スポンサードリンク

飛び込み営業の成功方法
SOHOとして営業を始めまして、仕事を取ることが一番の課題になると思いますが、技術が有ればとか真面目にやっていればお客が来るだろうなんて甘い考えで独立してしまいますと、直ぐに挫折してしまいますし何と言ってもSOHOさんが倒産する原因の一番は営業力不足からくる売上不振だと言われていますからね。

電話営業、テレコールの成功方法
全てを自分で行うのがSOHOの基本スタイルですから、時には自分で受話器を取って営業するのですが、まあ未経験の方には受話器を取ってダイヤルする事すら結構な勇気が必要だと思いますし、冷たく断られてガチャ切りされて落ち込んでしまう人も多いと聞きますので、嫌々やるのでしたら他の方法で営業するのも良いかもしれないと思います。

資金繰り
大企業だってSOHOだって資金が回転しなくなれば、行き詰ってしまいますし設立間もないSOHOさんには銀行も先ずお金なんて貸してくれませんし、高金利の商工ローンやシステム金融に手を出したら数ヶ月で確実に破綻しますし、経営者になった実感を味わう一つがこの資金繰りなのです。

自信をもって仕事をすれば仕事は取れる
規模が小さく、後ろ盾のないSOHOこそ自信を持った態度で仕事に臨む必要が有るのです、逆に言えば自信なさげな態度や物腰では仕事は取れないか良くてクレーマーが寄ってきて経済クレーマーの餌食になるのが落ちですから、自信満々の態度は必要だと思います。

独立と家族の協力
家族の賛成も協力も最初から期待できないと思って始めるのが吉、だと思いますね、まあ全て自分の力で切り開いていく気持ちと努力と実力が必要だって事で独立すべきなのでありまして、最初かただれかを頼っているのでしたら、独立なんてしてはいけないのです。

決算対策と領収書
決算時期が近づいてくると、急に領収書を集め出すSOHOさんも中にはいらっしゃるようですが、経営者になって初めて領収書の大切さを実感した人も少なく無いと思いますが、税金の事まで考えますと時に同額の現金以上に領収書が重要になってくるのです。

気合じゃないよ気力だよ
気力が萎えると仕事もストップ、気力が充実すると前に突き進んでいけるので有りますが、気合いばかりで冷静な思考回路が保持できていないと、つまらない方向に走り出してしまって、経営が破綻するまで気が付かない何て事も珍しく無いので注意が必要なのです。

新規顧客開拓とSOHO
かなり難しい事なのですが、これがSOHOとしての成功と失敗を分けるカギでは無いでしょうか?最初からお得意先が確保された状態でも相手が倒産したり取引停止になる事もありますし、ゼロからスタートする場合は尚更、新規顧客開拓の方法を会得して実行しないと売上げはゼロのままですよね。

新入社員受け入れ時の必要書類
たった一人でスタートを切ったSOHOでも順調に行って人を雇い入れる場合も有りますね、日常業務を進めつつ新人教育をしなければいけませんし、はっきり言ってSOHO事務所に有能な人材が入ってくるなんて考えるほうがおかしいのです。

新人教育、新入社員の教育の方法
人は石垣?新人教育を行うのもやっぱり代表の仕事になりますね、人を育てるのが上手で腹心を作って戦力に出来る経営者が率いる企業は躍進の可能性が高いですし、それが出来ない企業は業績が中々伸びないと相場が決まっているのですよね。

損して得取れ
私は思います、損して得取れって言葉は信じちゃいけないってね、まあ中には例外もあるでしょうが大概は損したまま終わってしまうので有りまして、ちゃんと事業を継続させるつもりなら最初から赤字の商売はしてはいけないのです。

手形換金と手形割引の問題
約束手形は受け取ってはいけないってよく言われますが、法人相手の商売では手形払いを希望される事も多く、現金にして貰おうと交渉しても取引停止をちらつかせつつ拒否される事も多いと思いますし、上から目線で言われる事も少なく無いのではと想像しますが商売は対等の関係ですから、断る位の気持ちを持つって事が時には必要なのでは無いでしょうかね。

SOHOの強さを生かす
規模の違いを考えれば、強さを生かして勝ち残る方法も出てくるのですが、大手と同じ土俵に立って商売しようとして失敗したり、独立前の会社員気分が抜けなくてSOHOらしい動きが出来なくて倒産したらつまらないですから、強さは何だって考えましょうね。

SOHOに一番必要な事
私が思うSOHOに一番必要な事、それは・といっても人それぞれ考え方や置かれた環境によって違うと思いますが、たぶん営利目的で営業しているって事は出来るだけ楽して儲けましょうって事で良いのでは無いでしょうか。

