スポンサードリンク

不景気対策とイベント
景気がよい時はイベントなんてやらなくても物が勝手に売れたり人が集まるのですが、不景気になると巣ごもりって言葉まで出てきましたが、なるべくお金を使わないように家に閉じこもる人が増えてしまいますから、イベントを頭をひねって考える必要が出てきたりするのですよね。

縁日
昔の輝きをどんどん失っていくような気がするのですが、まあ縁日の屋台のほうも代わり映えしない割に値段だけはしっかり時代と共に上昇していたりするので有りまして、昔のような魅力を取り戻すのは遊びが多様化した現代では難しいかも知れないですよね

射的のコツ
只の遊びですがちゃんとコツはあるのですが、簡単に落とせる景品ばかり狙っていても、射的なんてやらないで店で直接買ってきた方が安かったりする何て事は普通にあるのでして、まあコツをしていても大して得をする訳でも無いのです。

ヒーローショー
上手にやってくれないと子供の夢を壊しちゃったりするのですが地方のショッピングセンターの小さなイベント辺りですと、急造のアルバイトが着ぐるみを着ただけ何て事も有るようで、何ともしょぼかったりもするのです。

文化祭
高校生活の一大イベントと言えばこれでしょうね、卒業後に体験が役立つと思いますが最近は部外者は父兄も含めて入場させない何て文化祭も地方によってはあるようなのでありまして、何だかつまらないような気が致します。

イベント用品レンタル
買うほうが良いのかレンタルで借りたほうが良いのか、色々考えるのですよね、レンタルするよりも新品を買ってしまっても大した値段の差がなかったりする場合も有りますが、使い終わってしまっておく場所が大変だったり致しますね。

ふれあい祭り
何だかもの凄い勢いで近所付き合いとか地域の結びつきが薄れている現状なのですが、地域住民の手作りで祭りを行う場合も御座いますが、中々若者が参加してくれなかったりと苦労も少なく無いのでしょうね。

イベントとコミュニケーション
ほぼ全てのイベントは大勢で準備して実行しませんと失敗しますからチームワークが大切なのですし、イベントを通じてコミュニケーション能力が磨かれてチームワークが良くなったりすることも良くあります。

運動会の企画と準備
嫌々参加していても、競技になると必死に走ったりしてしまうのですが、普段の運動不足がたたったり致しまして、聞くところによりますと若い頃に運動が得意だったお父さんほど、中年なって体と気持ちが離れてしまって転んだりするそうですね。

屋台のレンタル
全く同じヤキソバでも家の台所と屋台と作る場所が違うと、味も何だか違って感じませんか?つまりその非日常が屋台が放つ雰囲気で作り出されるのでありまして、適当にお父さんが作ったソースヤキソバが美味しく感じたり致しますね。

やらせと演出の違い
やらせと演出の間には明確な線引きではなくグレゾーンが存在するのだと思いますが、最近は演出ですらねつ造だとかやらせだの大騒ぎするクレーマーもどきが増えてしまいまして、中々神経を使う時代になってしまいましたね。

不況とキャンペーンの関係
不況の時にはまるで悪あがきのようにキャンペーンを行って、泥沼にはまる企業も出てくるのです、キャンペーン貧乏とまでは言えませんが、焦ってキャンペーン企画を実行して費用対効果が最悪だったりする事もありますよね。

綿飴(綿菓子)の話
お祭りやイベントならではの商品のひとつに綿菓子がありますね、甘いだけで口の周りはベタベタになりますし、虫歯の元みたいな物なのですが、その匂いと、綿菓子の入っているキャラクターが印刷されたビニール袋でつい買ってしまう人もいらっしゃるのでしょうね。

記念行事
何かの記念にイベントを行うってのは良くある事ですよね、企業でも創業30周年とかで式典を行ったり致しますが、社員は良いと致しまして取引先まで呼び集めたりするのでしたら、結構迷惑をかけていたりするのでは無いでしょうか。

