックを背中に背負って出かけるのが普通だったと思いますが、最近ではキャンプ人口の相当な割合を車でキャンプ地まで移動するオートキャンパーになって参りまして、それに伴ってキャンプ用品も登山に適した極限まで必要な機能以外を削り取ったものから、結構デザインですとか性能に凝ったものが増えて来まして、まぁそれに伴って高価なキャンプ用品も結構多いですよね。

でね一応オートキャンプ場では飯ごうとか寝袋とかコンロとか勿論テントとかレンタルしてくれるところも多いのですが、この年に1回位しか使用しないで、後は物置か押し入れの奥で結構な場所を占領するキャンプ用品を買いそろえる人ってとっても多くないでしょうかね?

まぁ何といますかオートキャンプの楽しみってのはキャンプ中以外よりももしかしたらキャンプ用品のカタログをペラペラと眺めつつ、順次便利そうな用品を買いそろえていくって事も有ると思いますし、私自身もそうやって購入したガソリンストーブですとかキッチン台ですとか結構な場所を占領してしまっておりまして、一時期は大型のワンボックスカーまで所有していたのでありますが、良く考えれば毎年ゴールデンウィークにしかキャンプに行かない訳ですし、手入れとかを考えればキャンプ用品はレンタルを活用して、車だってその時だけレンタカーでも利用すれば、余計な場所を日常生活の中で占領されませんし、たぶん相当安くつきますから別の何かにお金を使えるのでありまして、キャンプでの食材をワンランクアップ出来たのかもしれませんね。

たぶん、その初心者はレンタルだけどオートキャンプのベテランだったら当然の事ながら、良い道具を持っていて当然だって考えがあるような気が致しますが、そのキャンプ用品に限って言いますと、年に1回位しかオートキャンプに行かないし、それも子供が小さいうちだけでやがて10年もしないうちにキャンプに行かなくなってしまって、購入から数回しか使わないまま押し入れもしくは、物置の場所を占領するだけの存在になっているキャンプ用品は、もう相当な量になっているのでしょうね?

その昔の日本では江戸時代には褌(ふんどし)までレンタルされていたと聞きますし、レンタルの歴史ってのは結構長い国なのですから、キャンプ用品のレンタルももっと普及しても良いのでは無いでしょうかね?

まあただ今キャンプ地でレンタルしている用品はテントにしても飯ごうにしてもコンロにしても相当旧式でボロいのが多いようですけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 不景気対策とイベント
  2. 縁日
  3. 射的のコツ
  4. ヒーローショー
  5. 文化祭
  6. イベント用品レンタル
  7. ふれあい祭り
  8. イベントとコミュニケーション
  9. 運動会の企画と準備
  10. 屋台のレンタル
  11. やらせと演出の違い
  12. 不況とキャンペーンの関係
  13. 綿飴(綿菓子)の話
  14. 記念行事
  15. やりっ放しは何もしないよりまだ悪い
  16. 集客イベントについて
  17. エコ替えの失敗
  18. 逆チョコ(バレンタインデー)
  19. 自画自賛について
  20. 逆効果のキャンペーン
  21. 現金のプレゼント
  22. イベント用品レンタルは儲るか?
  23. キャンプ用品のレンタル
  24. エコイベント
  25. 企業・会社の運動会
  26. 輪投げのコツ
  27. 飛び込み営業とキャンペーン
  28. イベント内容と集客の関係
  29. 模擬店だらけの学園祭
  30. 安く感じさせるテクニック販売手法
  31. 町おこしとイベントの関係
  32. 初年度年会費無料キャンペーンについて考える
  33. 内容量増量キャンペーン
  34. オープン懸賞と限度額
  35. クローズド懸賞の限度額
  36. キャンペーンと人材派遣会社
  37. 吉野家のキャンペーン
  38. コカコーラとペプシコーラのキャンペーン
  39. キャンペーンとミスタードーナッツ
  40. 営業支援とキャンペーンの関係
  41. 販売促進
  42. 社内キャンペーン
  43. キャンペーンは検証が重要
  44. お友達紹介キャンペーンについて
  45. 新規顧客開拓
  46. キャンペーン症候群
  47. 銀行の金利優遇キャンペーン
  48. 売上げ低下に対する対策
  49. 飲食店の集客と立地条件
  50. 夏祭り縁日
  51. コカコーラのビン
  52. 逆もまた真なり
  53. 成功したキャンペーン事例

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る