スポンサードリンク

上手な倒産と下手な倒産と夜逃げ
別に倒産とか自己破産の名人になって上手に行う必要も全く無い事で、出来ればその手の修羅場は経験しないまま一生を終える方が幸せな人生だと思いますが、それでも何かの巡り合わせか、運命の悪戯か倒産の危機や自己破産寸前までなってしまった時に、取るべき行動によって結果が全く違ってくるってのは当たり前の話ですよね 。

資金ショートを乗り切る対策や方法論
一難去ってまた一難って言葉が有りますけど、下手に資金ショートを乗り切りますと借り入れが増加して金利負担が増えて財務体質は益々貧弱になって、かえって倒産のXディを早めるだけだった何て事が後になって気が付く事も過去に事例が有りますが、その時の当事者は分からないのですよね。

無能な二代目社長の問題
日本には零細企業から大企業まで星の数には負けちゃうけれど無数の企業が生まれたり、倒産して消えていったりしていますが、中には業績好調な企業だったのに創業社長が退いて出来の悪い二代目社長にバトンタッチした途端に、下降線を辿って破綻してしまうなんて事も有りまして、しかも珍しくも無い現象ではないでしょうか。

出版不況について考える
名だたる雑誌・週刊誌、月刊誌が相次いで廃刊になってますし夕刊の配達を停止した新聞社も出てきまして紙媒体による情報伝達がその地位の低下を始めているような気がしますが、ある意味過去の租税乱造とか裏付けがない憶測記事や偏向報道や押し紙などの、杜撰な出版姿勢のツケが回ってきているとも言えるのでは無いでしょうか。

失業中のゴールデンウィーク計画
楽しい大型連休も失業中で蓄えも底が見えてきたって状況では楽しいどころか鬱屈した気持ちになってしまうのでは無いかと思いますが、どうも休日が増えて公務員は良いかもしれませんが、逆によろしくない状況になってしまう企業のほうが圧倒的に多いと思いますし、失業者にとってはそうとう嫌な時期になってしますのでは無いでしょうか。

節税と脱税の境界線
法律(税法)だって人間が作るもので全てをカバーできませんし世の中が進んでいくと今まで想定もしなかったような事態も出てきますので、節税なのか、そこまでやったら脱税になってしまうのか微妙なグレーゾーンが存在するようですし、しかも解釈がまちまちだったり奥が深いようないい加減なのが税金ではないでしょうか。

勝ち組企業の要素と条件
過去にも勝ち組企業や時代の寵児としてもてはやされた頃がピークで5年も経過したら勝ち組どころか、会社なんてとっくに解散していたり、負け組企業に転落していた何て事も少なく無いので有りますし、大手企業の真似をして体力を消耗していまう、中小企業も実に多いのです。

個人と企業の景況判断
それこそマスゴミの思うつぼのように世論操作されているのが現実だと思いますが、報道やニュース番組の軽薄コメンテーターが景気が悪いと景気の悪い顔でしたり顔で言い出せば、自分の生活は今までと何一つ変わっていなくて景気が悪い事を判断する材料など何一つ無いのに、自分まで景気が悪く感じてしまう人が多いので有りまして、やっぱり気持ちの部分が大きいのでしょうね

経済波及効果の計算方法
よくその日本代表が優勝したらとか、阪神が最下位になったらとかに始まりまして、政府が行う経済対策などでも経済波及効果の数値が金額で出てきたりしますが、その根拠について分かっている人は少ないと思いますし、ちゃんと統計を取っているようにも思えないのでありまして、結構いい加減な数値ではないかなって思っています。

物が売れない理由
まあ楽して売れるなんて事はそうそう無いと思いますし、簡単に物が売れるようになるために商品の性能を向上させたり販売ルートを新規開拓したり、営業マンを叱咤激励したりと努力を重ねる訳ですが、時として今まで売れていた物まで各種努力が水の泡になるような売れなくなる時が突然やってきてしまったりするのですよね。

希望退職の募集と対応
実際の実情では希望退職に名を借りた肩たたきや強制的な退職強要だったりする場合も有りますし、株価維持や経営陣の立場や収入を維持するために一気にリストラを進めて、利益を確保して残った経営者は高い報酬を手にして悠々自適なんて事がまかり通る社会になってしまいましたが、これが資本主義なのですよね。

