スポンサードリンク

野良猫と保健所

気のせいなのか最近といいますかここ数年、野良猫の姿をよく見かけるのでありまして、それも公園で誰かに餌を貰って人間のお話を聞いていたり、毛並みも良くて人間を余り怖がらない野良猫が結構、街を徘徊したりしているのでありまして、想像するにネコを飼わないけど、庭にやってきたネコには優しくしてあげて餌を有る家庭ですとか、公園で話し相手になって貰う代わりに餌をやっているおじさんが結構増えているのでしょうかね?

なんでも保健所のほうも野良犬は狂犬病とか子供に噛みつくとか危険性が高いので、野良犬の捕獲は結構しっかりしますけど、野良猫に対してはほぼ放置状態なのですよね、まぁ捕まえようと思っても動きが素早くて狭い隙間でも入って行きますから簡単に捕獲も無理でしょうけど。

でまぁ別にネコに恨みがあるわけでも何でもないのですけど、道ばたに犬だかネコだか不明のフンが落ちていたり、あと玄関前の植木鉢とか傘にどうやらネコがおしっこを引っかけていくようで、噛みついてこないからって言っても野良猫も多少の被害が出てしまうのですよね。

あと発情期のネコの鳴き声ってのは相当なものが有りまして、最初に耳にした時は何の鳴き声だかも不明で結構ビックリしてしまいましたね。

でね、これは保健所が野良猫をさっさと捕獲して始末しちゃうってのも、人間の手前勝手な都合で簡単にすべきではありませんし、ただ放っておくとやがて子猫が沢山生まれてしまって、やっぱり野良猫が増え過ぎちゃったので保健所に捕獲して貰いましょうなんて、ネコにとってもっと可愛そうな事になってしまうかもしれないですよね。

じゃぁそうすれば良いかって考えて見ましても去勢手術をするのも費用の問題が出てきますし、人間に簡単にネコを処分する権限などもとより無いですし、ペットのネコを簡単に捨ててしまう飼い主を撲滅するために、犬みたいに登録制度にするしか無いのでしょうかね?

追伸
本文にも書きましたけど、私が目にする限り街で見かける野良猫は私の思っている痩せて薄汚れたイメージとは結構ほど遠くて、体型を見てもちゃんと満足に餌を食べているようにしか見えないですし、ゴミ収集場は網や柵で覆われて残飯を漁る事も出来ないでしょうし、やっぱりどう考えても親切な家庭で餌をやっている、もしくは餌付けしているに違いないと想像しているのでありますが、もしかしたら昔よりも野良犬はないし、保健所も回ってこないし今の日本は野良猫にとって結構快適な場所なのかもしれないですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 犬に与えてはいけない食べ物
  2. ペット保険について考える
  3. ペット霊園選び
  4. ペット供養は課税対象
  5. 自動車ショー歌
  6. ルドルフとイッパイアッテナ感想文
  7. メタボ対策と犬の散歩と代行業
  8. ペットロス対策
  9. ペットフードの味見
  10. アニマルセラピーとは
  11. ペットの通信販売と個人売買
  12. ペットロボットとアイボ(AIBO)
  13. 猫のトイレと公園の砂場
  14. 犬猫の歯磨き
  15. ペットの返品とクーリングオフ制度
  16. メラミン混入とペットフード用ミルク
  17. ペット霊園と近隣住民の関係
  18. モグラ退治と対策方法
  19. ペット可能の賃貸住宅
  20. ペットと一緒に旅行
  21. 高齢化社会とペットの役割
  22. 犬猫のおしっこ(マーキング)対策
  23. 蚤(ノミ)の駆除と予防
  24. ペットの臭い対策
  25. 過保護なペットと肥満
  26. 鶴亀算とは?
  27. 犬の無駄吠え対策
  28. ペットと一緒に初詣出来る神社
  29. ペットの喪中ハガキ
  30. のら猫対策
  31. ペット税導入
  32. 野良猫と保健所
  33. ペットの高度医療(MRIとかCTとか)
  34. 犬の散歩
  35. ペットロス対策と虹の橋の話
  36. トラブル事例続出のペット葬儀
  37. ペット霊園、墓地墓石
  38. オオクワガタ激安三千円也
  39. 血統書とは

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る