スポンサードリンク

商売の種と社長のインタビュー

何事も種から育てて大きくしないと果実を手にすることは出き来ないのですが、商売の種ってのは非常に難しくていくら水(資金)を投入しても一向に芽が出ないまま気がついたら腐っていたり、芽が出たと喜んでいたらその後は一向に成長しなくて資金が尽きてしまったり、芽が出て順調に育っていると思っていたらいつのまにかライバル企業が出現して、隣に植えた種が大木に成長してしまって、おかげで日当たりが悪くなったりと儲かると思って手を出した商売も実際には失敗の方が多いのが現実ですよね?

さて誰もまだ手を出していない商売の場合の話ですが、この場合は種に例えると誰も種類を知らないし過去の事例を見ても、一体どのくらいの大きさのビジネスに成長するのか、もしくはアイデア倒れで資本を食いつぶして終わるのか予測し難い部分が有りますよね?

もちろん誰も手を出していないって事はライバル不在の状況ですし、基本的には先行者利益は大きいですしその世界でトップを取れる可能性が大きいわけですから、いち早く起業したいと思ってしまう場合も少なくないと思います。

ただこの時に注意しなくてはいけないのは参入障壁が高いかどうかだと思うのですよ。

例えば独自の技術を持っていてそうそう簡単には参入が難しいとか、特別な仕入れルートや人脈が無いと成功しないなんて商売でしたら、さっさと起業して多額の先行者利益を手にすれば良いと思うのですが、儲かるとなったらさほどの障壁も無く参入出来るとなると、一気になだれ込んでくるのが今の現状で、ある意味二番手商法の方が安全確実に儲けることが出来るって状態になっているのかもしれませんよね?

つまり商売の種を見つけても儲かるかどうか分からないような商売だったらリスクは当然高いですが、誰かが始めてうまく行ったらいち早く真似をして時には資金力を駆使して展開を図った方が安全確実に儲けることが出きますからね?

ですから今のように情報伝達のスピードが物凄く早い時代には商売の種を見つけてもスピードだけではリスクを完全に除去出来ないと思うのです。

追伸
最近は読んでいませんが業界紙や経済専門の雑誌などにベンチャービジネスで成功した社長のインタビュー記事などがよく掲載されますが、わざわざ自社のノウハウや商売の方法について広く世間に広めるような事を社長自らがやっていて、何だかそれに目を付けた人が参入してくるのを増やしているような気がするのですが、本人は気がついていないのでしょうね?

まぁインタビューを受けてから数年で倒産するような事例もあるようですからね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 中途採用と社員研修
  2. 経営感覚と現実直視
  3. 消費者心理と営業マンと流行を追うこと
  4. クロージングの方法とタイミングと言葉
  5. 経営再建
  6. 勝負とビジネスと借金
  7. 職場でのツイッター禁止
  8. エコビジネス
  9. 商売の種と社長のインタビュー
  10. 営業力強化の方法
  11. 『ちゃんこダイニング若』破産のニュース
  12. クロージングとリースの与信が通らない件
  13. 営業効率と無駄な時間?
  14. 経営危機と平和ボケ対策
  15. 退職強要と不良社員
  16. 営業成績と嫉妬と競争意識
  17. 売れない原因と内的要因・外的要因
  18. 儲かる商売とプロダクトライフサイクル
  19. 営業力と演技力とお客のタイプ
  20. 労働集約型産業の儲け方
  21. 部下を退職に追い込む上司
  22. 営業代行会社の利用方法
  23. 飛び込み営業のコツについて考える
  24. 成り上がりと経営者
  25. ディレクションと時間の無駄
  26. 法改正とビジネスチャンスとロビー活動
  27. 二日酔い対策とシジミの味噌汁
  28. 節税景気と決算対策
  29. 年代別の適正給与水準
  30. 部下を追求する方法
  31. 顧客離れの原因
  32. ブログやコラムを書くときのネタの探し方作り方
  33. 創造的破壊について考える
  34. 営業支援の方法
  35. デフレは止まるのか?
  36. 飛び込み営業が怖い対策
  37. 発想の転換方法
  38. 給与制度改定とモチベーション
  39. 最近の新規顧客開拓
  40. 考える時と考えちゃいけない時と、成功する人
  41. デジタル万引きと出版不況
  42. 営業マンの引きこもり対策
  43. 味音痴と下戸
  44. 政治と商売への影響
  45. 飲みにケーション
  46. ネームドロップとは自信のなさ?
  47. ソフトウェア会社の将来
  48. 子ども手当商戦
  49. 総量規制倒産
  50. クラウドコンピューティングについて考える
  51. 適正価格について考える
  52. ツイッターと生存確認
  53. 交渉方法(腹が減っては戦が出来ぬ)
  54. 資産隠しの方法
  55. 気持を切り替える方法
  56. 頭を切り替える方法
  57. 3D仮想空間セカンドライフの事業縮小
  58. 人口減社会と商売
  59. 攻めの経営と守りの経営
  60. 専業主婦は損か?
  61. 自費出版と電子配信
  62. 攻めの経営と守りの経営
  63. 法人税率引き下げについて
  64. 喜ばれるお歳暮とお中元
  65. 弁護士は用心棒じゃない
  66. 中高年の引きこもり、高齢化と対策
  67. 高齢者とクレーマー
  68. 出口調査と開票速報
  69. プロボノ
  70. 落ち込んだ時の立ち直り方
  71. お布施の相場
  72. 2011年の日本経済予測

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る