在宅での仕事とプロ意識
大きな会社の看板を背負っていようと、SOHOであろうとビジネスの世界では同じプロなのですが、SOHOですからとか零細企業ですからって自分から言い出してしまったら身も蓋もないのでありまして、一向に浮上など出来ない訳なのです。

副業
最初はこっそり副業で始めた仕事がいつの間にか、逆転する場合も時にはあるようですが、基本的に多くの日本の企業は副業禁止ですし体力的・精神的に本業と両立させる事は大変なのでありまして、長年二足のわらじで成功している人はある種の才能を持っているって事ですよね。

伸びる会社・伸びるSOHO
伸びない企業もSOHOもやがて淘汰される運命にあるのですが、ちょっと経営者や従業員と面談しただけでね伸びそうだとか、数年うちに倒産しそうだなと思う場合が結構有るのでありまして、しかもそれなりの的中率になっていると思うのです。

仕事を頼みたくないタイプ
仕事を頼まれなければ、収入はゼロになってしまうのがSOHOの宿命ですから頑張って新規顧客開拓するなり受注に励む必要が亜rますが、中には妙なオーラを発生して仕事を頼みたくなくなるような気持ちになってしまうのですが、本人は気が付いていないのでしょうね

人経費の流動費化
日本では企業がこぞって人件費の流動費化を進めた結果、ワーキングプアが生まれ正社員比率が低下しましたが、そんな事をしたら雇用不安が広がって消費マインドは下がるに決まっているのですから、日本全体が地盤沈下して当然の話なのですよね。

SOHOと事業計画
必ずしも行動には計画が必要という訳では無いのですが、あっても困ることは無いのですし、計画に問題が有るとか遂行が不可能だとはっきりしたら再度、事業計画書を作り直せば良いだけの話では無いでしょうか。

下請からの脱却
先ずは下請け仕事からってスタートは多いと思いますが、脱却を考える人も多いのでは無いでしょうか?逆に下請けの地位に甘んじている事に慣れてしまって、脱却を目指さない人は業績の命運を元請け企業に握られているとても危ない状況になってしまうのでは無いでしょうか。

フードビジネス、飲食店で独立
フランチャイズ加盟によって独立の夢を叶える人もたくさんいらっしゃいますが、夢見ていてはいけないのですが、甘い事業計画よとか先に開業して成功している先輩の話を聞いてつい自分もその気になって、自分の能力も顧みずに失敗に向かって走り出す人って居ますよね。

バーター取引
時に、バーター取引を求められる事が有りますが、そんな時は?どうします?勿論それは時々の経営者の判断にゆだねられますが、少なくともバーター取引無しに通常の商取引が成立しないのなら異常事態で改める必要が有るのでは無いでしょうか。

クレーム対応
出来れば避けたい事態なのですが、勃発してしまったら対応するしかないのです、中には放置するのが一番のクレーム解決方法って場合も有りますが、クレーマーのほうも年々パワーアップしていますし、素早く片付けないと他の仕事に支障が出てきてしまいますからね。

キレる上司とパワーハラスメント
急に権力を持ったと錯覚してしまう、独立直後の社長も少なくないんで有りまして、今まで目障りだった上司の姿が消えて急にお山の大将になった正で、人間性と言いますが本性がむき出しになってしまって、制御が聞かなくなる人も少なく無いようですが、最後は我が身に降りかかってきますから注意しましょうね。

自分を信じる事
何が一番大切かと聞かれましたら信じる事って答えも少なく無いと思いますが、信じられないって事はすなわち地震がないって事でして、当然の事ながら自信過失状態では、何をやっても上手く行かないのは目に見えているので有りますから、やっぱり自分を信じる事は大切なのです。

SOHOと老後の生活
定年退職が無い代わりに退職金も無いのがSOHOですね、つまり気楽と思っていても逆に一切の保障が存在しなくて、個人的に年金でも積み立てる以外には政府の年金も破綻寸前ですから無いので有りまして、スタートした時から老後の生活まで考える必要が有るのかもしれないですね。

経営が行き詰まった時の対応
誠実な対応は必要ですが卑屈になる必要は無いと思いますよ、大企業だって時には経営の舵取りに失敗したり、先行きを見誤ったりして苦境に陥って倒産してしまう事だって有りますし、一回も失敗しない企業も個人も地球上には存在しないのです。

事業資金の借り入れ方法
資金の悩みは経営する限り尽きないのです、まあSOHOさんでも零細企業でも余裕を持って資金が回って居る所は少数派では無いかと思いますし、時には銀行などの金融機関から資金を借り入れて運転資金にして一息つくって事も有りますが、借入先の選定を間違えると大変な事になってしまうのです。

SOHOは低く見られる?
世の中、色々な人間が居ますから、低く見られるのが嫌なら独立しない事です、全てではありませんが独立当時はとっても低く見られて嫌な思いをしながら、徐々に実力とか信用力をつけつつのし上がってくる楽しさも有りますからね。

