スポンサードリンク

ペットロス対策

ペットロスとはペットロス症候群と言われる、可愛がっていたペットを亡くしてしまって、それよって感じるストレスによって精神的なダメージを受けてしまったり、吐き気や嘔吐、頭痛などの体に症状が出る現象なのだそうですが、昔からペットが亡くなって涙に暮れる飼い主は存在したと思いますが、極度のストレスまで発展してしまうってのは、ペットへの愛情が深くなったのが原因なのか、人間が精神的に弱くなったのが原因なのかどちらでしょうかね?

勿論ペットは物ではありませんから同じ種類のペットをペットショップで購入してきて完治するわけもなく、ただただ深い悲しみの縁に沈んでしまっているのでしょうが、時が解決するって部分が一番の解決方法ではないでしょうか?

勿論、場合によっては精神科のカウンセリングを受けるなりの対応も必要だと思いますが、ペットロスになる人に比例してペット霊園とか遺影のポートレートとか便乗商法のように私が感じる商売も随分と出てきているように感じますが、先にも書いたように時が解決するのが一番の対応だと思いますので、静かに時が過ぎるのを待つのが一番なのではないでしょうか?

ペットロスについて関連する事をもう少し書きますと、昔からペットを飼うって事は子供の頃から死に触れる機会を提供して人間として成長する機会だったと思いますが、やはり子供の頃に耐性がないまま大人になって、大人になってからパートナーとしてペットと暮らす人が増えてきた結果、ペットロス症候群になってしまう人が増えているのでは無いでしょうかね?

まあはっきり言いまして、食卓に並んでいる肉だって魚だって海や草原で元気に暮らしていた処を、人間によって生命を奪われてスーパーの店頭に並んで最終的に食卓に並んでいるわけですから、もっと身近な存在であると思うのですが、普段の生活ではすっかり隔離されてしまっていますので、身近に生活していたペットの存在とお別れが大きく心にストレスになってしまうのでしょうね?

私は思うのですがペットショップで犬や猫、その他小動物を販売する際には、この種類の犬(猫)の寿命は約10年ですからねって念を押してから販売しますと、飼い主だって心の準備も出来ると思うのですが、ペットショップはそんな事したら、絶対に売れなくなって倒産しちゃいますから、絶対に言わないでしょうけどね。

ただ飼い主もペットは人間と同じように年を取っていつかはお別れがくるって事を理解して飼う事が義務だと思いますし、ペットロスになってしまうような心であれば、最初から飼わない方が良いと思いますね。

事実、ペットロスになってしまった後は二度とペットを飼わない人も多いようですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 犬に与えてはいけない食べ物
  2. ペット保険について考える
  3. ペット霊園選び
  4. ペット供養は課税対象
  5. 自動車ショー歌
  6. ルドルフとイッパイアッテナ感想文
  7. メタボ対策と犬の散歩と代行業
  8. ペットロス対策
  9. ペットフードの味見
  10. アニマルセラピーとは
  11. ペットの通信販売と個人売買
  12. ペットロボットとアイボ(AIBO)
  13. 猫のトイレと公園の砂場
  14. 犬猫の歯磨き
  15. ペットの返品とクーリングオフ制度
  16. メラミン混入とペットフード用ミルク
  17. ペット霊園と近隣住民の関係
  18. モグラ退治と対策方法
  19. ペット可能の賃貸住宅
  20. ペットと一緒に旅行
  21. 高齢化社会とペットの役割
  22. 犬猫のおしっこ(マーキング)対策
  23. 蚤(ノミ)の駆除と予防
  24. ペットの臭い対策
  25. 過保護なペットと肥満
  26. 鶴亀算とは?
  27. 犬の無駄吠え対策
  28. ペットと一緒に初詣出来る神社
  29. ペットの喪中ハガキ
  30. のら猫対策
  31. ペット税導入
  32. 野良猫と保健所
  33. ペットの高度医療(MRIとかCTとか)
  34. 犬の散歩
  35. ペットロス対策と虹の橋の話
  36. トラブル事例続出のペット葬儀
  37. ペット霊園、墓地墓石
  38. オオクワガタ激安三千円也
  39. 血統書とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る