スポンサードリンク

新規顧客開拓と後出しジャンケン
本日、長年(10年以上)使っていた携帯電話を解約してきましたので、今回のコラムではその事について書いて見ようと思います。

社員に多様性を求めるか?
日本には昔から船頭多くして船山に上るって諺も有りますが、別に船頭さん的な人を指図したくなる性格の人ばかりじゃなくて、色々な考え方や物の見方が出来る社員や、性格が違う社員が居る多様性を内包していたほうが企業として高い能力が発揮できるのか、もしくはその逆で社長の命令一つで一糸乱れぬ行動が出来る事が最優先で社員に多様性よりも、従順さやみんなと一緒ってのを求めるのかってのは、何と言いますかその企業の社風とか経営者の考えがしっかり現れますよね。

不必要なニヤニヤ笑いとモラルハラスメント
笑いの効能は間違いなくありますし、明るい笑顔ってのは見ていて気持ちが良いのですが、どうも都合が悪いとニヤニヤ笑ってその場を取り繕うとするような不埒な奴が結構多いように感じるので有りまして、何と言いますか他人に謝る事を知らないまともじゃない中高年に多いような気が致しますね。

企業再生について考える
まず私が外からうかがい知る限り、企業再生の基本ってのは不採算部門を切り離すなり売却するなり廃止して、それから銀行などの債権者に大幅な債務カットの要求をのんで貰って、更に人員の大幅な削減を断行するって感じで、再生を目指す場合が多いと思いますけど、そりゃまぁ利益が出ている部門だけを残して他の赤字部門は切り離せば営業黒字は出るでしょうし、債務圧縮交渉をして借金の返済を大幅に減らしたら資金繰りは好転するでしょうし、人員も必要最低限だけ残して他は退職させてしまえば、そりゃ固定費が下がって企業の再建も可能でしょうよね。

派遣切り捨てとお門違い
2008年の年末から2009年にかけまして世界的な、誰が言い出したのか100年に一度の大不況におきまして、マスゴミの目に止まって報道しやすかったのか、現象として早く分かり易かったのか分かりませんが、非正規労働者の派遣社員とか請負契約の切り捨てや雇い止めや契約満了前の契約打ち切りなどかなり世間の注目を集めまして、何故か批判される標的が、キャノンとかの大手製造メーカになっているようですが、 100%間違っていないにしろ、批判したり抗議する先は違うのでは無いでしょうかね?

内定取り消しをどう評価するか
景気が良かった頃、それもバブル経済なんて言われ方をされていた頃には、大した能力もない学生が複数の会社から就職内定を貰っておいて、ぎりぎりまで態度を明確にしないで、大部分を蹴ってしまう何て事が沢山有ったようですし、その頃の学生が今や企業の中堅どころって感じだと思いますが、学生が内定を貰って意思表示をしないまま入社直前になって断るなんて事は問題になりませんでしたけど、逆に企業が内定出していた学生を取り消しにしますと、マスコミは喜んで記事にするって意見も一理あるような気がしませんか?

売上げ低下に対する対策
どんな会社、企業でも売上げの落ち込みや低下は経験する事でして、終始一貫して右肩上がりしか経験した事がないって会社の存在は無いのではないかと思いますが、売上げが低下した時の対応次第で反転して売上げを伸ばす場合も有るし、逆に売上げ不振に拍車をかける形になって、致命的なダメージを負ってしまう場合も有りますよね。

資本主義経済リセットの大チャンス?
何故一部の権力者が消費税値上げにそれほど執念を燃やすのか理解できなくは無いのですが、金持ちにも二種類有って一般に思われているのは金の力で贅沢三昧をする人々ですが、たぶん半数以上のお金持ちってのはそれほど消費に熱心ではなく、お金を使う事よりも貯める事のほうに興味があるのではないでしょうか?