マスコミとマスゴミ
インターネットの普及によって物事の本質や真実が表に出やすくなりまして、その結果としてマスコミの情報操作ですとか問題点ですとか、実際に正義の味方でも何でもなくて単なる営利主義のマスゴミだったって気が付かせてくれただけでもインターネットの普及した意義があると思いますが、マスゴミはまだまだ弱らせる必要が有ると思うのです。

儲る方法無料進呈
不況とか社会不安とか不安定な時代になりますと、一攫千金を狙ってみたり無謀な行動に出てみたり過去の生活から脱却するような気持ちを強く持った人が増えて来るように思うのですが、そんな時代においても赤の他人に儲る方法を無料で進呈しちゃうような人も出てくるので有りまして、私には理解できないのです。

提灯記事とは
マスコミの垂れ流す情報を信用してはいけないって本当に良く耳にしたりしますが、そりゃまぁマスコミだって雲や霞を食って生きていける訳もなく、スポンサーや広告主の支払う広告料金によって口を糊しているのですから、スポンサーに不利な情報はスルーしませんと自分たちの生活の糧が無くなってしまいますので当然の行為だと言っても良いのでは無いでしょうか?

改正産業活力再生特別措置法(産業再生法)
大企業は破綻したり倒産すると影響が大きいし、政治献金が減っても困るから税金で助けて上げる事に致しまして、中小企業はまぁ倒産しても影響は限定的だし直ぐに代わりが出てくるに違いないから、少々借金がやりやすくなるようにしてやれば良いのではないかって事で政治が進んでいるかどうかは分かりませんが、差別が存在するように感じるのは私だけでしょうか?

ミツバチ大量失踪本当の原因
ワンマン社長がある日突然部下に愛想を尽かされて大量退職されたなんて事も有りますが、ミツバチだって同じ事で人間だけがものを考えて行動するだなんて思っていると、やがてミツバチが大量失踪したように、総スカンを食ってやがて地球上から退場処分を受けてしまうのでは無いでしょうかね?

淘汰の是非
新旧交代があって新陳代謝が進みませんとどんな物でも所でも企業でもやがて澱んでしまって腐敗臭を放ち始めるのでありますから、少々の痛みがあっても時代を逆行させて淘汰や新旧交代の流れを妨げてはいけないと思うのですが、なにせ日本はセーフティーネットがしっかり機能していませんから、淘汰を阻害するような政策が出てきちゃったりするのでは無いでしょうか?

打たれ強い性格と鈍感力
これだけ世の中に足を引っ張る人間とか、自分たちの事は棚に上げて隠蔽しておいてから弱者を徹底的に糾弾するマスコミならぬマスゴミの存在だとか、いちいち気にして居たら頭がおかしくなってしまうような最近の日本の実情ですから政治家じゃなくても少々鈍感な心を持ち合わせていた方が前向きに生きていけるのかもしれないですよね。

ペットショップで働く
えっと小さい頃から動物が大好きで獣医さんになるのはとても良い人生の選択だと思いますが、ペットショップで働くとなるとそうしても動物を商品として扱う必要が出てきてしまうような気が致しまして、本当の動物好きのかたには向いていないような職業では無いかなって思いますね。

入学試験の面接
中にはとっさの時の反応を見るとかプレッシャーやストレスに強いかどうかを判断するって勝手な理由で、パワハラまがいの質問をして自分の普段の憂さ晴らしをしているような面接担当の試験官も存在するようですが、そうやって自分の会社の評判を落としているって気が付いてない、情けない奴らなのです。

企業の再生と復活
会社更生法ですとか民事再生法とか破綻した企業が復活に向けて動き出すやり方は幾つかあるようですが、気になるのはどの位の割合で見事復活を遂げたのかとか、逆に再生計画通りの復活が出来なくて逆に負債額を増やしただけで終わってしまったとかの、過去の統計をはっきりさせませんとやっている事が正しいのかどうか分からないのでは無いでしょうか?

