スポンサードリンク

エコイベント

バブル経済真っ盛りの頃はそれこそ環境破壊もなんのそのって感じで、日本中各地で様々なイベントが繰り広げられまして、イベント終了時には大量のゴミが排出されるって毎度お馴染みの光景が繰り返されて来た訳ですけど、景気が悪くなってまいりましてイベントの自粛の動きなんかも色々出てきますと、まぁイベント企画やさんも何か考えてイベントをやって貰わないと飯の食い上げになってしまうって事で、何故かエコを前面に出したエコイベントとかの企画を打ち出したりって動きが一部に有るようですね。

まぁゴミを出さないように気をつけましたとか、再利用出来るような機材で会場を設営していますとか、ゴミの分別を徹底させますとかその手の内容で、エコに気を遣ったイベントですって銘打つと予想しているのですけど、そもそもエコロジーに気を遣うのでしたら無駄なイベントなんぞ最初からやらなければ良いと思うのですよね。

つまり何と言いますかイベントにエコイベントって副題とか形容詞を付けるような御為ごかしをするのでしたら、かえって反感を買う可能性が高いのでそんなものは表には出さないで、ちゃんと本来の目的であるイベント内容だけを前面に出してイベントを実施したほうがまだ良いような気が致しますよね。

なにせ最近の消費者とか一般大衆ってのはインターネットの発達で実に幅広い意見や考え方に接する機会がありますし、エコイベントと銘打って我が社はこんなにエコロジーに気を遣ってイベントをやっていますって公言していても、何かの弾みでエコを気にして居るのなら余計なエネルギーを消費するイベントなんて最初から止めてしまえ何て声が出てしまいましたら、逆効果そのものですからね。

エコと名の付くもので最近ではエコポイントなんてのが有りますけど、あれも不思議なものでテレビを例にとって考えて見ますとより液晶画面の大きい、つまり消費電力がより大きな液晶テレビを購入したほうが、何故かエコポイントが沢山貰えるって事で、結構あちこちで批判が出ていたりしていますよね。

同じように企業とか自治体が行うイベントに無理してエコなんてものを添えてみても、多くの人に見透かされてしまってかえって反感を買う場合も多いのではないでしょうかね?

追伸
確かキャンドルナイトなんてイベントが有りましたけど、あのように電気を一切使わないで過ごして見ましょうなんて本当に地球環境を考えて居るようなイベントでしたら個人的に大鑽井ですけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 不景気対策とイベント
  2. 縁日
  3. 射的のコツ
  4. ヒーローショー
  5. 文化祭
  6. イベント用品レンタル
  7. ふれあい祭り
  8. イベントとコミュニケーション
  9. 運動会の企画と準備
  10. 屋台のレンタル
  11. やらせと演出の違い
  12. 不況とキャンペーンの関係
  13. 綿飴(綿菓子)の話
  14. 記念行事
  15. やりっ放しは何もしないよりまだ悪い
  16. 集客イベントについて
  17. エコ替えの失敗
  18. 逆チョコ(バレンタインデー)
  19. 自画自賛について
  20. 逆効果のキャンペーン
  21. 現金のプレゼント
  22. イベント用品レンタルは儲るか?
  23. キャンプ用品のレンタル
  24. エコイベント
  25. 企業・会社の運動会
  26. 輪投げのコツ
  27. 飛び込み営業とキャンペーン
  28. イベント内容と集客の関係
  29. 模擬店だらけの学園祭
  30. 安く感じさせるテクニック販売手法
  31. 町おこしとイベントの関係
  32. 初年度年会費無料キャンペーンについて考える
  33. 内容量増量キャンペーン
  34. オープン懸賞と限度額
  35. クローズド懸賞の限度額
  36. キャンペーンと人材派遣会社
  37. 吉野家のキャンペーン
  38. コカコーラとペプシコーラのキャンペーン
  39. キャンペーンとミスタードーナッツ
  40. 営業支援とキャンペーンの関係
  41. 販売促進
  42. 社内キャンペーン
  43. キャンペーンは検証が重要
  44. お友達紹介キャンペーンについて
  45. 新規顧客開拓
  46. キャンペーン症候群
  47. 銀行の金利優遇キャンペーン
  48. 売上げ低下に対する対策
  49. 飲食店の集客と立地条件
  50. 夏祭り縁日
  51. コカコーラのビン
  52. 逆もまた真なり
  53. 成功したキャンペーン事例

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る