就職浪人と公務員試験
不景気とか不確実性の時代なんて状態になりますと、就職先として公務員の人気が高まるって言われますが、時代の移り変わりと共に大学を卒業しちゃえば就職は何とかなるなんて事を言っていられなくなりましたし、高卒での就職内定率と言いますか高卒で就職浪人になってしまう確率は相当高くなっていますよね。

崩壊する企業への忠誠心
えっと今回のコラムのタイトルが少々分かり難いので補足しておきますと、コラムでの書くのは従業員が持っている企業への忠誠心の事で、企業が倒産の一歩手前の状態で従業員がモラルハザードを起こしていまうって事については、そのうち別にコラムで書こうと思っています。

使えない経営コンサルタント
これは言い尽くされている事かどうか知りませんけど、出来の悪い口先だけで中身が全く無いコンサルタントほど、あれも出来るこれもコンサル出来ると大風呂敷を広げがちで、しかも抽象的なことしか言わないってのは正解では無いでしょうか?

バーター取引の本当の意味
世間一般に知られているバーター取引とは意味合いとして、交換条件と言いますかお宅の商品を購入したり契約する代わりにうちの商品も交換に買ってねって事で成立する商取引で、人間関係の部分が取引伝票には記されてこないのですけど、実際の所はバーター取引の)90%以上が、バーター取引を持ちかける側がより優位な立場に立っていて、バーター取引を断わろうものなら他の商取引も全部停止しちゃいますからねって状態で取引になる場合が少なく無いのでは無いでしょうかね?

倒産回避を再び考える
相変わらず日本での倒産件数は高止まりしているのでありまして、これが健全な資本主義の自由競争社会の象徴と言えばそれまでの話で有りまして、統計上の話ですとか机上の経済学の世界でしたら倒産ってのも一つの現象に過ぎないわけで何の感情も湧かないのでありますけど、これが自分の経営する会社が倒産しそうだとか、生活の糧である現金収入を得ている勤め先が倒産したなんて事になりますと、中流家庭とか恵まれた生活から一転して厳しいことになりまして、今の日本ではホームレスに転落するのも簡単だそうですから、簡単に倒産を受け入れるって訳にはいかないのですよね。

他人の足を引っ張る社員
私がサラリーマン生活から足を洗って気が付いたら10年を経過したのに少しビックリしたりしていますが、昔の事を色々思い出しますと当時の上司だとか同僚だとか数少ない部下の事などを思い出して、何だか他人の足を引っ張るやつもいたなぁなんて事まで思い出してしまいますね。

中小・零細企業の営業戦略
まぁいつものとおり勝手な事を書いてしまう訳ですけど、出来の悪い経営コンサルタントとかその劣化コピー版みたいな人は、中小零細企業に対して、大企業と同じ事をしちゃ駄目でニッチ市場にターゲットを絞れとか、ナポレオンだか何だか知りませんが局地戦に持ち込めとか、自社のオリジナリティを出せとか、まぁ言う事は大概決まっていて、多くの場合は抽象的な理論に留まって決して具体的な営業戦略に踏み込む事は無いのですが、それでもちゃんとクライアントがついて、経営コンサルタントとして飯を食っていけている人が多いって事は、経営者の中には溺れる者は藁をもつかむ的な、困っている人が多いって事でしょうかね?

政権交代と民主党
マスゴミの世論操作が成功したのか、自民党が自滅したのかはたまた民主党の地道な努力が実を結んだのか分かりませんけど、なんだか政権交代の風が吹き出しているようで自民党政権から民主党政権へ政権が移る可能性が高まってきていますよね。

淘汰の時代と企業倒産
社会の移り変わりですとか、経済のグローバル化ですとか産業の発展ですとか様々要因によりまして、多くの産業や企業が淘汰され時には業界全体が消えゆく運命に身を任せる状態になってしまいまして、まぁ部外者として端から見ている分には、特に特別な感情もなく企業の倒産ってのも当事者にとっては、とてもとても大きな問題ですけど、部外者にとっては毎年何千件と発生する企業倒産の一つでしかないわけですから、特に何の感情も無いわけですよね。

営業力強化方法(再)
営業力の強化って一言で言いましても、なにせ営業マンも人間ですし、売り込まれる側つまりお客も人間ですから、何か画期的な処方箋があってそれを忠実に実行すれば売れるなんてノウハウは存在しないので有りまして、簡単に書いてしまいますと多くの要素を少しづつ改善なりパワーアップしまして、売れるようにしていく必要が有る場合が、圧倒的に多いと思いますし、希には根本的に販売方法を変更して急に売れるようになったなんて事例もあるでしょうけど、それは少数派では無いかと思いますね。