休みボケでやる気が出ない件
大型連休なんぞ有りますとオフィス街の飲食店も開店休業状態になりますし、企業も稼働日数が減少して売上げを確保するのが難しくなったり、休み明けは休みボケの従業員ばかりで職場の雰囲気が停滞したり場合によっては不良品の発生率が高くなったり致しますので、祝日が増えて喜ぶ人ばかりでは無いのですよね。

豚インフルエンザと経済損失
世界的な不況とか経済危機から立ち直ろうとしているところに、それを阻むかのように新たなインフルエンザの流行が始まる兆しを見せていまして、少なくとも経済にはマイナスの影響を与える事が確実なのでありまして、もしかしたら見えない大きな力が働いて、経済の発展を阻止しているのかもしれないですよね。

ノーリスクで儲る商売
まぁ昔から楽して儲る話はないって言われますが、強いて言えば一部の公務員や官公庁の外郭団体がそれにあたるのかもしれませんが、今から公務員になろうと思っても無理ですから、消去法で色々と楽して儲る商売を考えて見ましたが、中々難しいですよね。

雇用を守る企業と人員削減
人間も企業も同じ事が言えると思いますが、逆境時とか降って湧いたピンチの時にどーゆー行動を取るかとか、言動をするかって事で本性や実力が推し量る事が出来るのでありまして、内部留保がたっぷりある状態で、少し赤字が出たらさっさと人員削減に走る経営者ってのは、元々その程度の人間でたまたま運良く経営者になったに過ぎないのです。

転職に有利な能力や資格
高いようで低いのが自分の能力なんて事も言われますが、自分ではレベルアップしたつもりでも今在籍している企業でしか通用しないって事も少なく無いですし、逆に自分では気が付いていなくても随分と高く売れる能力を持っているのに本人は気が付いていない場合も有りますよね。

営業マンのサボりを監視する
はっきり言って誰かに監視されている状態でやる気が出る訳はないですし、そんな会社で働きたいと思う人は一人もいないと思いますし、モチベーションが低下する企業ってのは先行き不安しか出てこないと思うのですが、監視を強化しようとする経営者とか管理職ってのは自分が無能だって事をそんんなに証明したいのでしょうかね?

ブラック企業の見分け方
表向きは真面目に社会に役立つ会社を目指してますなんて会社案内に書いてある企業のうほが、実際にはブラック企業だったりするのが現実のような気がするのですが、具体的な企業名を出す事は出来ないのです。

再就職支援
はっきり言って役にも立たない職業訓練に税金をつぎ込んでも雇う企業の絶対数が減っている現状では失業者が減る訳はないですし、絶望感が増大するだけですからそんな事より、起業を目指す若き経営者の卵の足を引っ張らないように役所の役人を大人しくしておいた方が、余程効果的だと思う時が多いですけどね。

リストラ回避策
抽選で削減される人員に選ばれたのでしたら諦めもつくかも知りませんが、経営陣など上層部の人間が感情で決定する訳ですから、やはり好き嫌いやえこひいきやら、その手の感情が出てきてしまうので有りまして、多少は傾向と対策を考える事が出来るのでは無いでしょうか?

コベナンツ条項とは
金(資金)を借りる側も色々考えますが、もちろん貸す側だって改修不良になったり倒産されて取りっぱぐれるのは嫌ですから、借金に当たって返済条件以外に色々な条件を付けてくる事がありますが、景気が悪くなりますとそーゆー条件付きにする貸し出しが増えるのでは無いでしょうか?

世界同時不況と個人での対策
勝ち組の経済学者ですとか、世間を知らない二世議員などが直ぐに個人消費がどーのこーの言い出しますが、もしかしたら実際の所は一部の富裕層に富が集まりすぎてしまった結果ではないかと思うのですが、その手の話題を勝ち組が自分から出してくる訳がないのですよね。

職場のストレス対策
景気の影響も多少はあると思いますが、社員も正社員に派遣社員にパート社員など資本家の目論見通りに労働者の分断が進んでしまって、一体感が無くなってしまったりパワハラが横行したりと、とにかく働きにくい企業が増えているのでは無いでしょうか?

社内失業と窓際族
もしかしたら閑職とか窓際族なんて言葉は死語になって古き良き時代の事、なんてことになって使えないと判断されたら、即解雇が当たり前の社会が到来するような予感がするのですが、そうならない事を願いたいですね。

アイデア貧乏
次から次へと新しいアイデアが湧いてきてって感じのアイデアマンにも二種類有って、片方はそれが人生や会社経営にプラスに導いてくれる良い形で、もう片方はちゃんとものにならないうちに次のアイデアが閃いてしまって結局一つもちゃんとした形にならないまま終わってしまうタイプではないでしょうか?

