スポンサードリンク

中途採用と社員研修
私も転職経験が過去に有りますが、基本的には中途採用は欠員の補充ですとか業務拡張に伴うもので時期は一定していませんし、新卒者の新入社員のように固まって入社してきませんから、社員研修は最低限の形又は割愛して直ぐに現場で働いて貰う場合が多いと思います。

経営感覚と現実直視
特に過去に大きな成功体験が有って記憶に新しいほど、現実直視が難しいように思うのでありましてとっくにプロダクトライフサイクルが終わってしまって、いくら営業マンが必死になろうと朝早くから夜遅くまで飛び込み営業に明け暮れようと、一向に売り上げが上がらないなんて事は珍しくないのでは無いでしょうか?

消費者心理と営業マンと流行を追うこと
相手の心理状況くらい読めないと一人前の営業マンじゃ無いなんて言う人もいますが、どうも簡単にブームが起きるお国柄を考えますと、消費者心理を分析しないと大きな損をしてしまうと思いませんか?

クロージングの方法とタイミングと言葉
営業用語でクロージングとは進めてきた商談の最終段階でお客様に購入の意思を確認して、契約書に捺印を貰って売買契約を成立させる行為のことを指しますが、このクロージングで失敗しまうと進めてきた商談の努力も時間も無駄になりますし、この関門を突破致しませんと売り上げには結びつかない最も重要な部分なのですよね?

経営再建
上場企業であってもあっけなく倒産してしまうのが珍しくない昨今ですが、経営再建の方法といえば不採算事業の撤退ですとか店舗閉鎖ですとか、人員整理など特に従業員にとっては明るい話は余り聞かないですよね?

勝負とビジネスと借金
経営者の方の中には借金も資産の内だと豪語する方ですとか、多額の融資を銀行がしているって事はそれだけ企業に信用があるって事だと胸を張る方も多分大勢いらっしゃると思いますが、意外でも全然無くて借入金の返済が重荷になって身動きが取れない企業ですとか、超過債務状態で倒産してしまった企業なんてのは枚挙にいとまがないのでありまして、今回のコラムではそんな借金とビジネスの勝負について書いてみようと思います。

職場でのツイッター禁止
職場にパソコンとインターネットが入り込んできてからどうも営業社員が社内にいる時間が長くなってしまって、資料を調べていたり販促資料を作っているのだろうけど、営業マンってのは会社を出て客先に訪問して売ってくるのが仕事なんだから、社内でパソコンに向かっている時間が増えては困るって思っている社長も多いのではないでしょうか?

エコビジネス
世の中の流行り廃りを捉えてビジネス展開して行くことは一つの成功の形でありまして、最近はエコビジネス関連の開業やフランチャイズ展開が増えてきたような気が致しますね?

商売の種と社長のインタビュー
何事も種から育てて大きくしないと果実を手にすることは出き来ないのですが、商売の種ってのは非常に難しくていくら水(資金)を投入しても一向に芽が出ないまま気がついたら腐っていたり、芽が出たと喜んでいたらその後は一向に成長しなくて資金が尽きてしまったり、芽が出て順調に育っていると思っていたらいつのまにかライバル企業が出現して、隣に植えた種が大木に成長してしまって、おかげで日当たりが悪くなったりと儲かると思って手を出した商売も実際には失敗の方が多いのが現実ですよね?

営業力強化の方法
もしこのコラムを読んでいるあなたが社長や営業マンを束ねる管理職の方だとしたら、営業力強化の方法は部下を鍛え上げるだけが強化の方法じゃないって事を先に書いておこうと思います。

『ちゃんこダイニング若』破産のニュース
インターネットやラジオなどで知ったのですが元横綱若乃花が一時期経営に参加していた、ちゃんこ料理チェーン店の運営元が破産したそうですね。

クロージングとリースの与信が通らない件
少し高額な商品の販売になりますとリース契約で購入して頂く場合が多く、営業マンとしても数百万円の商談でも毎月数万円の支払いですとクロージングをかける事が出来て便利ですし、代金回収の心配も無く誠に便利な代物なのですけど、問題はリースの申し込みに際して与信審査で引っかかって契約が組めない場合なんですよね?

営業効率と無駄な時間?
私も一介の営業マンとしては15年ほどの経験から今回のコラムを書こうと思いますが、営業マンの一日ってのは結構無駄な時間と形容しても差し支えない時間が沢山ありまして、ただそれが無いと仕事にならないって事も沢山あるじゃないですか?

