スポンサードリンク

企業再生について考える

まず私が外からうかがい知る限り、企業再生の基本ってのは不採算部門を切り離すなり売却するなり廃止して、それから銀行などの債権者に大幅な債務カットの要求をのんで貰って、更に人員の大幅な削減を断行するって感じで、再生を目指す場合が多いと思いますけど、そりゃまぁ利益が出ている部門だけを残して他の赤字部門は切り離せば営業黒字は出るでしょうし、債務圧縮交渉をして借金の返済を大幅に減らしたら資金繰りは好転するでしょうし、人員も必要最低限だけ残して他は退職させてしまえば、そりゃ固定費が下がって企業の再建も可能でしょうよね。

さて業績が悪化した企業が全て上記のような再生への道を歩み出す事が出来れば、この世から倒産なんて事は無くなるに等しくなるでしょうし、経営者の苦労も無くなるのではないかと思いますけど、実際の所は業績が悪化して実質的に破綻状態に近くなった時、再生計画を実行できるのは少数派なんですよね。

でたぶんその分かれ目になってくるのが基本的に債権者の損得勘定と若干の経営者の折衝能力って所でしょうかね?

損得勘定ってのは感情じゃなくて勘定のほうなんですけど、ここで倒産させてしまって被る損失と再生計画を吟味してどっちが損害を最小限度に止める事が出来るかって所が運命の分かれ目なんですよね。

つまりそのよく言われる企業価値がどーのこーのってのも結局は金銭的に換算致しまして、倒産させてしまうのが被害を一番最小限に止める事が出来るのか、もしくは企業再生計画を吟味致しまして再生したほうが債権がより多くかえってくるのかって所が肝心なのでしょうね。

まぁ他にも経営者の年齢とか様々な要素が有るのでしょうけど、利益を確保出来る部門が一つあるかないかってのは結構要素として大きかったりするようなのでありますが、この辺りになりますと中小企業や零細企業ってのは、単一の事業で運営している場合が多くて、少々の営業黒字が出せていても、手続きとか面倒だし倒産させてしまいましょうってなってしまうのでは無いでしょうかね?

追伸
個人的な意見としては、零細企業家SOHOとしてもう事業の継続が難しくなったらさっさと事業を清算なり倒産させる事によって、周りにかけるご迷惑を最低限に抑えましてでもって再起を図るってのが一番正しい姿だと思うのですけど、この再起を図るってのはとっても難しくてもしかしたら脱サラして初めて独立開業するよりもハードルが高いようで、そんな訳で無駄に倒産を回避して被害を拡大させている事が少なく無いのでは無いでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新規顧客開拓と後出しジャンケン
  2. 社員に多様性を求めるか?
  3. 不必要なニヤニヤ笑いとモラルハラスメント
  4. 企業再生について考える
  5. 派遣切り捨てとお門違い
  6. 内定取り消しをどう評価するか
  7. 売上げ低下に対する対策
  8. 資本主義経済リセットの大チャンス?
  9. 就職浪人と公務員試験
  10. 崩壊する企業への忠誠心
  11. 使えない経営コンサルタント
  12. バーター取引の本当の意味
  13. 倒産回避を再び考える
  14. 他人の足を引っ張る社員
  15. 中小・零細企業の営業戦略
  16. 政権交代と民主党
  17. 淘汰の時代と企業倒産
  18. 営業力強化方法(再)
  19. 不思議な営業アウトソーシング
  20. 会社の制服と背広
  21. 信用できない社員
  22. ひいきの引き倒し
  23. アイデア貧乏とか
  24. 社内の抵抗勢力
  25. 夏休みの自由研究と所得格差のこと
  26. 転職先人気企業ランキングと転職元
  27. 転職の動機と本音と建て前
  28. インフルエンザもパワーアップ?
  29. 国の借金が過去最大の860兆円
  30. 稼ぎに追いつく貧乏有り
  31. 経営者の責任
  32. 金のない奴は結婚するな
  33. 経営コンサルタント会社の倒産
  34. 初年度無料のクレジットカードの請求書
  35. 自民党の敗因について考える
  36. 名ばかり正社員の増加について考える
  37. テレビ不要論と視聴率の調査方法
  38. 男の結婚適齢期について
  39. 生活保護受給者の急増について思う事
  40. 転職で売れ残る人
  41. 携帯電話選び
  42. ハイパーグラフィアとは、そして私
  43. 再び原油価格上昇でガソリン値上げ
  44. 人口減と子沢山と結婚相談
  45. 食欲を制御する方法
  46. 占いと人生の羅針盤
  47. 美味しき炊ける炊飯器と食欲の関係
  48. 人心把握術
  49. ボーナス査定と人の評価
  50. 資金回収とお金にルーズなお客対応
  51. 目先の出費と営業効率
  52. スピード経営と熟考
  53. 8月の売り上げ確保
  54. 売上予測と経営
  55. スピード経営と現場のドタバタ
  56. 営業マンの移動と無駄を考える
  57. 24時間営業の是非
  58. 経済と政治の関係
  59. 仕事を断る
  60. 貯めを作る
  61. 笑うって事
  62. 一日12時間働く方法
  63. 有る朝の風景
  64. 仕事の優先順位
  65. モチベーションとは
  66. 営業マンと聞き出す技術
  67. お客様は神様ですとクレーマー対応マニュアル
  68. オンリーワンビジネス
  69. 弁護士費用が高すぎる問題
  70. 仕事におけるあそび
  71. 継続は力なり
  72. 他社との協業
  73. 作業手順の変更
  74. 続・文章を早く書くコツ
  75. モバイル営業マンは仕事が早い?
  76. 社員の保身が会社の危機を招く件
  77. 著作権への認識と低い意識
  78. 社名命名と苗字
  79. 果報は寝て待ての意味
  80. 貧乏人買い

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る