スポンサードリンク

ペットと一緒に旅行

今回のコラムではペットと旅行について思うところを書いてみようと思いますが、ペットを飼っている人でも旅行に出かける事は有るのでして、その場合の対応としては1日位の小旅行であれば、餌と水を用意しておいてお留守番させる事になりますが、二泊三日以上の旅行になりますと近所の人に世話を頼むか、ペットホテルに預けて旅行に行くか、ペットと一緒に宿泊できる旅館やホテルを利用するか、どれかになりますね。

で今回の本題はペットと一緒に旅行ですのでその辺りを中心に書きますが、ペットと一緒に旅行をする場合には移動手段と移動中の餌やトイレの問題と宿泊場所の選定など、事前に準備したり確認する事が増えるのですが、まあペットと一緒に旅行に行きたいって希望を叶える訳ですから仕方が無いですよね?

移動に関しては猫や小型の犬であれば電車やバスを使っても旅行用の移動バッグの利用も考えられますが、途中のトイレや餌や休憩を考えますと自家用車又はレンタカーの利用が便利だと思いますが、レンタカーを利用する場合は事前にレンタカーの会社にペットを一緒に乗せる事を事前に話しておいて了解を貰っておく必要が有ると思います。

また普段から車に同乗するのに慣れているペットであれば問題ないと思いますが、車に同乗した事がないペットであれば、事前に車に乗せて少し走っておいて慣れさせておく必要も有ると思いますね。

※ ついでに書いておきますと、旅行先でのペットの怪我や急病なども考えられますので旅行先にある動物病院の所在地も調べておいたほうが良いと思いますし、旅行前にペットを健康診断しておいても安心でしょうね、人間にとっては楽しい旅行でもペットにとってはストレスに感じているかもしれませんからね?

宿泊先については最近はペットと一緒に泊まれる旅館やホテルが随分と増えてきておりまして、宿泊先を探すのにはそう苦労しないと思いますが、普段からちゃんと躾をしておりませんと、宿泊先で周りに迷惑をかけてしまったり、旅先で逃げ出して迷子になってしまったりして、苦労する事もありますので、普段から飼い主の言う事を良く聞かないようなペットは、ペットホテルにでも預けて旅行に行ったほうが良いと思いますね。

追伸
ペットを車に乗せて田舎の公園などに連れて行きますと、時としてペットを捨てに来たと勘違いされてしまったり居たしますので、ちゃんとリードを持って捨て猫や捨て猫の飼い主と思われないようにしたいですね?
結構、遠くまで車で移動してペットを捨ててしまう不届き飼い主も多いようですからね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 犬に与えてはいけない食べ物
  2. ペット保険について考える
  3. ペット霊園選び
  4. ペット供養は課税対象
  5. 自動車ショー歌
  6. ルドルフとイッパイアッテナ感想文
  7. メタボ対策と犬の散歩と代行業
  8. ペットロス対策
  9. ペットフードの味見
  10. アニマルセラピーとは
  11. ペットの通信販売と個人売買
  12. ペットロボットとアイボ(AIBO)
  13. 猫のトイレと公園の砂場
  14. 犬猫の歯磨き
  15. ペットの返品とクーリングオフ制度
  16. メラミン混入とペットフード用ミルク
  17. ペット霊園と近隣住民の関係
  18. モグラ退治と対策方法
  19. ペット可能の賃貸住宅
  20. ペットと一緒に旅行
  21. 高齢化社会とペットの役割
  22. 犬猫のおしっこ(マーキング)対策
  23. 蚤(ノミ)の駆除と予防
  24. ペットの臭い対策
  25. 過保護なペットと肥満
  26. 鶴亀算とは?
  27. 犬の無駄吠え対策
  28. ペットと一緒に初詣出来る神社
  29. ペットの喪中ハガキ
  30. のら猫対策
  31. ペット税導入
  32. 野良猫と保健所
  33. ペットの高度医療(MRIとかCTとか)
  34. 犬の散歩
  35. ペットロス対策と虹の橋の話
  36. トラブル事例続出のペット葬儀
  37. ペット霊園、墓地墓石
  38. オオクワガタ激安三千円也
  39. 血統書とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る