経営危機と平和ボケ対策
天才は忘れた頃にやってくるじゃないですけど、日々の日常業務をいつもどおりにこなしていれば固定客も充分あるし辛い新規顧客開拓に飛び込み営業なんてやらなくても、当分の間は安泰だし無理しないでやっていきましょうなんて平和ムードの社内が一転して、沈滞ムードが漂う売上不振なのは聞かなくてもわかる社内に一変してしまうことが有ります。

退職強要と不良社員
表向きは自己都合による退職になっていても実際は幹部社員や上司が小部屋に該当者と長時間の面談を行いまして、成績が悪いとか勤務態度が良くないとか給料ドロボーだとか理由を並べ立てて自己都合による退職を迫るなんてことは結構全国的に発生しているところなのではないでしょうか?

営業成績と嫉妬と競争意識
一人しか営業社員が在籍していない場合を別に致しまして、営業マンは自分の目標(ノルマ)とのタタカイと別に社内の同僚との競争心が芽生えるのでありまして、これがうまく作用しますと社内の競争心が全体に良い方向に作用して全体の営業成績の底上げを図ることが出来ますよね。

売れない原因と内的要因・外的要因
基本的には営利を目的にしている会社はどこでも提供している商品やサービスが売れませんと会社は成り立たなくなってしまうのでありまして、どこの会社でも売り上げの確保に躍起になっているのが現実で、どうすれば売れるかってのは裏を返すと売れない原因を潰して行くって事になりますよね。

儲かる商売とプロダクトライフサイクル
世の中うまく出来ているとは言いませんが、儲かる商売って事を考えますとブームの始まった当初に参入して充分な利幅を確保して素早く売りさばきましてブームがピークを迎えるとわかったら撤退の準備作業に入りまして具体的には在庫を増やさないで圧縮にかかるワケですが、そう簡単にこれからブームが起きる商品の発掘は無理ですし、自らブームを呼び起こせるカリスマ的な人もそれほどいませんし、そもそもそう簡単には身軽に動けないのですよね?

営業力と演技力とお客のタイプ
私も多数の営業マンを知っていますが、客先での営業活動の最中とそれ以外の時では別人格と思えるほど豹変する人が中には存在していまして、たぶん素の姿の他に営業活動中は演技をして売れるように振舞ったいるのだと思いますが、もし仮に素のままの自分の性格でどうも営業成績が芳しくないと思われましたら、人格改造までは必要ありませんが演技力を磨って営業力強化の方法も有ると思うのです。

労働集約型産業の儲け方
かくいう私が経営する零細企業も労働集約型産業そのものなので有りますが、労働集約型とは文字通り人の労働力を寄せ集めて?利益を追求して行く産業のあり方で、受託開発のソフトウエア産業ですとか、人が何らかのサービスを伴って料金を請求するサービス業ですとか、ドライバーがいないとどうにもならない運送業なんかも含めれるようですね?

部下を退職に追い込む上司
何処の職場にも存在するわけでは有りませんが、会社によっては部下を退職に追い込むのが上手な上司が存在している場合が有りますよね?

営業代行会社の利用方法
いまの日本では実に様々なサービスが提供されていますが、物が売れない時代になりますと営業代行会社つまり販売部分だけを代行する会社が注目されたり致します。

飛び込み営業のコツについて考える
私も若い頃と自分の会社を立ち上げた当初には飛び込み営業に明け暮れた時期が有りますが、今回はそんな飛び込み営業のコツについて書いてみようと思います。

成り上がりと経営者
成り上がりとは貧しい人や身分の低い人が・・あれ?日本ではとっくの昔に身分制度なんてものは無くなったいるのですけど、とにかくそーゆー人が成功して経済的に豊かなお金持ちや高い社会的な地位にたどり着いた状態を指すわけですが、どうもこの言葉には蔑みの意味が含まれていまして、とっても良くないと思いませんか?

ディレクションと時間の無駄
ディレクションとは?平たく言いますと打ち合わせですし、元々はディレクターから来ている全体をコーディネートするような意味らしいのですけど、営業マン兼と言いますか私が所属?しているWebコンテンツ作成の分野では、それってディレクションじゃなくて御用聞きじゃないのって思うこともよく有りますね?