嫌な客は断ろう
時として仕事をとるより断るほうが大変な場合が有りますが、これも大切な事なのです、何せ限られた時間や人手の中で最大限の結果を出す努力を常にしていませんと、直ぐに会社が傾いたり倒産してしまうご時世ですから甘い考えは御法度なのです。

決算対策と税金対策
傾向と対策と言っても受験勉強ではないのですが少なくともある程度決算状況が大まかにでも分かった段階で必要と有れば決算対策を行いませんと、決算月が来てからでは手遅れの場合も多いですし、税理士さんも困るのでは無いでしょうか。

企業救済とモラルハザード
銀行や金融機関、大企業が経営危機になると救済しますがSOHOは絶対に助けません、政府の保証枠なんて話も有りますが、貸すほうとしては返って来ないリスクが高いと当然ですが貸し渋るのでありまして、特に資金ってのは甘い考えは絶対にいけないのです。

大手企業との取引
大手企業に取引口座を開設する為に奔走している方もいらしゃると思いますが、まあ箔がつくとか大手と取引しているって事で信用力が増加するなどとメリットも大きいと思いますが、ちゃんと利益の確保を考えないと大変な結果が待ち受けたりしているのです。

貸し渋り対策・貸し剥がし対策
はっきり書きます、返して貰える可能性が低い所には誰もお金は貸しませんよね、逆の立場で返済する能力が低い人には絶対お金は貸さないと思うのですが、借金を増やして更に返済が大変になるよりもリスケで運転資金を確保した方が良い場合が多いのでは無いでしょうか。

一匹オオカミは成功するか?
日本狼はは絶滅してしまいましたが、ビジネスでの一匹狼はどうでしょうか?狼かと思ったら実際は飼い犬だったなんて人間の本質は中々分からない物で有りまして、勿論本物の一匹狼でしたら成功すると思いますよ。

サボり、怠け心との戦い
上司や部下や同僚など監視の目がないですからね、夏休みの宿題でしたら最終日にやっつけるとか親に手伝って貰うとか何とかなったと思いますが、仕事でさぼりだしてしまうと中々挽回は出来ませんので、破綻に向かってまっしぐらって事になってしまうのです。

SOHOとブランド戦略
某一流企業のトップが最大の資産はブランドだって言った事がありましたね、SOHOのブランドを全国的に知らしめなくても、営業範囲に告知していけばやがて一定の信用力を努力次第で獲得できるのではないでしょうか。

代金前払いの交渉方法
代金が回収できなくて取りはぐれるなら仕事しないほうが良いのです、特に代金回収に関しては少しでも甘い考えで取り組んでいますと、直ぐに遅延債権とか回収不良が出てくるのが常ですから、しっかり交渉しましょうね。

個人事業でのお休み
SOHOになったら自由に休めるようで実際には余程の事が無い限り休めないのです、たぶん10年以上SOHOとか個人事業主として仕事をしてきて一回も休んだ事がないって代表も日本中には相当存在するのでは無いでしょうか。

経済危機とSOHO
一般的に不況や恐慌時にはより規模の小さい企業にしわ寄せが行くと思われがちですが違うと思います、固定費は低いですし即断即決で経営者の考え次第で方向転換も自由自在ですから、危機から身をかわすのも不可能ではないと思います。

大倒産時代
統計的には毎日どこかで倒産していますが当事者にとっては一大事ですよね、特に日本は再チャレンジがやりにくい社会で、直ぐに失敗者の烙印を押されて差別されてしまったりしますから、社会が活性化しないのではないでしょうかね。

簡易裁判所を徹底活用しよう
まさにSOHOや零細企業の為にある制度では無いでしょうか?売掛金の回収ですとか下請けいじめですとか、不当なキャンセルなどSOHOでは泣き寝入りする事も全国的に少なく無いと思いますが、法律の活用で少しは改善されるのではないでしょうか。

赤字経営
日本では過半数の企業が赤字経営になっていますが、まあ税金が安くていいやなんて思っていたら進歩がないのでありまして、沢山稼いで沢山貰う中で税金も発生するって状態を目指した方が裕福になれるのでは無いでしょうか。

カリスマ経営者
時にはカリスマ性が必要ですけど、残念な事に少々のカリスマは時とともにはげ落ちてしまうのでありまして、気が付いたらカリスマの片鱗もない只の人なんて山ほど居るのですから、色々と注意が必要なのでは無いでしょうか。

脱サラの成功率
ご想像通り、低いそれもとても低いのが現実なのですが、自分だけは失敗しないなんて甘い考えで会社を退職して、念願の経営者になったと思ったら三年後にはホームレスなんて笑えない現実が普通にあるのが今の日本だと思います。

