スポンサードリンク

出版不況と電子書籍

技術革新によって新しい技術が世の中に出てくることは喜ばしいことですし、人類の進歩を止めることは出きませんが急激な市場の変化を伴う場合は、市場を奪われたり淘汰される側にとっては脅威以外の何者でも無いわけでありまして、キンドルの登場によって一気に広がりを見せ始めた電子出版は出版業界に激震を与えたと言われています。

まず一般の書店にとりましては電子出版で本や稼ぎ頭で有るコミックや週刊誌まで電子書籍でダウンロードして読むことが主流になりましたら、まず間違いなく店頭で本を買う人は激減するでしょうね。

何か有効な対策が打てれば良いと思いますが、せいぜいインターネットに接続出来ない人を対象に販売促進を行うとか、独自の訴えかけで店頭にお客を呼び込む行動を取るとか、限られた対抗策だけではなかなか生き残りも大変だと思います。

ただ思うに電子書籍が主流で中には返本のリスクを考えて従来の紙による出版を辞めてしまう出版物が多くなってきてしまいますと、それを受け取れない消費者と受け取れる人との間に情報格差が生じてしまいますし、日本列島の津々浦々に文字文化を伝えてきた街の書店が衰退してしまいますと、日本の文化度が間違いなく下がるでしょうね。

特に小学生くらいの子供にとっては書店って場所は何かわくわくする特別な場所で有ったのですから、その場所が消滅してしまわないように知恵を知恵を絞って欲しいところです。

もちろん書店で紙に印刷した書籍が売れないとなりますと、そこに本を卸している中間の取次も大きなダメージを受けますし、当然ですが印刷したり製本を請け負っている企業も大打撃を受けるでしょう。

では作家の先生を抱えている出版社はどうでしょうね。

短期的に見れば製本のコストは軽減されますし、返本のリスクもなくなりますし一般の書籍と比べて多少は電子書籍のメリットを見いだすことが出来ると思いますが、値引きを一切しなかった今までの書籍の販売から、気軽にダウンロードして読んで貰う性格上、高いと買ってもらえませんから低価格化が進んで相当苦労すると思います。

残るは実際に創作活動を行う作家の先生たちですね?

たぶん自らのブログやツイッターですとかインターネット上で自分の作品をプロモーション出来る才能に長けた人でしたら、活躍の場が広がると思いますし逆にその手のプロモーションが上手でない人は苦戦するのではないでしょうか?

それと軽めの読み物は売上を伸ばす可能性が有りますが、重厚な長編の読み物はなかなか売れなくなってしまうような気がしますね。

果たして10年後の出版業界はどうなっているのか不安になってしまいますね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 日銀短観と景況感
  2. 賞与支給額の平均が過去最低に
  3. 4月5月と欝と経営者
  4. 電子タバコのアホらしさと禁煙効果
  5. 贈与税について考える
  6. あやかり商法と坂本龍馬
  7. SIMロック解除に賛成する
  8. 貧すれば鈍する
  9. テレビ離れを歓迎する
  10. 新党たちあがれ日本
  11. ツイッターのフォロワーの数を増やす方法について考える
  12. ファンド詐欺(投資)について考える
  13. 過去を振り返る
  14. 掛布さんの自宅競売と自己破産の危機
  15. 犯罪者は手加減しない事
  16. テレアポと営業の分業
  17. 吉野家騒動とクレーム対応
  18. ネット選挙解禁と選挙対策
  19. NHK不払い世帯へ強制執行と解約方法
  20. 地デジ難民対策
  21. 景気回復の兆し?
  22. オークションと個人売買経済
  23. 喜ばれる母の日のプレゼントについて考える
  24. 生活保護の申請と不正受給とワーキングプア
  25. 大企業の初任給据え置き
  26. 不況と万引き対策
  27. リストラと退職金が払えない問題
  28. 社員をリストラする方法を考える
  29. 職場崩壊と対策について考える
  30. 社長や経営者に向かない人
  31. 飛び込み営業マンのスランプ脱出対策
  32. 営業力強化の方法について
  33. 連休ボケと営業成績
  34. 社内の派閥と出世競争について考える
  35. 中小企業支援について
  36. 外国人参政権は反対?賛成?
  37. 不況の時の心構え
  38. 倒産後の社長の生活
  39. 現金(お金)の問題と労働分配率と九一金
  40. 不況と自社商品の強制購入命令
  41. 手形の受け取りと信用調査
  42. 出版不況と電子書籍
  43. 民主党は転落?参議院選挙結果予測
  44. 営業報奨金の設定
  45. 事業撤退と企業のアイデア
  46. 低価格志向への対応
  47. 売上不振・経営危機への対応それは希望?
  48. 社長の適正給与
  49. 製品寿命と売上確保
  50. 適正人員と人員過剰と人件費倒産
  51. タイムマシン経営はおしまい?
  52. 徹夜と仕事の効率アップ
  53. 苦しい時の神頼み・・経営状態が悪い原因とか
  54. 五月病対策と予防と人事部
  55. 仕事効率と時間の使い方
  56. 部下がやる気を無くす上司の言葉
  57. 新人教育の方法とイエスマンの是非
  58. 紹介営業と飛び込み営業
  59. 反響営業とホームページとDMと
  60. ワーキングプアと最低賃金
  61. 飛び込み営業マンは使い捨て?
  62. 売上不振対策と休日出勤
  63. 名刺の活用法と売上不振対策
  64. 営業のサボり方・方法
  65. 効果的な販売促進の方法について
  66. 零細企業とハッタリと売上確保
  67. 部下に仕事を任せられない上司
  68. 売れない営業マンと転職で化けること
  69. 新規顧客開拓と第一印象の関係
  70. 応酬話法の是非
  71. 売り上げ対策と営業マン心理
  72. トップセールスとお膳立ての方法
  73. 社長とうつと業績不振
  74. 部署内の叱られ役とパワハラ対策
  75. 営業活動と気持ちを切り替える方法
  76. 新人営業マンの教育
  77. お客の心をつかむ方法
  78. 営業に気合と根性は必要か?
  79. 薄利多売の難しさと弊害
  80. 販売企画の立て方
  81. リストラの方法と対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る