法改正とビジネスチャンスとロビー活動
ビジネスチャンスとは文字通り仕事において儲かる可能性が高まることなのですが、法治国家で有る日本では現行の法律に許される範囲で競争が行われておりまして、よほどの新しい業界では無い限り序列や順序や市場規模は大きな変動が有りませんが、根本で有る法律の改正が行われましたら大きな損害を被る企業もあれば、逆に大きな躍進を遂げる企業も出てくるわけですよね?

二日酔い対策とシジミの味噌汁
飲み過ぎた翌朝はシジミの味噌汁が体にしみわたるなんて事を考えながらこのコラムを書いているのですが、当日が休みでしたら水でも飲んで寝ていれば良いのですが仕事がありましたらかなり辛い状況でヘマでもやりそうですし、ヨレヨレ状態でしたらみっともないですからやっぱり二日酔い対策は必要なのですよね?

節税景気と決算対策
日本の企業の多くは期の変わる3月末をもって決算とする会社が過半数になっていると思いますが、この時に税金対策と言いますか節税景気現象とでも言える購買行動がおきまして、出入している業者にとりましてはその動向でその会社が儲かっているのか赤字なのかを概ね推測出来たりも致します。

年代別の適正給与水準
今や死語・・にはなっていませんが年功序列型の給料ってのは仕事の内容と会社への貢献度合いと実際に支払う給与の額と釣り合っているかどうかは別に致しまして、人生に設計には実にうまく合致していたと思いませんか?

部下を追求する方法
上司や管理職には部下を追求するって業務が御座いまして、部下は上司に上手に追求されて営業成績を伸ばしたり問題点に気が付いたりする場合も有りますが、逆に言い訳ばかり上手になって巧みに上司の追求をかわす方法を会得しただけで、肝心の営業成績は全然伸びないなんて場合も有ります。

顧客離れの原因
多くの場合において売上が下がる原因は客単価が下がってしまったか顧客離れがおきているか、単に商品がいきわたってしまって顧客離れどころか市場が残っていないかって感じのどれかになると思いますが今回のコラムでは顧客離れについて書いてみたいと思います。

ブログやコラムを書くときのネタの探し方作り方
最近はツイッターなんてとっても気軽につぶやくイコールネット上に情報発信完了なんてサービスが出てきていますけど、ブログやホームページを立ち上げまして最初のうちは色々と書くネタも有って楽しくサイトに情報を追加していたのが時を追うごとにだんだん書くネタが無くなってきまして、放置状態になってしまうか飲食店ガイドになってしまうってパターンが多いような気が致しますね。

創造的破壊について考える
成功の方程式が通用しなくなったとか従来から続けてきたビジネスモデルが通用しなくなったとか、創造的破壊をして新たな展開を考えないと今後は生き残っていくのは難しいとか評論家の先生だかコンサルタント先生がおっしゃることを数回目にしたのですが、どうも具体的な提示が無かったようで創造的破壊とは?なんなのかも良く分かりませんし、けど何となく何とかしなくっちゃって時代のような感じも致しますので今回のコラムではそんな事について思うところを書いてみようと思います。

営業支援の方法
言うまでもなく会社における営業部門ってのは収入を得る最前線なのでありまして、間接部門や製造部門や商品企画部門がどんなにしっかりしていても、営業部門が苦戦してしまいますと会社にお金が入ってこなくて下手すると倒産してしまったりするのですよね。

デフレは止まるのか?
デフレ経済の状況ってのはどうもこれほどの規模で過去に経験したことがないようでありまして、物価が下がるだけでしたら経済が活性化するのでしょうけど単に価格競争で販売価格を下げているようでしたら企業の利益も飛んでしまいますし、なによりも今の日本のデフレは中国やASEAN諸国などから安い製品を仕入れることによって消費者に販売する価格を下げているのが現状ですから国内経済はどんどんやせ細っていっているのですよね。

飛び込み営業が怖い対策
私の場合はまずルートセールスの世界から事情が有って飛び込み営業の世界を体験する経験ですが、まったく面識のない個人宅でも会社でも飛び込み営業って何だか怖いって感じる事を経験した人もあると思いますし、今はトップセールスな人だって最初はそんな気持ちでいた人も少なくないと思います。