不思議な営業アウトソーシング
不思議なピーチパイと言えば確か竹内まりあさんだったと思いますが、おっと全然関係ない事から書き始めてしまいましたが、不景気になりますと不思議な営業の電話ですとかメールが飛び込んでくるように感じるので有りますが、最近は営業代行の営業ってのが結構頻繁に来ていますのでその事について書いて見ようと思います。

会社の制服と背広
私は制服を支給してくれて基本的に制服を着て出社する企業に勤めた事はないのですが、特に外回りの営業をやっていますと高い背広なんて着ていたら、色々と気を遣ってしまいますし、安い背広なんてのは直ぐに痛んで駄目になってしまいますし、なにせ年とともにお腹の出っ張りが気になってくるなど、体系の変化なども間違いなく有りますから、少なくとも年に2着くらいは背広の購入が必要になりまして、安物の背広でしたけど年間で5万円は出費をしていましたね。

信用できない社員
今回のコラムでは信用できる社員と出来ない社員って事について書こうと思いますが、一つ感じるのは経営者の意見や考えに対して例えそれが間違っていても同意しかしない俗に言うイエスマンってのが信用できる社員で、何かというと反対意見を言ったり逆らったり文句を言ってくるのが信用できない社員って感じになってしまっている場合が少なく無いのではと思いますが、実際は違うと思いませんか?

ひいきの引き倒し
今回のコラムは主にインターネットの掲示板上の話ですが、特定の人に対する非難と擁護とが交錯する状態になっている場合に、まさしく信者って表現がぴったりくるような擁護する人が現れますが、今回はそーゆー人の事について書いて見ようと思います。

アイデア貧乏とか
器用貧乏って言葉が有るように、きっとアイデア貧乏って人も世の中には沢山いらっしゃるのでは無いかなってのを今回のコラムのテーマとして書いて見ようと思います。

社内の抵抗勢力
まともに議論が出来て相手も納得出来る反対意見を申し述べる人間は抵抗勢力とレッテルを貼るには無理がありますが、中には何でもかんでも反対意見を言わないと気が済まないとか、ケチを付ける事で自分の存在価値を見出させようとするような人格障害者と呼んでもさし支えない人まで出現するのが現在の状況なのでありまして、とにかく今回のコラムでは社内の抵抗勢力について書いて見ようと思います。

夏休みの自由研究と所得格差のこと
夏休みの一番の思い出が中々手を付けなくて遂に最終日に一気に片付けた夏休みの宿題って方も少なく無いような気が致しますが、今回のコラムでは夏休みの自由研究と各種格差について思うところを書いて見ようと思います。

転職先人気企業ランキングと転職元
先日の報道で転職先として人気企業のランキングが発表されていましたが、私はビックリしたのですがトヨタ自動車が2年連続のトップなのですね?

転職の動機と本音と建て前
その昔に何処かで目にした事があるのですが、転職市場にやってくる転職希望者の過半数は挫折転職と言われる、仕事が自分に合わなかったとか、職場の雰囲気に馴染めなかったとか営業マンでしたら成績が上がらなくて足を引っ張っていて退職せざるを得なかったとか、まぁ惜しまれて辞める人よりも挫折して転職しちゃう人が多いらしいのですけど、けど履歴書とか採用試験面接で、そーゆー人が本当の事を書いたり話したりしますと、見事に不合格になってしまいますから、そのあたりは建前と本音の使い分けみたいな感じになってしまうのですよね。

インフルエンザもパワーアップ?
確か登場当時は豚インフルエンザと呼ばれていたと思いますが、確か養豚業者の団体からのクレームで新型インフルエンザって名前に統一されたと思いますが、更に新しい型のインフルエンザが出てきてしまったらどうやって名前を付けるべきか何て事は話題にしないで、今回のコラムではインフルエンザもパワーアップしているって事について書いて見ようと思います。

国の借金が過去最大の860兆円
これは自民党に国の運営を任せっきりにしてきた国民にも問題が有りましたし、杜撰な税金の使い道について追求がしっかり行われていなかったマスコミも責任が有ると思いますが、勝手に使いたい放題に浪費して、こんなに借金が膨らんでしまったので増税よろしくねって言われても納得出来る人は一人もいないのでは無いでしょうかね?