やりっ放しは何もしないよりまだ悪い
目的をはき違えているとか、まあ無駄の典型のようなイベントもまだまだ多く実施されていたりするのですが、イベントそのものが目的だったりする場合ですと、派手に目立てばよいって考えがメインになってしまったりしますよね。

集客イベントについて
基本的にイベントなんてものは目的じゃなくて手段なんですからちゃんと人が集まらないと駄目なのですが、中々反省が次に生かされなくて同じ失敗を繰り返してしまったり致しますが、まあ人間なんてそんな物では無いでしょうかね。

エコ替えの失敗
慎重に事を運ぶトヨタ自動車らしからぬと言って良いと思いますが、エコ替えキャンペーンは消費者の反発を買うほうが大きかったと思います、それ証拠にエコ替えで検索しますと批判するブログが沢山出てくるので有ります。

逆チョコ(バレンタインデー)
土用のウナギなんかが最たる物だと思いますが、大きなイベントを恒例行事として定着させると大きな売り上げが発生したりしますよね、どうやらバレンタインデーに関しては様々な業界から進出をされてしまったようですね。

自画自賛について
民族的にと言いますか国民性なのでしょうか日本人は自分を褒め称える事が苦手な人が多く、諸外国に負けてしまうと思いますね、自画自賛までは行き過ぎですが自己PRは上手になった方が良いでしょうね。

逆効果のキャンペーン
イベントやキャンペーンの中には主催者の意に反してマイナスの逆効果しかもたらさない場合が有りますよね、大々的に費用をかけてしかもお客にそっぽを向かれては、泣きっ面に蜂状態なのですね。。

現金のプレゼント
その昔はコーラ瓶の蓋の裏をめくって現金が当たるとか結構普通に現金プレゼントがあちこちでやっていましたが何故か最近はすっかり姿を消してしまいましたよね。

イベント用品レンタルは儲るか?
貸し出した用品は期限が来たら戻ってきて壊れない限り何度でも貸し出せば、粗利率がどんどん100%に近づいて行って儲るって思ってしまいますが、実際には保管スペースとかイベントの集中とか簡単には儲らない仕組みになっているのですよね。

キャンプ用品のレンタル
数回使われるならまだ良い方で中には新品で購入してから一回しか使われた事がないまま、後は物置や押し入れの奥で静かに時を過ごしながらやがては徐々に記憶が薄れていって、完全に忘れられてままいつか日の目を見る事を待っているキャンプ用品たちは日本中に大量に存在していて再び活躍できる日を待っているのでは無いでしょうか?

エコイベント
多くのイベントは会場の設営とか開催中に出る大量のゴミとかで環境にちょっとも優しくないと思うのですけど、そんな事を言っていたらイベント企画を行う会社は仕事が無くなってしまうから、エコイベントとかとってつけたような事を始めてしまったりするのですよね。

企業・会社の運動会
個人的には経営者の思いつきでプライベートな時間まで、会社の行事が浸食してくるって事が無ければ業務の延長上と考えても構わないと思いますけど、実際には更に家族まで巻き込みますよね。

輪投げのコツ
最近は人混みの中に出かけるのが苦手になって来ましてお祭りとかその手の場所に余り行かなくなったのですが、その昔に人から聞いた輪投げで景品を獲得するコツってのをたまたま思い出したので忘れないうちに書き残しておこうと思います。

飛び込み営業とキャンペーン
平日の昼間は法人向けの飛び込み営業として電話回線だのOA機器だのコピーの営業マンが飛び込んできますし、休日は休日で自宅でくつろいでいますと、布団の訪問販売ですとかリフォームですとか浄水器のリースですとか、いろんな飛び込み営業マンが訪問してくるのでありまして、暇なら良いのですけど忙しい場合も多いですし、玄関にはセールス勧誘お断りのプレートを貼り付けてあっても彼らは平気で無視して、訪問してくるのですよね。