倒産の予兆・前兆
これに気を配っていないと連鎖倒産しちゃったりするのですが、安心しきっていると倒産の前兆や予兆を見逃してしまって取り返しのつかない事態に追い込まれても誰も助けてくれないと思って、普段から注意しておく事ですね。

顧客第一主義の取り扱い
気をつけないと中身をはき違えちゃったりするのですよね、顧客第一主義と言いつつクレーマーを育成していたり、理不尽な要求に簡単に屈してしまって無駄な出費をしてみたりと、弊害を伴う場合が少なく無いと思いますね。

理想の経営状態
忙しくて儲っている状態が理想の状態とは言えませんよね、まあ最悪の経営状態ってのは忙しくて全然儲らない赤字の状態ではありますが、忙しいってのは心を無くすと書くのでありまして、個人的には好きな状態では無いのです。

お客の選別と取引停止
何かを手放さないといつの間にか両手が一杯になってしまうのですし、手間ばかりかかって利益を生み出さないお客はさっさとおさらばしないといつまで経っても、経営状態は改善しないのが普通ですから、時々顧客を見直して時には自分から取引停止にする必要が有るのでは無いでしょうか。

SOHOからサラリーマンに戻る
上手く行かなかったら勤め人に戻ればいいやなんて甘く考えている人居ませんか?基本的には一度サラリーマンと決別して独立の道を進んだ人を積極的に採用する企業は希ですし、再就職は難しいのでは無いでしょうか。

クレーマーの心理
常人には理解できないのですけどね、頭が悪い訳でもないようですし、事クレームに関しては妙なところに頭の回転が速いクレーマーが全国的に増殖の兆しを見せておりまして、クレーマー大国になりつつあるのでは無いでしょうか。

零細企業の大企業病とは
マンネリ・慣れ・硬直化によって全ての企業に起きる可能性が有るのです、うちは小規模だから大企業病には無縁の世界だ世なんて暢気に言っている企業こそ、既に大企業病が進行している可能性が高いと思うのです。

経営者の公私混同
会社の規模に関係なく勘違いしている経営者は少なく無いのです、俺が立ち上げた俺の会社だから会社の経費は好きに使っても構わないなんて考えて居る経営者も少なく無いと思いますし、そんな状態を夢見て独立して社長になった人も少なく無いのでは無いでしょうかね。

負の連鎖を断ち切る方法
物事の多くは関連していますから負の連鎖が始まったら素早く断ち切る必要が有るのですが、言うは易く行うは難しを地で行くようなもので、何とかしようと努力しても事態は悪い方向に向かってしまう場合も有りますが、断ち切らないと大変な結末を迎えたりしてしまいますよね。

倒産を防止する方法
なりふり構っちゃいけませんし、見栄も捨ててひたすら倒産を回避する事が大切なのですが、冷静な判断力まで失ってしまいますとかえって損失を拡大させたり、リカバリーできないところまで事態を悪化させてしまったりしますので、頭は冷やしましょうね。

現状維持
今の時代、頑張って上昇を狙って結果として現状維持って事も少なく無いのでは無いでしょうか?つまり現状維持で良いやって思っていると業績は下降してしまって、頑張って上を目指して現状ってのが現実では多いのかもしれないですよね。

税金が払えない時の対応
事前にしかるべき手を打つ事が重要で放置するのは一番やってはいけないのです、ちゃんと税金納付の緩和措置とか分割払とか手は有りますから早めに税務署に出かけて事情を説明して最善策を講じましょうね。

事業縮小、撤退の方法
時に経営者は思い切って決断する必要が有りまして、躊躇しては手遅れになったりするのですが、長い間かけて拡大してきたり顧客を獲得してきていると簡単には切り捨てて撤退したり縮小できませんが、倒産するのとどっちがよいのか良く考えましょうね。

ストックと精神的な余裕
ハンドルも仕事も余裕が無いと事故るのですが、真面目な人で経営者一年生ほど精神的な余裕を直ぐに失ってしまって深刻な事態になってしまったりするようですが、パニックになっても、焦っても事態が好転する訳はないのです。

経営規模の縮小
これは事業を拡大する時に比べて10倍難しかったりするのですが、その昔に天下統一を成し遂げた織田信長や豊臣秀吉は撤退も名人だったようで旗色が悪いと素早く撤退できたから大きな事が出来たのでは無いでしょうか。

選別受注(お客を選ぶ)の方法
人手も資金もとにかくあらゆる面で制限が有るSOHOこそ、選別する事がとても大切なのですが、人が良いとつい八方美人と言いますか誰にでも良い顔をしてしまったりしますが、後になってそれが自分を苦しめてしまう事だって時にはありますよね。

商品の付加価値を上げる
必要な事ではありますが間違った方向に行ってしまいますとコストが上がるだけで余計に売れなくなるのでして、良くある話で作っている方や提供する側は付加価値を上げていると思っても、実際は余計なものを付けて価格を上げて競争力を低下させているだけだったりします。

