スポンサードリンク

ディレクションと時間の無駄

ディレクションとは?平たく言いますと打ち合わせですし、元々はディレクターから来ている全体をコーディネートするような意味らしいのですけど、営業マン兼と言いますか私が所属?しているWebコンテンツ作成の分野では、それってディレクションじゃなくて御用聞きじゃないのって思うこともよく有りますね?

私がまだこの世界で駆け出しだった頃(といっても未だに駆け出し中なのかもしれませんが)、やたらとディレクション・・じゃ無かった打ち合わせの回数ばかり増えてしまって、何だかディレクションのたびに色々意見が出てきて要望は増えてくるし、かといって予算の増額には応じてくれないしお客としては直ぐに打ち合わせに呼びつけていても深い意味は無いのかもしれませんが、出かける側としてはそれに取られる時間的なコストや、交通費がかさむだけで更に相手の要望が増えるわけですから経験を重ねるに連れて、極力ディレクションを行わないようにしてきました。

そのためには事前に下準備と言いますか見積もり段階で予防線を張っておく必要が有るのですけど、例えば一回の打ち合わせで後は電話やメールでやり取りするならこの金額で、逆に何度もディレクションを重ねるのでしたら金額は倍になりますがどうしますかって感じですね。

※ もちろん途中で変更を希望される場合は追加料金が発生することを見積書には明記しておきます。

そう致しますと大概のお客さんは安い方を選びますし、こちらとしても実際に制作にかかる時間やディレクションに費やされる時間や手戻りを考えましたら、極力訪問しない方がコストを考えると利益は出ますし、なにより精神衛生上宜しいのですよね?

それでもまぁ一回か2回はディレクションを行うわけですが、私の経験上持論として打ち合わせが下手でお客に振り回されている営業マンほどディレクションの回数が増える傾向に有って、しかもお客の満足度はそれほど上がらなくて、プロジェクトとしては赤字になる可能性が高くなると思っています。

まぁコストを度外視すればお客としては思いついたら直ぐに営業マンを呼び出して、要求をしまくってそれに対応すれば顧客からその営業マンは重宝されるのかもしれませんが、会社としては無駄な時間が増大するばかりですからね?

そんなわけで、最良のディレクションの方法は極力少ない回数で結論を最終決定出来る打ち合わせなので有りまして、回数が増えれば増えるほどダメなディレクションになっていくと思うのです。

追伸

ディレクションには必ず決定権者を交えてすることが鉄則で、そうでない時には出席しても無駄に終わる場合が多いですから、断らないとダメですよ。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 中途採用と社員研修
  2. 経営感覚と現実直視
  3. 消費者心理と営業マンと流行を追うこと
  4. クロージングの方法とタイミングと言葉
  5. 経営再建
  6. 勝負とビジネスと借金
  7. 職場でのツイッター禁止
  8. エコビジネス
  9. 商売の種と社長のインタビュー
  10. 営業力強化の方法
  11. 『ちゃんこダイニング若』破産のニュース
  12. クロージングとリースの与信が通らない件
  13. 営業効率と無駄な時間?
  14. 経営危機と平和ボケ対策
  15. 退職強要と不良社員
  16. 営業成績と嫉妬と競争意識
  17. 売れない原因と内的要因・外的要因
  18. 儲かる商売とプロダクトライフサイクル
  19. 営業力と演技力とお客のタイプ
  20. 労働集約型産業の儲け方
  21. 部下を退職に追い込む上司
  22. 営業代行会社の利用方法
  23. 飛び込み営業のコツについて考える
  24. 成り上がりと経営者
  25. ディレクションと時間の無駄
  26. 法改正とビジネスチャンスとロビー活動
  27. 二日酔い対策とシジミの味噌汁
  28. 節税景気と決算対策
  29. 年代別の適正給与水準
  30. 部下を追求する方法
  31. 顧客離れの原因
  32. ブログやコラムを書くときのネタの探し方作り方
  33. 創造的破壊について考える
  34. 営業支援の方法
  35. デフレは止まるのか?
  36. 飛び込み営業が怖い対策
  37. 発想の転換方法
  38. 給与制度改定とモチベーション
  39. 最近の新規顧客開拓
  40. 考える時と考えちゃいけない時と、成功する人
  41. デジタル万引きと出版不況
  42. 営業マンの引きこもり対策
  43. 味音痴と下戸
  44. 政治と商売への影響
  45. 飲みにケーション
  46. ネームドロップとは自信のなさ?
  47. ソフトウェア会社の将来
  48. 子ども手当商戦
  49. 総量規制倒産
  50. クラウドコンピューティングについて考える
  51. 適正価格について考える
  52. ツイッターと生存確認
  53. 交渉方法(腹が減っては戦が出来ぬ)
  54. 資産隠しの方法
  55. 気持を切り替える方法
  56. 頭を切り替える方法
  57. 3D仮想空間セカンドライフの事業縮小
  58. 人口減社会と商売
  59. 攻めの経営と守りの経営
  60. 専業主婦は損か?
  61. 自費出版と電子配信
  62. 攻めの経営と守りの経営
  63. 法人税率引き下げについて
  64. 喜ばれるお歳暮とお中元
  65. 弁護士は用心棒じゃない
  66. 中高年の引きこもり、高齢化と対策
  67. 高齢者とクレーマー
  68. 出口調査と開票速報
  69. プロボノ
  70. 落ち込んだ時の立ち直り方
  71. お布施の相場
  72. 2011年の日本経済予測

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る