稼ぎに追いつく貧乏有り
日本には色々と含蓄や深い意味を持つ諺が多いのですが皆さんが知っている”稼ぎに追いつく貧乏無し”って諺は必ずしも全ての人に当てはまらないのでは無いでしょうかね?

経営者の責任
会社が破綻したり倒産しちゃったり致しますと、例えそれが従業員の使い込みであっても監督不行届って事で全責任は経営者にかかって来るわけですが、今まで社長としていっぱしの顔を世間に向けていたところが、経営する会社が傾いてしまって倒産の二文字が目の前にちらついてきますと、借入金の事ですとか、場合によっては税金の滞納ですとか未払いの従業員の給料ですとか、そーゆー様々な自分の身に降りかかってくる責任の大きさと重さに耐えられなくなってしまって、冷静な状態を保つ事が出来なくなってしまう経営者も少なく無いようですけど、その反面、責任放棄しちゃうような経営者もまた少なく無いのが現実ですよね。

金のない奴は結婚するな
この原稿を書いている時点では2009年の衆議院選挙投票日4日前なのですが、報道によりますと麻生太郎首相が講演会での学生の質問に答える形で、金のない奴は結婚するな的な発言をしたって事で騒がれておりますが、まぁ近所のおっさんがした発言であれば別に正論として異議は出ないのだろうと思いますが、政権与党の党首でもある麻生太郎の発言としてはちょっと問題が大きいようですよね。

経営コンサルタント会社の倒産
結構この手のニュースは頻繁に目にするような気がするのですけど、経営コンサルタントを標榜する企業があっけなく倒産してしまうって事は珍しく無いのでありまして、まぁ上から目線で他人の経営に無責任に口出しするのは大好きで飯の種にしていても、自分の頭の上の蝿は追えなかったと言いますか口先だけで経営力も先見の明がなかったと言いますか、経営コンサルタント会社ってのは結構気をつけるべき企業のように思っているのですよね。

初年度無料のクレジットカードの請求書
仕事と言いますか金融機関とのお付き合いの関係でそーしても断れなくて、とあるクレジットカードを1年ほど前に作りまして、最初から一切使う気もないので届いたその日にハサミを入れまして、初年度の年会費は無料だけど2年目から年会費がかかるのでその前に解約するって事になって居まして、まぁいきなり解約するのも担当者に悪いから、年度切り替えのぎりぎりまでそのままにしておいて、切り替えの直前に解約しようと思っていたのですが、これが失敗してしまいましたね。

自民党の敗因について考える
2009年8月30日投票の衆議院議員選挙では議席数を約三分の一に減らしてしまう歴史的代敗北を喫した自民党ですが、記念に?私なりに敗因を考えて書いて見ようと思います。

名ばかり正社員の増加について考える
誰が名付けて言い出したのか知りませんけど、名目上は正社員としての雇用契約になっているけど給料は10万円そこそこでボーナスは無しなんて非正規社員と待遇は殆ど変わらなかったり、逆により重労働を強いられる労働者が増えているのだそうで、こーゆー人達を名ばかり正社員と言うのだそうですけど、名ばかり管理職然り企業のほうもいかに安いコストで人を雇ってコストダウンできるのかって事に色々考えるのですよね。

テレビ不要論と視聴率の調査方法
我が家には随分前からテレビ受像器は撤去されて快適なテレビとは無縁の生活を送っているのですけど、先日知人宅で久しぶりに地上波の放送を目にしましたけど、よくもまぁあれほど無意味な内容を放送しているなぁってのが素直な感想ですし、確か昔誰かが言っていたと思いますけど馬鹿製造器ってのは間違っていないって事を実感しましたね。

男の結婚適齢期について
男性の場合は出産って事がやりたくても出来ない種類の人間ですし、基本的には家計を支える収入の部分を受け持つことになっていますので、結婚適齢期ってのは比較的女性よりも幅広い反面、フリーターとか年収ベースで200万円以下なんて状態ですと、永久に適齢期が来ないまま老人になってしまうので有りまして、貨幣経済が発達する原始時代と比べますと、生物としての結婚適齢期に加えて、経済的な制約がかかってきますので中々大変なんですよね、男性の場合ですとね。