無理を通させない
規模の違いとか立場の違いで無理な事を言ってくるお客も多い場合が有りますが、向こうはダメ元で言っていると思って断る勇気も必要では?と思うので有りまして、一回無理を認めてしまうとエスカレートするお客も少なく無いですし対応するのも疲れますからね。

苦労と成功体験
経験が豊富って事はどれだけの苦労と成功と失敗を積み重ねてきたかって事ですよね、但し成功の法則が時とともに変化するように過去の成功体験が役に立たなかったり時に足を引っ張ったりするので有ります。

SOHOの年収
定年退職もなければリストラも肩たたきも無縁の仕事ですが収入的には厳しい場合が多いのでは無いでしょうか?ごく一部の年収一千万円のSOHOワーカーとその他大勢の低収入の方が存在するのが現実ではないでしょうか。

朝令暮改
最近は社会情勢の変化が激しく早いので必ずしも悪い事ではないのですが、周りの理解と協力は必要でしょうね、つまり前言を翻すのは構いませんがその理由がはっきりしないと信用されなくなるだけだと思うのです。

世襲制について考える
零細企業の場合ですと世襲制と言うよりも他に引き継ぐ人が居なくて、自分の子息が仕方が無く頼まれて継ぎましょうって事ですよね、この場合は羨まれるよりもむしろ同情される方が多いと思いますが、何だか悲しいですよね。

たらればは信用しない事
儲ったら、上手く行ったら、あれがなかったら・・なんてたらればを連発する人間は信用してはいけませんし、取引もしないほうが良いと思います、そーゆー人は直ぐに言い訳ばかりして約束を守らない人に決まっていますから。

上(リーダー)が変わると下(部下)も変わる
良くいるじゃないですか上手く行かないのを部下のせいにして悪口ばかり言っている上司がね、けど実際は99%の割合で上司の指導力と能力不足が原因なのですよね。

飛び込み営業の方法とは
非効率だとかイメージが悪いだとかやりたがる営業マンは誰もいないとか言われつつも飛び込み営業は一向に無くならないのですよね、何故ならば未だにそれで新規顧客開拓が成功している企業や営業マンが存在するからなのです。

給料カットと士気の低下
業績が悪化してきますと場合によっては社員の給料にまで手を付けざるを得ないのですが、それが原因で更にモチベーションが下がって業績悪化する負の連鎖が始まる場合も有るのでは無いでしょうか?

SOHOは不況に有利か不利か?
不況になりますと真っ先に影響を受けて被害を被るのは零細企業だと言われますがSOHOって特性を考えますとやり方によって最も生き残る可能性が高いように思うのです。

スランプ脱出方法と営業の実力
まあスランプなんてやつは長嶋茂雄とかイチローとか松井と言った天才とか一流と言われる人が陥ってこそのスランプでありまして単なる凡人の場合は単に実力が不足しているだけなのでは無いでしょうか?

赤字倒産と赤字体質
何でも日本の企業の半分前後は赤字決算で営業しているのだと言うことですが、確かに黒字体質まで企業の体質強化をするには、努力と運と才能が必要で漠然と儲ることを期待していてもそれは無理って事ですよね。

共同経営は失敗する?
まあ元々経営なんてのは孤独に一人で立ち向かう気概がないと壁を乗り越える事は出来ないと思いますし、権限を完全に半分に出来たとしても、意見が分かれた時の調整が難しいですし、ふとしたきっかけで相手の欠点や嫌なところがクローズアップされて感じてしまうのです。

使える部下の退職
正確な統計は無いようですが新卒で正社員として入社しても定年退職まで最初に入社した企業でサラリーマン人生を全うする人は半数にも満たないのが現実ですから、幾ら普段から目にかけているつかえる部下や社員であってもいつかは退職してしまう可能性が高いと思って心の準備と仕事の準備をしておいた方が良いのでは無いでしょうかね。

仕事とやる気と無駄使い
中には経費をばんばん使って無謀とも燃える先行投資を行って、とまあ端から見たら無駄使いにしか思えないような経費の使い方をする経営者の方もいらっしゃいますが、その行動がやる気の源で行動力の源泉だったりする事が有るのですよね。

売れるやり方【方法】
考え方は二つあってどんな商材であっても工夫や営業力や行動力で販売数量を確保してしまうような力任せ型と、逆に売りにくい商材は絶対に扱わないようにして、ひたすら売りやすい商品や独占的に販売できる商材を扱って、販売力が無くても一定の販売量を確保出来るようにするかの、どちらかが多いのでは無いでしょうか?

販売価格の見直し
時々見直す必要が絶対にありまして、隙あらば1円でも高く売る事が自分の目標だって心して創意工夫するなり、強気に交渉するなり頑張る必要が有ると思うのですが、結構漫然と販売価格の見直しを行わない場合が多いのではないでしょうか?