ピンチの時に取るべき行動
ピンチを切り向ける具体的な方法はケースバイケースですけどこの手のものも経験値って言いますか、過去の経験がものを言うって所が有りまして、昔の人が言った若いうちの苦労は買ってでもしろなる諺?にも通じるところがあるのでは無いでしょうか?

国際会計基準(国際財務報告基準)への対応
えっと物差しでも何でも基準や単位を統一しませんと比較のしようがありませんから、日本企業の会計基準を国際会計基準に合わせるってのは、間違っていないと思いますけど、運用する企業が何とかして誤魔化そうなんて事を考えて居る以上は、何らかの罰則規定を厳格に運用しないと、意味がない物になってしまいますよね。

歯医者通院と肩こり
パソコンに向かってキーボードを長時間叩いていますと肩凝りを感じるようになって来てしまったって事はそれだけ年を取ってしまったなって実感する時でもあるのですが、虫歯を放置してからの歯科治療でも肩凝りが発生する事を最近になって知ったのです。

助成金で車を買い替えるべきか否か
あのたぶん誰に聞いても地球環境の破壊を食い止める事と、日本を含めた世界経済を立て直す事とどっちが大事買って話になりますと、どう考えてもCO2の排出量を削減して未来の人類に綺麗な地球を残すべきだと思うのですが、環境破壊もなんのその、景気回復のためには自動車販売の促進のために税金を投入して増税までしてしまう感じです。

民主党政権が実現する可能性?
2009年は総選挙によって政権交代が行われて民主党政権の樹立が確実だと言われていた時期もあるのですが小沢代表を襲ったスキャンダルによって雲行きが怪しくなって来たのですが、一党独裁が長く続くとろくな事が無いってのは確実だと思いますから、一回政権を交代させて二大政党制を日本に定着させるのが一番日本の将来にとって良い事なのでは無いでしょうかね?

当りが入っていない全部ハズレのUFOキャッチャー
薄々思って居た人は多いのでは無いかと思いますけど、全部買い占めたカプセルに一個も当りが入っていなければ怒るのは当然と思うので有りまして、この場合はお店側も良くないって思った人も多いと思いますし、これを機会にゲームセンター通いを減らす人もいるのでは無いでしょうか?

家電エコポイントの無駄
政治家の勝手な一存で湯水のように税金が垂れ流しさせられているのが現状ですが、今回も本当は地デジ普及率の向上が目的なのに、省エネ家電の普及だとか景気対策だとか口当たりの良い大義名分によって、またも無駄な税金が使われるのであります。

就職氷河期
どうも現代社会ってのは不公平なもので、大して苦労しなくても好待遇で大きな企業に就職出来る年もあれば、逆に優秀な学生さんでも中々簡単に就職の内定が貰えない年も有るのでして、人生双六三みたいなものなのです。

新型インフルエンザとテロ対策
水際作戦の努力の甲斐もなく渡航歴のない人に新型インフルエンザの発症が発見されてしまいまして、これから大流行する予測まで出てきてしまっていますが、抜本的本格的な対策をこの際しっかり固めておきませんと、国としてかなり危険な立場に追い込まれれてしまうのでは無いでしょうかね?

P2P通信とデータ規制
技術的に難しい事は分かりませんけど、何でもインターネット上でやりとりされるデーターの容量が大きくなってきて、回線の許容範囲をオーバーし始めているって現象が出始めたために、一部では通信を制限する動きが出てきておりまして、しかも解決は簡単ではないらしいのです。

今年の漢字
理事長の公私混同とか乱脈経営で一躍有名になりました漢字能力検定協会がその存在委意義を示す晴れ舞台にしていた、今年の漢字で表す取ってやつですが、会場にしていたお寺が使用を辞退したって話もありますし、来年もやるかどうかは微妙な情勢になって来たのです。

不況脱出とトップセールス
まぁ上手く行くこともありますけど、トップが直々に乗り出せば必ずセールスが成功するほど現実は甘くないのでありまして、下手しますと部下の人望まで失って倒産への勢いが一気に増してしまう場合だって有るので、自信が全く無ければやらないほうが良い場合も多いのかも知れないですよね。