イベント内容と集客の関係
言うまでもなく当たり前の話ですが何かイベントを行うって事は集客して売上を上げる販売し促進だったり、イベントそのものが売上を上げるための手段でそのために大勢のお客を集めるのがやっぱり目的になるのですが、いくら集客活動を一生懸命やっても肝心のイベント内容がつまらない内容ですと全然お客は集まりませんし、逆に話題性が高かったり致しますと黙っていても予想以上にお客は集まるのでありまして、先日はローソンで行ったエヴァンゲリオン店舗が余りの来店者の多さで急遽イベントを中止したなんて事も有りましたね。

模擬店だらけの学園祭
去年の事でしたかとある学校の学園祭に出かけたのでありますが、これがもう見事なまでに模擬店だらけなので有りまして、焼きそばの屋台だけでも3つは有ったので有りまして、何だか学業の成果を発表する場所でも何でも無くて、夜店が立ち並ぶ縁日を学校でやっているとしか思えなかったのでありますね?

安く感じさせるテクニック販売手法
仕入原価の問題はありますが同じ物なら安い方を書いましょうってのは消費者の行動心理ですから採算を度外視すれば、確かに安売りは売り上げを伸ばす切り札なのかもしれませんが、商売の基本は安く仕入れて高く売ることですから逆の方向では長続きしないのですよね?

町おこしとイベントの関係
最近は全くテレビを見ないのですがNHKなどではよく町おこしのイベントってやつをニュースで取り上げていたのを記憶していますが、毎年恒例のイベントとして定着したものも多く有るでしょうが中には一回限りだったり最初のうちは盛況で町おこしに貢献しているようだったけど、徐々に尻つぼみ状態になっていつの間にか中止されたいたイベントなんかも結構多いのではないでしょうか?

初年度年会費無料キャンペーンについて考える
クレジットカードの新規入会者獲得の為に初年度年会費無料キャンペーンをやっているクレジットカード会社は実に多いと思いませんか?

内容量増量キャンペーン
スーパーマーケット等の生鮮食料品の売り場に並んでいますキムチや漬物に始まりかなりの数の生鮮食料品で10%増量キャンペーン等の内容量の増量キャン ペーンを書いた商品が目に付くようですが、今回はこの内容量の増量キャンペーンについて書いてみたいと思います。

オープン懸賞と限度額
オープン懸賞とは懸賞を行う企業の商品やサービスを購入する必要がなく、懸賞に応募できる懸賞をオープン懸賞と呼びまして、現在のオープン懸賞の商品の限 度額は1,000万円になっています。

クローズド懸賞の限度額
商品以外の景品をつけて販売促進を行 なったり、抽選で賞品が当たったり、企業の商品やサービスを購入することによって、商品がもらえたり、抽選に応募できる権利が与えられる懸賞はクローズド 懸賞と呼ばれますが、今回はクローズド懸賞の限度額について考えてみようと思います。

キャンペーンと人材派遣会社
風が吹けば桶やが儲かるのですが、キャンペーンが流行れば何処が一体儲かるのかと言いますと、キャンペーンに人材を派遣する人材派遣会社が儲かるのではな いかと思います。

吉野家のキャンペーン
牛丼と言えば吉野家、吉野家と言えば早い、旨い、安いの三拍子の牛丼業界の大御所なのですが、吉野家は定期的に魅力的なキャンペーンを行いますので、今回 は吉野家のキャンペーンについて書いてみようと思います。

コカコーラとペプシコーラのキャンペーン
コカコーラやペプシコーラのキャンペーンと言いますと今やすっかり、キャラクターグッズが付いてくる類のキャンペーン一色になってしまったのですが、その 昔、コカコーラやペプシコーラのキャンペーンには魅力的なキャンペーンもあったような気が致します。

