スポンサードリンク

ペット可能の賃貸住宅

ペットを買う人が増えてきたからなのか、空き部屋対策なのか、割高の家賃を徴収できるからなのか、ここ10年位でペットと一緒に暮らせるアパートやマンションが徐々に増えてきたようですが、今回のコラムではペット可能の賃貸住宅について書いてみようと思います。

まず私の個人的な想像の部分が大きいのですがペットと暮らせるアパートやマンションと言っても幾つかのパターンが有るようですね。

まず一般的には新築の状態からペットの入居を考慮していて、防音対策ですとか汚れにくい壁紙だとかペットが入居する事を前提として作られたアパートやマンションなどの賃貸住宅で、この場合は多少犬が鳴いても隣近所に迷惑をかけないようになっていますし、部屋の壁紙も傷が付きにくいペット壁紙を使っていたりしますので、飼い主としても安心だと思いますし、多少家賃が高くてもその分、防音対策などにコストがかかっている訳ですから納得が出来るのでは無いでしょうか?

ただ、ペット可能のアパートやマンションの全てが最初からペットが入居する事を前提として建てられた訳では無いようで、築年数が嵩んできて空き部屋が出たけど中々入居者が来ない場合ですとか、防音や汚れ防止など何も考えないで建築していても割高の家賃設定が出来たり入居者が集めやすいので、思いつきのようにペット可能にしてしまっている所も有ると思いますので、その辺りは入居を決定する前にチェックが必要でしょうね?

※ 壁紙などは退去時に修繕費を支払えば良いですし、爪を研がれそうな柱などは覆いをしてしまえば良いと思いますが、鳴き声などの防音はちゃんと対策をしている部屋でないと入居者には対応出来ないですから、特にチェックが必要だと思いますし、ペット可能+ピアノ可能になっていれば大丈夫の可能性が高いと思います。

何故ならば、ペット入居可能な賃貸住宅と言っても全ての人がペットを飼うとは限りませんし、飼うにしても必ず犬や猫とは限らない訳ですから、出来ればペットを室内で飼う事を前提とした作りや構造になっているアパートやマンションに入居しませんと、後で後悔する事になると思いますね。

賃貸住宅の中にはペット入居可能と言っても殆ど鳴かない小型犬を前提としていて、全く防音の事は考えていない所も無くは無いですし、アパートやマンションは敷金や礼金を支払って2年から3年の契約になりますので、入庫して直ぐに引っ越すって訳には簡単にはいきませんからね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 犬に与えてはいけない食べ物
  2. ペット保険について考える
  3. ペット霊園選び
  4. ペット供養は課税対象
  5. 自動車ショー歌
  6. ルドルフとイッパイアッテナ感想文
  7. メタボ対策と犬の散歩と代行業
  8. ペットロス対策
  9. ペットフードの味見
  10. アニマルセラピーとは
  11. ペットの通信販売と個人売買
  12. ペットロボットとアイボ(AIBO)
  13. 猫のトイレと公園の砂場
  14. 犬猫の歯磨き
  15. ペットの返品とクーリングオフ制度
  16. メラミン混入とペットフード用ミルク
  17. ペット霊園と近隣住民の関係
  18. モグラ退治と対策方法
  19. ペット可能の賃貸住宅
  20. ペットと一緒に旅行
  21. 高齢化社会とペットの役割
  22. 犬猫のおしっこ(マーキング)対策
  23. 蚤(ノミ)の駆除と予防
  24. ペットの臭い対策
  25. 過保護なペットと肥満
  26. 鶴亀算とは?
  27. 犬の無駄吠え対策
  28. ペットと一緒に初詣出来る神社
  29. ペットの喪中ハガキ
  30. のら猫対策
  31. ペット税導入
  32. 野良猫と保健所
  33. ペットの高度医療(MRIとかCTとか)
  34. 犬の散歩
  35. ペットロス対策と虹の橋の話
  36. トラブル事例続出のペット葬儀
  37. ペット霊園、墓地墓石
  38. オオクワガタ激安三千円也
  39. 血統書とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る