思考停止する日本人
船頭多くして船山に上る何て言葉も有りますし、外国ではコックが多いとスープが不味くなるって諺が有るようですから、余り物を考える人が多いと、それはそれで問題が噴出するのかも知れませんけど、考えない人が多いのも何だかなぁって思いますね。

虎の威を借る負け犬
えっと自分に自信がない人ほど他人を引き合いに出したりして、その威光にすがろうとしたりしますが、大概の場合においては見透かされて心の中で軽蔑されてしまうのが落ちですから、下手な虚勢は張らないほうが良いって事ですよね。

借金したい企業ばかりじゃないのでは?
企業経営者の過半数は借金を増やしたいか減らしたいかを聞かれれば、やっぱり借金は減らしたいって答えると思うのですが、中小企業向けの景気対策と言えば直ぐに低金利で資金の借り入れを借りやすくしましたって、私は他に方法が有るような気がするのですが。

ヘリコプターマネー
実際にヘリコプターに大量の一万円札を積み込んで空からばらまいてしまいますと、その昔に出没した月光仮面のおじさんになってしまいますけど、経済学の世界では実際にそのような名称の経済政策があるそうで、人によっては今こそ実行すべき何て声も上がっているようですよね。

借金苦と自殺
あのさぁ世の中には森田健作のように嘘で塗り固めた虚構の経歴で人を騙してもノウノウ生きる人生があって、方や他人に迷惑をかけないように真面目に生きていても、報われない人生があるのでありまして何かが間違っているのです。

勝ち組になる方法
はっきりと厳密な線引きとか定義がある訳じゃ無いですけど、それでも社会が二極化して勝ち組と負け組は、間違いなく存在すると言ってもさし支えないと思いますが、結構多くの勝ち組の人は自分の能力が高い訳じゃ無くて、別の要因では無いでしょうかね?

無料サービスを受ける立場がお客と呼べるか?
人格障害者もクレーマーももの凄く増えていて、しかも中高年になった社会的に地位もあるやつが、実は悪質なクレーマーだったりする現代ですから、あまりお客を甘やかしちゃいけないと思うのです。

タミフル個人輸入販売(代行)
まぁそのくらい目ざとくないと金儲けなんて出来ないのかもしれませんが、一般大衆薬の通信販売が規制されて違法な個人輸入代行が跋扈する現実はおかしいのではないでしょうか?

フィリップス HQ130インプレッション
久々のインプレッション系の投稿です、日本ではフィリップスの電気カミソリの市場シェアが余り高くないと思いますが、不可剃りは少々苦手なのかも知れませんが、癖毛が剃りやすいとか、切れ味が持続するとか個人的にはナンバーワンだと思っています。

薬事法改悪に反対する
国民の健康を守るって目的が終始一貫されていれば全く問題ないのですが、どうもネット通販を狙い撃ちにして規制を強化して、店頭での販売の規制を緩めてしまう訳ですから、本当の目的は違うのでは無いかと勘ぐる人も多いのでは無いでしょうか?

品質事故の防止
勿論品質を保ちつつコストダウンを計るのは企業の正当な姿勢でありやるべき事なのですが、余裕が無いと一寸した計算違いで品質事故が起きてしまうのですよね。

身長で収入に格差
他人を見た目で判断してはいけないって事は小さい頃に言われていましたけど、どうも調査結果によりますと、身長が高い人のほうが収入が高いって結果が出ているのでありまして、これはどうにも低身長の方には厳しい事なのです。

終身雇用制度の崩壊
企業なんてものは当期目先の利益も勿論重要ですが、それ以上に10年後20年後にも企業がまともに存続しているって事のほうが余程重要なので有りますが、どうも一部の経営コンサルタントですとか労務士にはその事が理解できていなかったようですね。

うつ病患者の急増と傷病手当金
どうも報道によりますと日本中にうつ症状を訴える人が急増しているのだそうで、現場の医療関係者は対応に追われているそうなので有りまして、そりゃまぁ今のように失業だのリストラだの経済的な問題を抱えている人が大勢いて、自分一人の力ではなかなか解決が出きないなんて事にもなりますと、陰鬱な気分にもなるでしょうし急増するのも分かりますが、たぶん医者に行くよりも違う事の方が根本的な解決になる人も一定数は含まれているような気が致します。

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る