成功する経営者のタイプ
自分では中々分からない場合が多いと思いますが、外から見て話しをしてみて、この人は成功するなって感じた人が後になって成功する場合は多いですし、如何にも駄目そうな奴だなってかんじた人はやっぱり失敗するって場合が多いのですが、これは多くの人に当てはまるのでは無いでしょうか?

使えない上司に無能な上役
日本の教育制度では教師の言う事を良く聞く腑抜けを量産していますから、リーダーとしての何かを知らないまま社会人になって、何となく運が良くて上司や管理職になった能なし社員が山ほどいますから仕えない上司や無能な上役が沢山居るのは仕方が無い事ではないでしょうか?

大手企業との取引に注意
見栄っ張りとか、安定した売上げが欲しいとか、様々な理由で大手企業との取引口座開設に頑張る人も少なく無いと思いますが、逆に取引先が少数に頼る事になってしまったり、とても不利な条件での取引を余儀なくされたり、かえって経営が不安定になる場合も多いのではないでしょうか?

営業力向上とハッタリ力
勿論嘘はいけませんし極度のハッタリはそれを見破られて実態が相手に知られてしまった時にダメージが大きいので、かまさない方が良いとは思いますが、SOHOとして営業していく中で時には少しだけハッタリ力を発揮しなければいけない場面もあるのでは無いでしょうかね?

モチべーションと自分にご褒美
上司や上役が存在するサラリーマンでしたら、インセンティブに始まって社内での評価などモチベーションを上げる要素が仕事の原動力になったりしますがたった一人のSOHOの場合でしたら時には自分で工夫する必要が有るのかもしれないですよね。

営業力の強化向上方法
会社の基本が何かって議論には色々出てくるかと思いますが、やはり商品や製品やサービスを販売して利益を得るって事なので有りまして、その為には営業力ですとか販売力が結構重要になって来るのですよね。

小さな約束が守れない奴と取引しない事
相手があなたのことを見下して居るとか、どうでも良い相手だと思っている場合は簡単に小さな約束を破ってきますから、そーゆー時は文句など言うだけ時間の無駄って事に早く気が付いて、取引を停止するなど致しませんと、後で痛い目を見たりするのです。

債権放棄の体験談
取引を全て前金制で出来れば売掛債権の回収に誰も苦労しないのですが、お金にルーズな人は想像以上に世の中に散らばっているので有りまして、一寸油断しますと直ぐに集金に無駄な労力と経費を費やす事になってしまうのです。

売れない時の言い訳(の方法)
はっきり断言しちゃいますと、言い訳の上手いやつなんて一万人に一人くらいしかこの世には存在しないので有りまして、圧倒的大多数の場合は見苦しいだけで、しかもそれを本人が全く気が付いていないって最悪の状態なのではないでしょうか?

孤独に打ち勝つ方法
人間の性格なんて人それぞれで煩わしい人間関係が大嫌いで孤独を愛する人も居れば、逆に孤独に耐える事が苦手な人もおりまして、その手の人が経営者になった場合、時に孤独に耐えられなくなったりするのでは無いでしょうか?

社員を退職させる方法
これはよく言われる事ですけど、リンゴが入った箱の中に一個の腐ったリンゴが混ざっていると直ぐに全体が駄目になっちゃうって言われていまして、使えない社員とか他の人の足を引っ張るやつの存在ってのはとーゆー感じの存在ですから、さっさと除去致しませんと大変な事になってしまうので有りますね。

倒産の心構え
確か会社の寿命25年説なんてのも有ったと思いますけど、実際の所企業なんてものはもっとはかなく、あっけなく倒産しちゃったりするのが現実で、経営者としては少しは心構えが必要なのでは無いでしょうかね?

営業代行とか成功報酬とか
そりゃもう正当な働きに対しては正当な評価が必要で正当な評価は報酬額に直結する必要が有るのは言うまでも有りませんけど、報酬額の決定は結構難しかったりするわけですよね。

職場のメンタルヘルス
一切ストレスがないお花畑のような職場があって、そこでみんなが働ければ一切何の問題も無いのですけど、職場ってのは大なり小なりストレスが発生する場所で、それを放置しちゃいますと生産性が落ちてしまったりして困ってしまうのです。

いがいとしぶとい零細企業
吹けば飛ぶような零細企業と思われても、小規模だからこそ出来る機敏性と融通で、立ち回り方によっては図体の大きな大企業よりもよほどしぶとく生き残ったりするのでは無いでしょうか?