発想の転換方法
時には固定観念や過去の成功体験が未来のおける成功の足を引っ張ったりするって事は有るのでして、何十年も同じ発想で成功する人も中にはいますが、なにせ世の中はどんどん動いていまして社会の仕組も人々の考え方も変化するのでありますから、物事がうまく運ばなくなった時には発想の転換が必要な場合も有るのですけど、これが私も感じますけどそう簡単に発想の転換ってのは出来ないのですよね。

給与制度改定とモチベーション
確か10年くらい前の話だったと思いますが、給与に占める固定給部分の割合を下げて、業績や個人成績に連動させて成果給や能力給部分の割合を高くして、能力が高くて会社への貢献度が高い人を給料で優遇して、逆に年齢が高くて在社年数が長くても働きが悪いと手取り額がダウンするなんて形に給与形態を変更した会社が結構有ったと思います。

最近の新規顧客開拓
既存客からのリピート注文が安定していても、プロダクトライフサイクルが変わってしまったりライバル企業が力を伸ばしてきたりも有りますし、そもそも年を追うごとにお客の心理は移ろいやすく、消費動向なんてすぐに変化してしまいますから、どんな会社でも新規顧客開拓には一定の力を入れているでしょうし、またそうしませんと会社の業績はジリ貧になってしまいますよね?

考える時と考えちゃいけない時と、成功する人
仕事でも何でもここはしっかりと現状を把握して考えなくちゃいけない時が有って、またその逆でここは余計な事を考えないでひたすら行動しなくてはいけない時があると思いますが、えてしてその逆の行動をしてしまう事って振り返ってみたら沢山有りますよね?

デジタル万引きと出版不況
街の小さな本屋さんがどんどん姿を消してしまいまして大型書店のみがなんとか頑張っているのが出版業界の現状ではないかと思いますが、数年前から耳にするようになったデジタル万引きについて思うところを書いてみようと思います。

営業マンの引きこもり対策
今回のコラムは主に私自身の話が中心になるのですが、かれこれ1年ほど営業日は極力外出を避けて引きこもり状態で有りまして、まぁクライアントから電話が有って打ち合わせに来て欲しいと希望されても基本的に今は引きこもり状態なのでとお断りしている状態なので有ります。

味音痴と下戸
まず味覚関係なのですが私の場合、胡椒でもラー油でもケチャップでもソースでも、それとなにより醤油など調味料の類を大量に使ってしまうのでありまして、調理した人にとってはどんな繊細な味付けをしようと各種調味料を大量に使われてしまうわけですから、真面目に調理するのがアホらしくなるのかもしれませんね。

政治と商売への影響
商売でも何でもルールが有ってそのルールを考慮して行動している時に何らかのきっかけでルールが変更になった場合に、好影響を受ける場合とそうでない場合が出てくるのでありまして、特に政治が社会や商売のルールに手を加える時にはその影響をしっかり予測して貰わないと、時には大量の倒産を生み出してしまったり致しますよね。

飲みにケーション
会社なんてものは人間が複数集まって構成されているのでありますから、人と人とのコミュニケーションがしっかりとれていないと組織として営利を目的にして動くことが出来無いのでありまして、どんな会社でも指示系統が決められていてその指示系統にのっとって会社が運営されていきますので、その中で色々とコミニュケーションが熟成されていくのでありますが、会社の仕事を離れて飲食を共にするって感じで、相互の理解を図るって事も昔からありますよね。

ネームドロップとは自信のなさ?
ブログや最近ではツイッターなんかが普及致しまして、ごく簡単に誰でも情報発信が出来るようになってまいりまして、ごく日常的なことを書く人もいれば、自分の主義主張を書き連ねる方まで様々なのですが、中にはネームドロップってやつを多用する方がいらっしゃいますが今回はそんな事について書いてみようと思います。

ソフトウェア会社の将来
一応私の経営する会社もIT関連の受託開発の仕事をやっているWebコンテンツ作成企業の隅っこのしかも一番下流に位置しているわけですが、どうも最近の業界業績の集計や知り合いからの話を聞きますと明るい話が全く無くて、どうも市場はどんどん縮小しているような気が致します。

子ども手当商戦
商機とか営業チャンスがあると思ったら素早く対応して稼ごうとするのが商売人の正しい姿なので有りまして、反対論が根強い中でも強行突破された子ども手当を当て込みまして様々な業種で策を考えて手ぐすね引いて待っているとの事を報道で聞きましたので今回のコラムはその事について書いてみようと思います。

