スポンサードリンク

電子出版ビジネス

どうやら出版業界は黒船の来航から鎖国の解除なみの激変がおきそうな感じが致しますが、インターネットの普及に始まりましてキンドルですとかアイパッドの登場によって紙媒体を使った出版市場が激減して電子出版に軸足を移す気配が濃厚になってきましたので、大手出版業界でも乗り遅れないようにって事で電子出版ビジネスへの動きが加速していますね?

さて報道によりますと凸版印刷と大日本印刷の印刷大手二社が電子出版の制作や流通に関する協議会を設立致しまして広く参加を呼びかけて行くそうなのですけど、まぁ早いとこ手を打って主導権を握りましょって所のように感じられます。

※ 他にも出版31社が日本電子出版社協会とか電子書籍を考える出版社の会といった形で慌てて?と団体設立されているようです。

でね私の考えでは今の出版社は出版の仕事よりもプロモーションですとかプロディユース方面の力がないところがどんどん市場から退場していかいまして、最後にはプロモーションに特化した企業として変身していて出版って作業はしなくなる可能性が高いと思うのですよね?

まぁ今でもソフトでしたらベクターのような仕組みもありますし、アマゾンでも作者が直接契約して自分の出版物を販売出来るのでありまして、何と言いますか何が何でも作家と消費者の間に割り込んで利ざやを稼ぎましょうって考え方が通用するとは思えないのですよね?

思うに下手に出版社の役割に拘るよりも、出版社はなかかな執筆活動が中心で自分の作品がPR出来ないのに代わりまして、プロモーションを受け持つ形に特化すれば良いと思うのですよね。

もちろん今までの出版社は出版物をプロモートすることによって書籍を販売していたわけですけど、その代わりにプロモーション代を作家から受け取って作家は複数の流通経路で販売する事が出来るみたいな感じでも良いのではないでしょうか?

追伸

一時期、自費出版ってのが随分流行りましたよね?

中には本を売ることが目的じゃなくて単に本を出版したい人からお金を集めることが目的だった場合も有ったようですが、電子出版が本格的になってきますと執筆への門が広くなりますよね?

今までは出版社に原稿を持ち込みまして、担当者のおメガネにかなうかどうかの結構高いハードルが有ったわけですけど、そんなのがなくなれば文筆業で身を立てようとする人がハードルは低くなったけど今度は競争が激しくなるって感じでしょうかね?

何と言いますか作家の先生も出版社同様に厳しい時代になりそうですね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 飛び込み営業の成功方法
  2. 電話営業、テレコールの成功方法
  3. 資金繰り
  4. 自信をもって仕事をすれば仕事は取れる
  5. 独立と家族の協力
  6. 決算対策と領収書
  7. 気合じゃないよ気力だよ
  8. 新規顧客開拓とSOHO
  9. 新入社員受け入れ時の必要書類
  10. 新人教育、新入社員の教育の方法
  11. 損して得取れ
  12. 手形換金と手形割引の問題
  13. SOHOの強さを生かす
  14. SOHOに一番必要な事
  15. 在宅での仕事とプロ意識
  16. 副業
  17. 伸びる会社・伸びるSOHO
  18. 仕事を頼みたくないタイプ
  19. 人経費の流動費化
  20. SOHOと事業計画
  21. 下請からの脱却
  22. フードビジネス、飲食店で独立
  23. バーター取引
  24. クレーム対応
  25. キレる上司とパワーハラスメント
  26. 自分を信じる事
  27. SOHOと老後の生活
  28. 経営が行き詰まった時の対応
  29. 事業資金の借り入れ方法
  30. SOHOは低く見られる?
  31. 嫌な客は断ろう
  32. 決算対策と税金対策
  33. 企業救済とモラルハザード
  34. 大手企業との取引
  35. 貸し渋り対策・貸し剥がし対策
  36. 一匹オオカミは成功するか?
  37. サボり、怠け心との戦い
  38. SOHOとブランド戦略
  39. 代金前払いの交渉方法
  40. 個人事業でのお休み
  41. 経済危機とSOHO
  42. 大倒産時代
  43. 簡易裁判所を徹底活用しよう
  44. 赤字経営
  45. カリスマ経営者
  46. 脱サラの成功率
  47. 倒産の予兆・前兆
  48. 顧客第一主義の取り扱い
  49. 理想の経営状態
  50. お客の選別と取引停止
  51. SOHOからサラリーマンに戻る
  52. クレーマーの心理
  53. 零細企業の大企業病とは
  54. 経営者の公私混同
  55. 負の連鎖を断ち切る方法
  56. 倒産を防止する方法
  57. 現状維持
  58. 税金が払えない時の対応
  59. 事業縮小、撤退の方法
  60. ストックと精神的な余裕
  61. 経営規模の縮小
  62. 選別受注(お客を選ぶ)の方法
  63. 商品の付加価値を上げる
  64. 無理を通させない
  65. 苦労と成功体験
  66. SOHOの年収
  67. 朝令暮改
  68. 世襲制について考える
  69. たらればは信用しない事
  70. 上(リーダー)が変わると下(部下)も変わる
  71. 飛び込み営業の方法とは
  72. 給料カットと士気の低下
  73. SOHOは不況に有利か不利か?
  74. スランプ脱出方法と営業の実力
  75. 赤字倒産と赤字体質
  76. 共同経営は失敗する?
  77. 使える部下の退職
  78. 仕事とやる気と無駄使い
  79. 売れるやり方【方法】
  80. 販売価格の見直し
  81. 成功する経営者のタイプ
  82. 使えない上司に無能な上役
  83. 大手企業との取引に注意
  84. 営業力向上とハッタリ力
  85. モチべーションと自分にご褒美
  86. 営業力の強化向上方法
  87. 小さな約束が守れない奴と取引しない事
  88. 債権放棄の体験談
  89. 売れない時の言い訳(の方法)
  90. 孤独に打ち勝つ方法
  91. 社員を退職させる方法
  92. 倒産の心構え
  93. 営業代行とか成功報酬とか
  94. 職場のメンタルヘルス
  95. いがいとしぶとい零細企業
  96. メンタルタフネス(精神力)
  97. 金策の方法
  98. 税金の滞納と時効と差し押さえ
  99. 定年性依存症
  100. 社員を信用するふりくらいはしろ
  101. 世の中結構、嘘つきが多い
  102. 経営者の顔や容姿
  103. 印紙代と集金コスト
  104. 天国の仕事環境
  105. 交渉相手の事は徹底的に調べる事
  106. ペンディングとは?と仕事術
  107. セミナー依存症
  108. 金持けとスピード
  109. 脱サラの成功率と失敗率
  110. 電話営業と新規顧客開拓
  111. 起業のアイデアと成功の法則
  112. 部下の管理能力の問題
  113. 仕事効率とやらなきゃいけない仕事を後回しに
  114. 独立願望の根源
  115. 独立して失敗するタイプ
  116. 赤字倒産しない会社
  117. 飛び込み営業用の肩書
  118. テレアポ代行と費用について考える
  119. テレコールとセールストーク
  120. 単価が安くて儲からない対策
  121. 起業のアイデアと実行力
  122. 独立開業と資金について考える
  123. 価格破壊と中小企業の生きる道
  124. 思いつき経営
  125. 趣味で起業
  126. 電子出版ビジネス
  127. 不況時の独立

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る