キャンペーンとミスタードーナッツ
のべつキャンペーンをやっている所の代表格?、今回はミスタードーナッツについて思うところを書いてみようと思います。

営業支援とキャンペーンの関係
そもそも何らかのキャンペーンを行う場合、営業支援の意味合いが高いのですが、今回は営業支援とキャンペーンの関係について考えてみたいと思います。

販売促進
販売促進とは、何らかの対策をして販売量を増やす作戦なので有りますが、短絡的な人になると、販売促進イコール、キャンペーンを行う事と考えている人も少 なくないようですの、今回は販売促進とキャンペーンの関係について考えてみたいと思います。

社内キャンペーン
表に見えないキャンペーンとして社内キャンペーンってものがありますが、今回は社内キャンペーンについて考えてみたいと思います。

キャンペーンは検証が重要
販売促進の 為のキャンペーンを毎年決まった時期に行なう企業や、売り上げが落ちてくるとキャンペーンを行う企業など、毎年のようにキャンペーンを行う企業があります が、過去のキャンペーについてしっかり効果について検証をして、次回に生かせている場合と、全く生かせていない場合があります。

お友達紹介キャンペーンについて
既存の顧客がある程度有る場合、既存のお客に新規顧客を紹介してもらう”お友達紹介キャンペーン”を目にする事が良く有りますね?

新規顧客開拓
どんな企業であっても新規顧客開拓無 しに会社を存続できないことは明らかな事実なのですが、この新規顧客開拓ほど重要でたいへんな仕事はないのですが、どんな企業にもあては まる、新規顧客開拓成功方法なんてものが有る訳でなく、絶対成功する新規顧客開拓方法なんて書籍が販売していたら、そんなもの人に教えないで、儲かる商材 を探して自分で新規顧客開拓を実行すれば良いと思ってしまいます。

キャンペーン症候群
キャンペーンを行うと、それなりに売り上げが伸びるので頻繁にキャンペーンを行うようになり、やがてキャンペーンを終了すると、全く売り上げが上がらない ような状態になってしまい、いつしか年間を通じてなんらかしらのキャンペーンをやり続けないと売り上げを確保できなくなってしまっている状態の企業も存在 しますね?

銀行の金利優遇キャンペーン
市中の銀行もやはり営利企業ですので、預金獲得や金融商品獲得のために、各種キャンペーンをやっている銀行が増えてまいりまして、銀行間の競争がもっと激 しくなってくれば更に銀行のキャンペーンが増えてくるのではないでしょうか?

売上げ低下に対する対策
どんな会社、企業でも売上げの落ち込みや低下は経験する事でして、終始一貫して右肩上がりしか経験した事がないって会社の存在は無いのではないかと 思いますが、売上げが低下した時の対応次第で反転して売上げを伸ばす場合も有るし、逆に売上げ不振に拍車をかける形になって、致命的なダメージを負ってし まう場合も有りますよね。

飲食店の集客と立地条件
私の良く通る道端に何度も飲食店が入れ替わっている店舗がござまして、折角開業したのに集客状況が芳しくなくて何度も店舗が入れ替わっている所って結構多くないですか?

夏祭り縁日
夏から秋にかけて各地の神社の境内で夏祭りが開催されて、お祭りの日を縁日と呼ぶ。

コカコーラのビン
昔のコカコーラの特徴ある瓶(ガラスのビン)を覚えていますか?

逆もまた真なり
商売成功の秘訣の一つに流行に敏感で、素早く流れをつかんで商売に取り入れるって事が大切だなんて言われますけど、今回のコラムではその辺りの注意みたいなものを書いてみようと思います。

成功したキャンペーン事例
企業は生き残っていくために販売に勤しまなくてはなりませんし、時には売上不振挽回を狙ってキャンペーンを行ないまして、まぁ多くの場合は費用をつぎ込んだだけマイナスで終了致しまして、いくつかのキャンペーンは大成功で終了する事になります。

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る