総量規制倒産
いよいよ来月から貸金業規制法の改訂になりますが、これといった対策も無いのですが施行後に発生すると思われている倒産について考えてみようと思います。

クラウドコンピューティングについて考える
雲の上にいる存在ってエライ人や社会的に地位のある人を表現する場合に使われる言葉ですが、最近のコンピューターの世界では誰が言い出したのか私は知りませんがクラウドコンピューティングって言葉が何時の間にか出てきまして、これからのコンピューターとソフトウェアの使われ方は劇的に変わる可能性が有るらしいですね。

適正価格について考える
経営コンサルタントの先生がよく言う言葉かどうかわかりませんが、売上げが伸びない時期には利益率をしっかり確保しないと会社は倒産してしまうのだそうで、確かに売れないからと行って採算を度外視した安売り競争に自ら突入してしまって、大赤字を出してしまった企業は山のように有ると思いますし、そのそも売上げを上げるってのは手段なのでありまして目的は利益を確保するって事ですからね。

ツイッターと生存確認
一応私も念のためって感じでツイッターにアカウントを取ってぼちぼち使っているのですが、どーも使い方がイマイチ理解できなくていつの間にかサイトの更新情報的な使い方と、知り合い及び自分の生存確認用みたいな感じで使うのが定着致しまして、リアルタイムでツブヤクってのが未だにできないのであります。

交渉方法(腹が減っては戦が出来ぬ)
現代ではありがたい事に刀や槍を持ち出して戦をするってのは少なくとも日本国内ではまず無いのでありますが、戦ってのは形を変えて民事紛争だったり個人同 士の折衝であったり、時には弁護士を使って戦いを挑んだり、切った張ったじゃないだけ平和なのでありますが普通の人でも時として現代の戦ってのに巻き込ま れることは有るのですよね。

資産隠しの方法
マスコミや雑誌の報道などで無駄使いとしか思えないような税金の使われ方ですとか政治家の脱税事件などを目に致しますと、真面目に税金を払いたくなくなる気持もわかるような気も致しますが、税金てのは一種の富の再配分的な要素を多分に含んでおりまして、世の中には働きたくても働けない人ですとか能力があって一生懸命頑張っていても何らかの理由で収入の道を閉ざされてしまった人もいっぱいい存在するのですから、そのあたりは少し考えた方が良いでしょうね。

気持を切り替える方法
特に零細企業の経営者なんてものは一人で何役もこなさなくてはいけないのでありまして、中には鬱陶しいいトラブル対応であったり苦手な内容であったりするわけですが、ぐずぐずしているとどんどん時間が経過するだけで、無駄な時間が過ぎていくことになりますので気持の切り替えはとっても大切なのです。

頭を切り替える方法
一芸に秀でた職人さんや名人芸の技能者さんでしたら一つのことに一日中集中していられるのかもしれないですけど、一般人の場合は仕事にしても色々なことを一日の中でこなさなければなりませんし、時には嫌なことがあったり腹のたつことや気になることが出現してしまったりするのでありまして、よくいう仕事も何も手につかないって状態になってしまうことだって有るのではないでしょうか?

3D仮想空間セカンドライフの事業縮小
もうかなり記憶の中で薄れてはいますが一昔前にネット上に構築された3D空間に自分の分身を住まわせて生活させるといいますか仮想体験するってゲームのようなイベント会場のようなサイトがブームに近いほど盛り上がった記憶が朧気にありますけど、どうも一時的な盛り上がりの後はジリ貧状態だったようでスポンサー企業もどんどん撤退して殆ど残っていないって事ですね。

人口減社会と商売
日本の人口が減少傾向に有るって事は最近になって実感するようになりまして、どうも子どもが近所を歩いている事を見ることが少なくなって代わりに散歩する老人を見ることが多くなってきたとか、閉鎖した商店がそのまま放置されている事が多いような気がするとか、空き家が随分と増えてきたとかやっぱり人口が減少しているのだなって時として感じてしまますね。

攻めの経営と守りの経営
まずその企業ってのは存続させていくって事を基本に考えますとやはり守りをしっかり固めた状態で機会を見て攻めに転ずるってのがあるべき姿だと思っているのですが、この守りてのが非常に難しく、下手すると縮小傾向になってしまったり守っているつもりが様々な方向から侵食されましてジリ貧になっていたなんてことも良く有る話で今回のコラムではそんな事について思うところを書いてみようと思います。

