スポンサードリンク

給与制度改定とモチベーション

確か10年くらい前の話だったと思いますが、給与に占める固定給部分の割合を下げて、業績や個人成績に連動させて成果給や能力給部分の割合を高くして、能力が高くて会社への貢献度が高い人を給料で優遇して、逆に年齢が高くて在社年数が長くても働きが悪いと手取り額がダウンするなんて形に給与形態を変更した会社が結構有ったと思います。

まぁ陰口を今更書きますと呈の良い人権費削減の要素が強かったように感じますがいかがでしょうか?

会社としては固定給が低く設定されているわけですから、ある意味では損益分岐点が下がるって事にもなりますし、これで従業員がやる気を出して働いてくれれば会社の業績も伸びるなんて目論んでいたところも多かったと思いますが、私の知る限りでは給与改訂で業績が大きく伸びた処を知らないのです。

これが営業職で飛び込みの新規顧客開拓をやっているとか営業成績のような数字で出てくるのなら別ですが、数字に関係のない内勤職の方の場合でしたら会社全体の業績によって大幅に給料が減額されたりするのでしたら、何と言いますか経営責任を毎月取らされているような事にもなりかねませんからね?

まぁ他にも弊害が出てきてしまったのか、給与体系を元に戻す会社も出てきていると言いますし、給与体系ってのは本当に難しいですよね?

さて確か昨年にどこかで見たアンケート調査の結果だったと思いますが、新入社員が望ましいと考える給与体系は従来の年功序列型のもので、能力重視型を望んだ人は少数だったと思います。

思うに高度成長時代(私よりひとつ前の時代が中心ですが)から昭和の時代にかけての、サラリーマンの頑張りの原動力ってのは別に目先の給料よりも、会社と一緒に自分も成長していくとか、下積みで安い給料で人一倍働かされていても、今年よりも来年はきっと今よりも豊かな生活が手に入ると思ったから頑張れたのでは無いかと推測します。

これが成果報酬が主体になりましたら、やがて自分が年を重ねて気力や体力が衰えてきたら給料削減ならまだしも、真っ先にリストラ対象になって追い出されるかもしれないなんて想像したら仕事にもやる気がでませんよね?

ただコレは労働内容に見合った賃金が払わてれないとか同一労働同一賃金の側面から見ますと、今度は全く逆の答えが導き出されてしまうのでありまして、まったk一筋縄ではいかないのでありますね。

まぁずっと試行錯誤が続くのでしょうけど流行に流されて右往左往すると従業員が戸惑いますから、慎重さは必要でしょうね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 中途採用と社員研修
  2. 経営感覚と現実直視
  3. 消費者心理と営業マンと流行を追うこと
  4. クロージングの方法とタイミングと言葉
  5. 経営再建
  6. 勝負とビジネスと借金
  7. 職場でのツイッター禁止
  8. エコビジネス
  9. 商売の種と社長のインタビュー
  10. 営業力強化の方法
  11. 『ちゃんこダイニング若』破産のニュース
  12. クロージングとリースの与信が通らない件
  13. 営業効率と無駄な時間?
  14. 経営危機と平和ボケ対策
  15. 退職強要と不良社員
  16. 営業成績と嫉妬と競争意識
  17. 売れない原因と内的要因・外的要因
  18. 儲かる商売とプロダクトライフサイクル
  19. 営業力と演技力とお客のタイプ
  20. 労働集約型産業の儲け方
  21. 部下を退職に追い込む上司
  22. 営業代行会社の利用方法
  23. 飛び込み営業のコツについて考える
  24. 成り上がりと経営者
  25. ディレクションと時間の無駄
  26. 法改正とビジネスチャンスとロビー活動
  27. 二日酔い対策とシジミの味噌汁
  28. 節税景気と決算対策
  29. 年代別の適正給与水準
  30. 部下を追求する方法
  31. 顧客離れの原因
  32. ブログやコラムを書くときのネタの探し方作り方
  33. 創造的破壊について考える
  34. 営業支援の方法
  35. デフレは止まるのか?
  36. 飛び込み営業が怖い対策
  37. 発想の転換方法
  38. 給与制度改定とモチベーション
  39. 最近の新規顧客開拓
  40. 考える時と考えちゃいけない時と、成功する人
  41. デジタル万引きと出版不況
  42. 営業マンの引きこもり対策
  43. 味音痴と下戸
  44. 政治と商売への影響
  45. 飲みにケーション
  46. ネームドロップとは自信のなさ?
  47. ソフトウェア会社の将来
  48. 子ども手当商戦
  49. 総量規制倒産
  50. クラウドコンピューティングについて考える
  51. 適正価格について考える
  52. ツイッターと生存確認
  53. 交渉方法(腹が減っては戦が出来ぬ)
  54. 資産隠しの方法
  55. 気持を切り替える方法
  56. 頭を切り替える方法
  57. 3D仮想空間セカンドライフの事業縮小
  58. 人口減社会と商売
  59. 攻めの経営と守りの経営
  60. 専業主婦は損か?
  61. 自費出版と電子配信
  62. 攻めの経営と守りの経営
  63. 法人税率引き下げについて
  64. 喜ばれるお歳暮とお中元
  65. 弁護士は用心棒じゃない
  66. 中高年の引きこもり、高齢化と対策
  67. 高齢者とクレーマー
  68. 出口調査と開票速報
  69. プロボノ
  70. 落ち込んだ時の立ち直り方
  71. お布施の相場
  72. 2011年の日本経済予測

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る