メンタルタフネス(精神力)
経営者として必要不可欠な要素は色々有りますが、特に重要度が高くて必要不可欠なものには健康や体力面と精神的な強さがあるって考える人が多いかと思いますが、私もそう思います。

金策の方法
経営者は誰もそんな苦労などしたくないって思っているに違いないのですけど、それでも様々な原因が元で急に金策に走り回らなくてはいけない事が出てくるのが、零細企業の日常だったり致しますよね。

税金の滞納と時効と差し押さえ
会社に勤めている頃は税金の事なんて会社任せで気にも留めていなかった人手も、独立するともの凄く大きな存在として、目の前にクローズアップされてくるのです。

定年性依存症
自営業者とか個人事業主には最初から定年退職がありませんから、大略の続く限り働く事が出来ますけど、退職金も定年も一切ないってのが幸せな事なのか不幸な事なのかは人によって判断が分かれるところですよね。

社員を信用するふりくらいはしろ
確かに中には信用できない社員も居ますし、100%信じてしまってはいけないのですけど、やっぱり社員は自分が信用されていないと感じたら、モチベーションは一気に下がってしまいますよね。

世の中結構、嘘つきが多い
勿論人を信用する事って大切ですし、自分以外の他人を一切信用できないようでは生きていて楽しくないのでしょうけど、結構世の中に嘘つきが多いのは実感していまして、一定の注意が必要なのですよね。

経営者の顔や容姿
一応建前上は、見かけで相手を判断してはいけない事になっていますけど、実際は結構が意見で判断したりされたりするのが現実ですよね。

印紙代と集金コスト
販売した商品の代金の回収は基本的に銀行振り込みにしていますが、時に出かけていって集金する事があるのですが収入印紙ってとっても変と言いますか不思議な存在で、収入印紙の意味も不明ですし、廃止してしまったほうが良いと思っているのは私だけでしょうか?

天国の仕事環境
外出する機会が非常に多くなってきまして、モバイル環境を整えて公衆無線LANも使えるようにしたお陰で全国のマクドナルドでもパソコンを取り出して仕事が出来るようになったのですが、これがもう天国の仕事環境です。

交渉相手の事は徹底的に調べる事
天災は忘れた頃にやってくるなんて言葉も有ったような気が致しますが、時として厄介な交渉事に巻き込まれることが有りますし、自分の権利を侵害されていたことに気が付いて、紛争に巻き込まれることも時にはあるのでありまして、それが相手の反社会的な行動によって引き金が引かれたような場合ですと、やはり相手のことをよく調べておきませんと、なにせ法律に違反するような相手ですから、徹底的に調べてから交渉に臨むなり闘いを挑みませんと結構コワイですからね。

ペンディングとは?と仕事術
えっとこの件はペンディングと致しましてって言葉を最初に聞いたのは10年ほど前の事だと思いますが、菊は一生の恥とばかり意味の分からない言葉をその場で聞くことに躊躇してしまいまして、会議では別の項目に話題が移りましたので、何となく終了的な意味なんだなって思っていたのですが、後で調べてみますと終わりって言うよりも保留状態で結論を先延ばしにする事ってのを知ったわけですが、何と言いますか関西弁で言うところの”よぉ考え時まっさ”的な断りと言いますか終了の仕方のように感じたので有りますね。

セミナー依存症
先ず最初にお断りしておきますがセミナーや勉強会に出席して新しい知識を吸収したり商売のヒントを発見したり、自分の欠点を見つめなおしてみたりする事で自分が成長するって事は大変良いことだと思いますし、何もしないで怠惰に毎日を過ごすよりも数倍良い行為だと思いますが、中にはセミナー依存症じゃないかなってところまで行ってしまう人も少なくないようですので、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

金持けとスピード
慌てる乞食は貰いが少ないって言葉を聞いたことが有る人も多いと思いますが、経営や商売に限ってはスピードがものを言うと言いますか、これだけ情報伝達のスピードが早くなった現代では商売や事業の成否の鍵をスピードが左右するってことも多いのでありまして今回はそんな事をコラムで書いてみたいと思います。

脱サラの成功率と失敗率
確か新たに会社を立ち上げまして5年後の生存率は一割にも満たなかったと思いますが、脱サラしようかどうしようか悩んでいる人にとっては失敗するのがやっぱり怖いのでありまして、私の場合は深く考えないで素早く会社を止めて独立してしまったのでありますが、個人事業で始めるにしても脱サラの成功率は一割以下だと考えておいて間違いないでしょうね?