専業主婦は損か?
未だに世帯ののモデルケースってのは夫婦と子どもふたりで4人家族で妻は専業主婦って感じで考えている場合が少なくないと思いますが、どうも共働きってのが普通になっているように思いますし、保育員は高いし夫の収入も高いとは言えず将来の事を考えると妻も働きに出ないと将来が不安って気持を抱えたまま専業主婦で頑張っている方も少なくないのではないかと思います。

自費出版と電子配信
キンドルの登場に始まりまして最近ではアップルのアイパッド(iPod)の登場など出版不況で四苦八苦している従来の印刷による出版社にトドメを刺すような出来事が続いていますが、ジホ出版の世界では早くも電子書籍へのシフトが始まっているようですよね?

攻めの経営と守りの経営
一般的に創業社長は攻めの経営は比較的得意で守りに入るととたんに弱くなると言いますか、常に攻めの経営をしていないと脆くも崩れ去ってしまうって感じの人が多いのではないかと思っているのですが今回のコラムでは攻めの経営と守りの経営について書いてみようと思います。

法人税率引き下げについて
まったく政府もたぶん何処から手を付けて良いのか分からないほど知らぬ間に国内経済は衰退しているようなので有りますが、一部には企業を活性化させるために法人税率の引き下げが議論されているようですので、今回のコラムではそんな事について書いてみることに致します。

喜ばれるお歳暮とお中元
暮れの元気なご挨拶と言えば確か日清のサラダ油セットだったと思いますが、今回のコラムでは喜ばれるお中元とかお歳暮について考えて見ようと思います。

弁護士は用心棒じゃない
自社のホームページ上にコラム(駄文)ですとか様々なコンテンツを公開していますと、たまに勝手にコピーされてしまうとかひどいときには改ざんして販売されていた事が後になってわかるなんて事が発生してしまったりするのでありますが、そんな時には素早く該当サイトやブログの運営者に連絡を入れて素早く事態は収拾するのでありますが、どうも傾向として顧問弁護士がついている企業の場合は事態の収拾に時間がかかるような気が致しますね

中高年の引きこもり、高齢化と対策
三十代とか場合によっては40才を超える年齢になっても一日中部屋に引きこもってパソコン画面の前から離れないで全く外出しないって・・ってそれは私の事じゃんなんて思わず笑ってしまったのですけど、報道によりますと引きこもりの世界にも高齢化の波が押し寄せているのでありまして、最初に書きましたとおりに30才とか40才の引きこもりが増えているそうなので有りまして、困ったしまった家族の心情が報道されていました。

高齢者とクレーマー
どうも商店などで店員に大きな声を出してクレームを付けているのは俗に老人と言われる高齢者の方が圧倒的に目に付くのでありまして、統計があるかどうかは分かりませんが私の経験でもお客の中でクレームを言い出しやすいのは高齢者に分類される人がどう考えても多いと思います。

出口調査と開票速報
もうじき参議院選挙が行われますが選挙当日になりますと各社で特番が組まれまして、各選挙区では頼まれてもいないのに出口調査が行われまして開票前から結果がほぼわかってしまうのでありまして、あれって投票率を下げる要因にならないのでしょうかね?

プロボノ
私も最近までプロボノって言葉すら知らなかったのですが、最近広がりを見せつつ有るそうなので今回のコラムで取り上げてみたいと思います。

落ち込んだ時の立ち直り方
今日は午前中から落ち込んでいるので有りまして、係争中のとある会社から事実無根の内容を書き連ねた書類が届きまして、反論の文章と録音データなどの書類を揃える手間と時間を考えて少々ブルーな気分なので有ります。

お布施の相場
報道によりますと葬儀の仲介を行っているイオンがお布施の目安を明示したことに対して、寺院関係方面よりそ~ゆ~ものは心が決めるものなんだから明示するものじゃないって反発の声が出ているそうですね?

2011年の日本経済予測
この時期になりますと様々な方々が来年の日本経済を予測してみたり占ってみたり致しますので、私も一つ2011年の日本経済を予測してみようと思いますが、はっきり言って明るい話題を拾うのがなかなか難しい状況では無いでしょうかね?

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る