スポンサードリンク

薄利多売の難しさと弊害

デフレがそろそろ底を打ってこれ以上の物価下落では商売にならないところまで行き着いている業界も有るようですが、単に物が動くだけなら薄利多売が一番手っ取り早いのですが、経営とか会社運営の視点で考えますと薄利多売はホントに難しいですよね?

特に労働集約型と言われるコンテンツ作成業ですとか人が動いて作業して料金をお客から頂くような産業形態の場合、商品やサービスを提供するための原価として人件費が大部分を占めていて、仕入原価は限りなくゼロに近いような場合ですと、どしても仕入れが無いだけかえって値下げでお客を呼び戻そうなんて発想に陥りがちだと思いますが、経営的には危険な状態に陥りやすいと思います。

まず商品を仕入れて販売する場合でしたら、販売数量が増えてもかなりの段階まで既存の人員で対応出来るのですけど、労働集約型産業の場合になりますと、基本的には人が作業する以外に利益を生み出す仕組みが有りませんから、直ぐに一人当たりの作業量の上限が来てしまうのでありまして、薄利は簡単に出来ますが多売は難しくて簡単には出来ないって事ですよね。

でね、同じように感じている人も多いと思いますが確か経営コンサルタントですとか、経済評論家などはつい数年前まで口を揃えて付加価値をつけてより高い利益率を目指すような事を言っていたと思いますが、実際には薄利多売に走った業界も多いですし一部には薄利多売で成功した企業を勝ち組などと賞賛する動きも有りますけど、数年後の状況を考えますと薄利多売で勝ち組に定住出来るとは思いません。

この辺りは現場の営業マンが一番理解していると思いますが、例えば飛び込み主体の新規顧客開拓一本槍の営業マンの場合ですと、目標が粗利額の場合ですと販売したい好きな商品ってのは間違いなく粗利が一件で稼げる利幅の大きい商品ですよね?

もちろん高すぎますといまの時代は売れないって事は確かに事実として有りますが、営業マンが新規顧客開拓時にちゃんと商談に入れるまでのハードルの高さは、相当販売商品の金額が違わない限り営業の苦労は全く変わりませんし、販売成功時の手間も全く一緒ですから薄利多売などされましても、特段営業活動が楽になるわけでもなですし手間も変わらないと言いますか、かえって同じだけの粗利益計上の目標達成には、販売数量を増やさなくてはいけませんから、かえって大変になるだけの場合が多いのですよね。

ですからこんな時代になったからこそ、利幅を大きく取れる商売を目指さなくてはいけないのですが、簡単では無いのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 日銀短観と景況感
  2. 賞与支給額の平均が過去最低に
  3. 4月5月と欝と経営者
  4. 電子タバコのアホらしさと禁煙効果
  5. 贈与税について考える
  6. あやかり商法と坂本龍馬
  7. SIMロック解除に賛成する
  8. 貧すれば鈍する
  9. テレビ離れを歓迎する
  10. 新党たちあがれ日本
  11. ツイッターのフォロワーの数を増やす方法について考える
  12. ファンド詐欺(投資)について考える
  13. 過去を振り返る
  14. 掛布さんの自宅競売と自己破産の危機
  15. 犯罪者は手加減しない事
  16. テレアポと営業の分業
  17. 吉野家騒動とクレーム対応
  18. ネット選挙解禁と選挙対策
  19. NHK不払い世帯へ強制執行と解約方法
  20. 地デジ難民対策
  21. 景気回復の兆し?
  22. オークションと個人売買経済
  23. 喜ばれる母の日のプレゼントについて考える
  24. 生活保護の申請と不正受給とワーキングプア
  25. 大企業の初任給据え置き
  26. 不況と万引き対策
  27. リストラと退職金が払えない問題
  28. 社員をリストラする方法を考える
  29. 職場崩壊と対策について考える
  30. 社長や経営者に向かない人
  31. 飛び込み営業マンのスランプ脱出対策
  32. 営業力強化の方法について
  33. 連休ボケと営業成績
  34. 社内の派閥と出世競争について考える
  35. 中小企業支援について
  36. 外国人参政権は反対?賛成?
  37. 不況の時の心構え
  38. 倒産後の社長の生活
  39. 現金(お金)の問題と労働分配率と九一金
  40. 不況と自社商品の強制購入命令
  41. 手形の受け取りと信用調査
  42. 出版不況と電子書籍
  43. 民主党は転落?参議院選挙結果予測
  44. 営業報奨金の設定
  45. 事業撤退と企業のアイデア
  46. 低価格志向への対応
  47. 売上不振・経営危機への対応それは希望?
  48. 社長の適正給与
  49. 製品寿命と売上確保
  50. 適正人員と人員過剰と人件費倒産
  51. タイムマシン経営はおしまい?
  52. 徹夜と仕事の効率アップ
  53. 苦しい時の神頼み・・経営状態が悪い原因とか
  54. 五月病対策と予防と人事部
  55. 仕事効率と時間の使い方
  56. 部下がやる気を無くす上司の言葉
  57. 新人教育の方法とイエスマンの是非
  58. 紹介営業と飛び込み営業
  59. 反響営業とホームページとDMと
  60. ワーキングプアと最低賃金
  61. 飛び込み営業マンは使い捨て?
  62. 売上不振対策と休日出勤
  63. 名刺の活用法と売上不振対策
  64. 営業のサボり方・方法
  65. 効果的な販売促進の方法について
  66. 零細企業とハッタリと売上確保
  67. 部下に仕事を任せられない上司
  68. 売れない営業マンと転職で化けること
  69. 新規顧客開拓と第一印象の関係
  70. 応酬話法の是非
  71. 売り上げ対策と営業マン心理
  72. トップセールスとお膳立ての方法
  73. 社長とうつと業績不振
  74. 部署内の叱られ役とパワハラ対策
  75. 営業活動と気持ちを切り替える方法
  76. 新人営業マンの教育
  77. お客の心をつかむ方法
  78. 営業に気合と根性は必要か?
  79. 薄利多売の難しさと弊害
  80. 販売企画の立て方
  81. リストラの方法と対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る