生活保護受給者の急増について思う事
報道によりますと日本の生活保護受給者の数が昨年度と比べて10万人以上の増加で過去最高なんだそうですが、景気がV字回復でもしない限りこの数は更に増えるでしょうし、何らかの対策を打ちませんと国の将来が心配になってしまいますよね。

転職で売れ残る人
まず転職で売れ残るような人は最初から転職なんて考えない場合が多いでしょうし、転職の基本は在職中の転職活動ですから転職で売れ残ってしまう人は、そのまま今の会社に在籍していれば良いので有りますけど、中には急なリストラとか事業の縮小に伴う半ば強制的な解雇ですとか、場合によっては不幸にも会社が倒産して、まさかの人生暗転で転職活動を余儀なくされた人なども出てきてしまうのですよね。

携帯電話選び
多くの商品、特に耐久消費財や家電製品などには飽和状態がいつかはやってきまして、中古品の流通経路が整ってきたり、新商品を出しても買い替え需要のほうが大きくて新規顧客はそれほど獲得できなかったりする状態になりますが、携帯電話に関して既に飽和状態に入ったと言っても良いのでは無いでしょうかね?

ハイパーグラフィアとは、そして私
たまたまとある掲示板で目にして心に引っかかったので早速文章に書き記しているのですけど、その名も書かずにいられない病(ハイパーグラフィア)って症状と逆に書きたくても書けない病(ライダーズ・ブロック)って症状になる人が結構いらっしゃるようで、何だか私のも当てはまる部分がたぶんに有りますのでもしかしたら私もハイパーグラフィアになっているような気が致します。

再び原油価格上昇でガソリン値上げ
ここの所落ち着いていた原油の価格が上昇に転じて、ガソリンや石油製品の値上げが順次始まりだしました。
販売に携わる業界でも直接的に関与している商社とがガソリンスタンドなどでは、仕入れ価格の上昇分を販売価格に転嫁しやすく、又、理解が得られやすいのですが、それ以外の業種に関しては、温度差が大きいように思います。

人口減と子沢山と結婚相談
確かどっかの大臣が女性は子供を産む機械って発言をして結構大きな問題になった事が有りましたけど、何と言いますか子供が沢山欲しい夫婦がもし沢山存在したとしても、今の日本の社会情勢ですと一般の労働者が沢山の子供を作って育てる事が絶望的に難しいってのも問題の一つでは無いでしょうかね?

食欲を制御する方法
人間ってやつは生存本能などの本能に近い行動については中々制御が出来ないので有りまして、たぶん大昔の人類が未だマンモスを追いかけていた狩猟民族だった頃には、食料の貯蔵技術は無いに等しいですし、今日は運良く獲物を確保出来て食事にありつけたけど明日は分からないので、食べられるだけ食べておこうって行動が基本だったと思います。

占いと人生の羅針盤
実際に見た人は今現在この世には絶対に存在しませんけど、かの有名な卑弥呼って人は有名な占い師で、まつりごとつまり政治や政策の決定を占いの結果によってやっていたって噂が御座いますが、何と言いますか占い祈祷の類ってのは人類がこの世に出現致しまして、かなり早い段階から職業として存在しているので有りまして、怪しげでわけが分からないことが大部分だけど歴史は古いぞって事になるのでしょうかね?

美味しき炊ける炊飯器と食欲の関係
えっと基本的に日本で生まれ育った人間が主食としているのは白米のご飯でありまして、幾らパン食が好きな人でも一ヶ月以上も白米から遠ざかっていますと、大部分の人がご飯が食べたくなるようなのでありますが、今回のコラムでは美味しく炊ける炊飯器と食欲とダイエットの関係に付いて書いて見たいと思います。

人心把握術
今回のコラムでは人心把握って内容について書いてみようと思いますが、特別な秘訣や方法を期待していたら、そんなのは私のほうが知りたいくらいで有りまして、このページにはございませんので他のページに移動して戴いたほうが良いかもしれません。

ボーナス査定と人の評価
そろそろ早いところではボーナスの支給が始まっていると思いますが、支給前に個人別のボーナス査定って言うんですか、人の評価で頭を悩ませた管理職の方も多いのではないでしょうか?

