スポンサードリンク

ペットの臭い対策

人間の嗅覚は慣れと言いますか同じ臭いにいつも接していると段々鈍感になってくる特性がありまして、勿論ペットに関連する臭いに対しても同様でありまして、飼い主は全然気が付かなくても、隣近所、向こう三軒両隣の住民にとっては我慢ならない臭いを発散している元凶になっている場合が有ると思います。

まあ平和に隣近所と諍い無く平穏に暮らしたい平和主義者の方でペットを飼う人は例え隣近所、向こう三軒両隣から苦情が来なくても、もしかしたら我慢して居るのかもしれませんので、常にペットの臭いには気を配っておきたいものですが、具体的にはどうすすれば良いでしょうかね?

先ず先に書きたい事を書いてしまおうと思いますが、ペットの臭い対策には各種デオドラント商品ですとか、おしっこの臭いを消すペットフードですとか、消臭剤の類など各種ペット向けの消臭グッズが販売されて居ますが、あくまで補助的なツールでありまして、勿論、周り近所に気を遣ってその手のペット用の消臭デオドラントですとかグッズを使うのは、歓迎する事なのですが、それに頼りすぎてはいけないので有りまして、ちゃんと臭いの元を始末するとか、清潔を保つのが一番大切なのですね。

で一般的にはフンは固形物ですし素早く袋に入れてゴミにして出すとか、水洗トイレに流してしまうとか、庭が大きいお宅では穴を掘って埋めてしまうのが宜しいかと思いますが、素早く処理を致しませんと周りに臭いをまき散らしますし、暑い日で風でも吹いていれば風に乗ってかなり広範囲に臭いを漂わせますので、きちんと対応したいですね。

次に猫や犬のおしっこ、これが彼(あるいは彼女)らの場合はマーキングのように自分の存在を誇示する目的も兼ね合わせて持っている関係上、結構強烈な臭いを発散するので有りまして、場所を決めて固まる砂にさせるとか、少なくとも徹底的に水を流して臭いがしないように処理しなくてはいけませんよね?

追伸
更に本音を書きますと飼っているペットのフンの始末や臭い対策ができないような人間はペットを飼ってはいけないのであって、犯罪行為とは言いませんがはた迷惑な存在で有るって事に気が付いて欲しいですね?
徐々にでは有りますが、条例などでペットの騒音や臭いなどの規制が始まってはいますが、まだまだ運用など甘いのが現状ではないでしょうかね?

ペットが原因の強烈な臭いで周辺住民に迷惑をまき散らしている場合には、さっさとペットを取り上げて飼い主には罰金を科したほうが良いと思いませんか?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 犬に与えてはいけない食べ物
  2. ペット保険について考える
  3. ペット霊園選び
  4. ペット供養は課税対象
  5. 自動車ショー歌
  6. ルドルフとイッパイアッテナ感想文
  7. メタボ対策と犬の散歩と代行業
  8. ペットロス対策
  9. ペットフードの味見
  10. アニマルセラピーとは
  11. ペットの通信販売と個人売買
  12. ペットロボットとアイボ(AIBO)
  13. 猫のトイレと公園の砂場
  14. 犬猫の歯磨き
  15. ペットの返品とクーリングオフ制度
  16. メラミン混入とペットフード用ミルク
  17. ペット霊園と近隣住民の関係
  18. モグラ退治と対策方法
  19. ペット可能の賃貸住宅
  20. ペットと一緒に旅行
  21. 高齢化社会とペットの役割
  22. 犬猫のおしっこ(マーキング)対策
  23. 蚤(ノミ)の駆除と予防
  24. ペットの臭い対策
  25. 過保護なペットと肥満
  26. 鶴亀算とは?
  27. 犬の無駄吠え対策
  28. ペットと一緒に初詣出来る神社
  29. ペットの喪中ハガキ
  30. のら猫対策
  31. ペット税導入
  32. 野良猫と保健所
  33. ペットの高度医療(MRIとかCTとか)
  34. 犬の散歩
  35. ペットロス対策と虹の橋の話
  36. トラブル事例続出のペット葬儀
  37. ペット霊園、墓地墓石
  38. オオクワガタ激安三千円也
  39. 血統書とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る