スポンサードリンク

輪投げのコツ

最近は人混みの中に出かけるのが苦手になって来ましてお祭りとかその手の場所に余り行かなくなったのですが、その昔に人から聞いた輪投げで景品を獲得するコツってのをたまたま思い出したので忘れないうちに書き残しておこうと思います。

さて本題に入る前に書いておこうと思いますけど、輪投げに300円とか500円出しまして景品を獲得できたとしましても、はっきり言って普通にお金を出して購入したほうがよっぽど良いって場合が大部分なのでありまして、ヒンジの部分が直ぐに壊れてしまうオイルライターだとか、原価で100円もしないようなプラスチィック玩具ですとか、まぁ輪投げをするってのは基本的に輪っかを投げて遊ぶ料金を払う程度に考えておきませんと、ついついとれない景品にムキになってしまいまして思わぬ出費に膨れ上がってしまう場合が有りますから、熱くなりやすい人は最初から手を出さないほうが良いような気も致しますけどね。

ではそろそろ本題の輪投げのコツについて書こうと思いますが実は人から聞いた話は2つ有りまして両方書いておこうと思いますが、私自身は不器用なので最前列に並んでいる安価な景品以外に獲得した記憶は有りません。

まず一つ目は輪を投げる際には輪っかが回転しないように気をつけて水平よりやや進行方向前が上に上がった状態で輪っかを投げると言うものでした。

つまり手首の動きは一切無しで手に持った輪っかを押し出すような感じで前に付きだして、前方が前に上がった状態で景品に向かって飛んでいくってイメージです。

個人的にはこちらのやり方のほうが景品がとれる確率が高いように思っています。

2 つめの聞いた輪投げのコツは投げる輪っかを水平方向に回転させるって方法ですが、これはたぶん少し高価な景品になりますと床に直に景品を置いてあるのではなくて、景品の下に木で出来た台座のようなものが置いてあって、景品を輪投げの輪で囲むように落下してもその下に置いてある台座をクリアしないと景品を貰えないって仕組みの場合に有効なやり方のようなのですけれど、こちらは耳にしただけで実際にやってみた経験も有りますけど景品がとれた記憶が有りませんね。

まぁ最初にも書きましたけど絶対に景品をゲットしようって意気込んで挑戦するようなものでも何でもなくて、ちょっと面白そうだからって事で運試し的な感覚輪投げに挑戦するのが一番健全で楽しいお祭りの楽しみ方だと思いますけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 不景気対策とイベント
  2. 縁日
  3. 射的のコツ
  4. ヒーローショー
  5. 文化祭
  6. イベント用品レンタル
  7. ふれあい祭り
  8. イベントとコミュニケーション
  9. 運動会の企画と準備
  10. 屋台のレンタル
  11. やらせと演出の違い
  12. 不況とキャンペーンの関係
  13. 綿飴(綿菓子)の話
  14. 記念行事
  15. やりっ放しは何もしないよりまだ悪い
  16. 集客イベントについて
  17. エコ替えの失敗
  18. 逆チョコ(バレンタインデー)
  19. 自画自賛について
  20. 逆効果のキャンペーン
  21. 現金のプレゼント
  22. イベント用品レンタルは儲るか?
  23. キャンプ用品のレンタル
  24. エコイベント
  25. 企業・会社の運動会
  26. 輪投げのコツ
  27. 飛び込み営業とキャンペーン
  28. イベント内容と集客の関係
  29. 模擬店だらけの学園祭
  30. 安く感じさせるテクニック販売手法
  31. 町おこしとイベントの関係
  32. 初年度年会費無料キャンペーンについて考える
  33. 内容量増量キャンペーン
  34. オープン懸賞と限度額
  35. クローズド懸賞の限度額
  36. キャンペーンと人材派遣会社
  37. 吉野家のキャンペーン
  38. コカコーラとペプシコーラのキャンペーン
  39. キャンペーンとミスタードーナッツ
  40. 営業支援とキャンペーンの関係
  41. 販売促進
  42. 社内キャンペーン
  43. キャンペーンは検証が重要
  44. お友達紹介キャンペーンについて
  45. 新規顧客開拓
  46. キャンペーン症候群
  47. 銀行の金利優遇キャンペーン
  48. 売上げ低下に対する対策
  49. 飲食店の集客と立地条件
  50. 夏祭り縁日
  51. コカコーラのビン
  52. 逆もまた真なり
  53. 成功したキャンペーン事例

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る