資金回収とお金にルーズなお客対応
今回は経営と営業マンの話を書こうと思いますが、注文を貰って商品を納入したりサービスの提供をしたら当然の事ながら企業の伝票上、売上が計上されまして、帳簿上では利益が計上されるのですが、これは実際に代金が入金されていても、未回収の状態でもちゃんと利益は計上されていますので、税金はちゃんとかかってきます。

目先の出費と営業効率
営業マンも経営者もとにかく営利目的で活動している人間は、目先の出費と営業効率と、費用対効果ってのを天秤にかけて考える必要が有りますよね?

スピード経営と熟考
経営者の中にはスピードが経営には大切でスピード経営を旨とする経営者が存在する反面、石橋をたたいて渡る、いわいる熟考タイプの経営者に分かれてくると思います。

8月の売り上げ確保
法人向けに商売をしている経営者にとって8月は頑張りどころっていいますか、結構大変な月である場合が多いと思います。

売上予測と経営
私は零細のホームページ制作代行業の代表をやっているのですが、売上予測ってのが難しくかつ経営に非常に密接にかかわってきます。

スピード経営と現場のドタバタ
特にIT関係の企業やベンチャービジネスの経営者に多いのですが、スピード経営を身上とする企業は少なくなく、短期間に急成長した企業ってのは、程度の差こそあれ、スピード経営を実践してきた企業が多いのでは無いでしょうか?

営業マンの移動と無駄を考える
内勤の営業マンを除けば、殆ど営業マンが営業時間(拘束時間)っていいますか、勤務時間の20%以上、人によっては半分以上が客先に訪問するための移動時間に費やしているので有りまして、冷静に考えれば移動中てのは経費を使っても、利益は生み出さない訳ですので、無駄な時間って言えると思います。

24時間営業の是非
コンビニエンスストアの雄、セブンイレブンの名前の由来ってのは、営業時間が朝7時から夜11時までって事でセブンイレブンって名前だったはずなんです。
個人的な感想ではこのネーミングは秀逸で名前を聞いただけで営業時間が分かってしまうって素晴らしいネーミングだと思います。

経済と政治の関係
政治の世界には経済界や企業経営者から転身した人も少なく無いのですが、どうも政治家になってしまいますと経済の事に首を突っ込まなくなってしまうような気が致します。

仕事を断る
やりかけの仕事を断る事にしたのであります。
まだ正式には断っていないのですが、腹に据えかねる状態になてしまいして、これはもう見切り千両って言いますか、キッパリトけりをつける考えが固まったのであります。

貯めを作る
仕事でもお金でもとにかく貯めを作るって事は大切でして、心に余裕も出来ますし、心に余裕があるとつまらないミスも少なくなってきます。

笑うって事
大部分の方がこの世に生を受けて人生を笑って過ごしたいと思っていると思いますが、成人になって社会に出て中々心底心から笑うって事は少なくなってきますよね。

一日12時間働く方法
人員が減っても仕事量が余り減少しなかったせいか、ここ1年ほど一日12時間労働が連続しておりまして、何時の間にかそれが普通のペースになって疲れも感じなくなりましたので、折角ですので(私は)1日12時間働いてそれが毎日連続しても平気な方法ってのを書いておこうと思います。

有る朝の風景
今日は朝から直行なので有ります。
直行の場合は訪問先に少なくとも一時間以上前に到着して近くのファミレスなりマクドナルドを探して、そこでノートパソコンを開いて仕事をするのですがあいにく、本日の訪問先近くには何もないのであります。

仕事の優先順位
仕事が溜まってきまして、処理が追いつかなくなってきますと、仕事の優先順位を考えて順序良く処理していく必要が出てきますね?

モチベーションとは
えっと外来語なんだか、誰が言い出したんだかモチベーションって言葉が胸を張って?普通に使われるようになったのは何時の頃からでしょうか?

営業マンと聞き出す技術
これはよくよく言われる事ですが、営業マンにとって話す事よりも聞く事のほうが重要だって言われますし、またある人は人間ってのは口は一個しかないけど耳は左右に2つ有る、だからしゃべる事の倍、人の話を聞かなくっちゃだめだって言う人も居たような気がいたします。

お客様は神様ですとクレーマー対応マニュアル
確か演歌の大御所故三波春夫さんの台詞だったと思いますが、お客様は神様ですってやつがありましたよね。

オンリーワンビジネス
日本にはその昔、専売公社なるものが存在していまして塩を一手に扱って独占しているとか、タバコを全て手中に収めて利益を上げているとか官製オンリーワンビジネスみたいな物が存在していましたが、その手の国による独占事業を別に致しまして、オンリーワンビジネスを目指している企業も少なく無いのでは無いでしょうか?

弁護士費用が高すぎる問題
地域によって相場が違うとか勿論相談する内容によって金額に大きな違いが出てくるのだろうと思いますが、損害賠償請求とかの民事訴訟ですと中途半端な金額ですと弁護士費用のほうが高くついてしまって、手間と時間を考えると余程相手に対しての怒りを持っていて、お金のことは二の次って気持ちがないと面倒だからと訴訟を諦めてしまう人も結構いらっしゃるのでは無いでしょうかね?

仕事におけるあそび
今日書く”あそび”ってのは遊びではなくあくまでも平仮名で表現する”あそび”なので有りまして、仕事もしないで遊びまわっても、仕事中に遊んでいてもいけないのですが、予定にしても、段取りにしても不測の事態に備えて、時間的に”あそび”を取っておく必要がありまして、まあ簡単に書いてしまいますと、車のハンドルの”あそび”みたいなものだと思います。

継続は力なり
日本にはいつの頃からは知りませんが”継続は力なり”って言葉が有りますよね?
仕事でも会社経営でも営業でも遊びでも、とにかく何かを継続して、力になるって事を実感出来た人間は何をやっても強いと思いますね。

他社との協業
他社との協業ってのは会社単位の場合も有りますし、営業マンレベルで個別の営業案件において協業する場合もありますし、広い意味で言えばメーカーが扱っている代理店に対して、営業同行などでサポートするって場合も協業って感じになりますよね?

作業手順の変更
企業では様々な作業手順や決まり事、約束事や規則がありましてそれに沿って日常業務を行っていくのでありますが、漏れだとか変則的な運用や、必ずしもルール通りになっていない場合が出てくると思います。

続・文章を早く書くコツ
えっと良く言われるのですが、毎日毎日ブログに文章を書いている事につきまして、よく書けるなあって言われます。

モバイル営業マンは仕事が早い?
実際に調査した訳でもデータが有る訳でも無いのですが、ノートPCを持ち歩いて外でパソコンを使って仕事するのは結構慌ただしいので有ります。

社員の保身が会社の危機を招く件
現在我が社はとあるソフトウエアの著作権侵害に関して某社と係争中で既に告訴状も提出していて、通常業務以外にそれに関する資料作成とか相談とかかなり忙しいのですけれど、今回のコラムでは社員が我が身可愛さで、正しい行動をとらなかった場合に時として大きな代償を支払う事になったり、会社を危機に陥れるって事について書いて見ようと思います。

著作権への認識と低い意識
何時の間にかニコニコ動画ですとかYouTubeなんて動画を一般の人が自由に投稿できてみんなで楽しめるWebサイトが一般に広まって来ましたけど、少し中を覗いただけで著作権侵害や肖像権の侵害のオンパレードで有りまして、こーゆー状態を放置しているようですと著作権とか特許に疎い何処かの国を非難することは出来ませんし、日本にソフト製作を行うクリエイターはしっかり育たなくなってしまうのでは無いでしょうかね?

社名命名と苗字
私の会社名ってのがウェブデザインタナカで最後のタナカってのは言わなくても分かる通り私の苗字ですが、社名に名前が入っているなんて、いかにも小さい会社みたいなので、タナカの部分を無くしたら?って言われる事があります。

果報は寝て待ての意味
今回のコラムでは果報は寝て待てって事について書こうと思いますが、大部分の数少ない読者の方はもうご存じの通り、何の努力もしないで寝て待っていても何も果報は来るわけもないのでありまして、いわばその宝くじを買ってただ寝て待っていても何にもなりませんよって事ですよね。

貧乏人買い
貧困の連鎖って言葉が有りますけど、今回はそれほど大げさな内容でもなくて貧乏な時の消費行動について少々書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る