電話営業と新規顧客開拓
どうも電話営業が最近多いと思いましたら不況の影響で業績確保する為に電話営業に力を入れる企業が増えているようで、何でも効果的に新規顧客開拓を電話営業で行う方法を伝授する渡渉するセミナーや勉強会を開いているコンサルタント系企業も有るようなのでありまして、そりゃまぁ営業マンがドアtoドアで企業や個人宅を訪問して新規顧客開拓を行うよりも電話営業した方がコストも掛からないでしょうし、時間あたりのアプローチ件数も飛躍的に増大しますし訪問して責任者にアポなしで訪問するよりも責任者と話が出来る確率が上がるとは思いますが、電話をかけてこられるほうにとっては冗談じゃないですよね。

起業のアイデアと成功の法則
何度事業に失敗しても繰り返しチャレンジ出来るだけの財力と体力と精神力があれば、思いつきであろうと何であろうと先ずは事業を興して営業してみるのがベストなのでしょうけど、残念ながら殆どの場合において一度事業に失敗すると、貯金を底をついた状態ですとか酷い時ですと借金が残ったり自己破産してしまう事だって有りますし、人間誰しも年をとって体力も衰えてきますし、一度事業に失敗しますと気力も無くなってしまったりするのですから、起業するときには覚悟と入念な事業計画が必要ですよね。

部下の管理能力の問題
私自身がそうなのだと思いますが部下の管理能力が不足していますと経営者なら会社を大きくすることが難しくなりますし、サラリーマンでしたら中間管理職からそれ以上の出世が見込めないで、会社員生活を終えてしまうって事になるのだと思いますが、今回のコラムではそんな部下の管理能力の問題について書いてみようと思います。

仕事効率とやらなきゃいけない仕事を後回しに
今回のコラムでは取っておきの?仕事がはかどる方法を書こうと思いますが、やり方は実に単純明快で例えば今日中にやらなくてはいけない仕事を一日の最後に持ってくるだけです。

独立願望の根源
何事も漠然と考えていたら実現しないと言われていますが私もその通りだと思うのでありまして、会社を辞めて独立する場合でも挫折転職じゃないですけど、単に今の会社務めが嫌で逃げ出すだけが目的で何でもいいから自分で商売を始めようなんて考えでしたら成功の確率はとても低くなってしまうと思います。

独立して失敗するタイプ
先ず最初に書いておきたいのが成功の定義にもよりますが、世間一般に成功と認定出来る独立はごく少数で、何とかやっている人が少数で残りの大多数が失敗するタイプの人って事を書いておこうと思いますし、たまたま時代の変化で本人の能力が優秀でも失敗してしまう事だって少なくないって事です。

赤字倒産しない会社
確か日本の会社の40%が赤字状態だと思いましたが、多いとは言え何年もの長きにわたり赤字でも倒産しないは沢山有りますし、逆に黒字倒産って言葉があるように黒字の状態でも帳簿上だけの話で、運転資金が枯渇して倒産してしまう会社も沢山有りますよね?

飛び込み営業用の肩書
営業職として入社したらいきなり渡された名刺の肩書きがエリアマネージャーだとか主任が印字されていまして、翌日から営業に回るなんて会社が全国にはあちこちあると思います。

テレアポ代行と費用について考える
闇雲な飛び込み営業では効率が悪いし、営業マンは疲れるし辛いし営業経費が嵩んでしまうので先ずはファーストアプローチは電話によるテレアポ営業を行いまして、アポイントが取れた客先だけ訪問しようと作戦を立てた会社が増えているのか、一時期は減っていた営業の電話がかかってくることが最近になって増えたような気が致します。

テレコールとセールストーク
最近はCTIを使ったオートコールの類の電話は掛かってこなくなりましたが、相も変わらずテレコールがわが社にかかってくる事が多いのでありまして、月曜日の九時過ぎから立て続けに2本の電話がかかってきまして、こりゃよほど見込み客が無くなって訪問先がないので焦って電話をしているのでは無いかと推測するので有りますね。

単価が安くて儲からない対策
特に下請け仕事をやっていますと価格交渉権がどうも元請け企業の方に握られてしまって、相手は自分たちの利益を確保するためにギリギリまで値引き交渉してくる場合も有りますし、消費者へ直接販売やサービスを提供する場合でも、安くしないと売れない注文が入らない、背に腹は代えられないので単価が安くても売れないよりはましだろうって事で、仕方が無いので我慢するなんて事は無いでしょうかね?

起業のアイデアと実行力
類は友を呼ぶとでも申しましょうか、サラリーマンから独立して零細企業を営んでいますと自然と増えてくる知り合いや仲間は私同様に脱サラして頑張っている人が多くなってくるのですが、基本的に共通しているのは実行力が有って思いついたらとにかく行動してみるタイプの人が多いですね。

独立開業と資金について考える
何はともあれ先立つものがないと・・つまりお金が無いと何も始められないって事になるのだと思いますが、自己資金ゼロで始められる商売といっても当面の生活費は必要ですし、名刺一枚作るのにもお金は必要なので有りまして、サラリーマンやOLの世界にサヨナラして独立開業を考える人が何をやるのかを考えた後に悩むのが独立資金と言いますかお金のことなのではないでしょうかね?

価格破壊と中小企業の生きる道
ユニクロ(ファーストリテイリング)が格安ジーンズを販売開始したのは昨年のことだと思いますが、ジーンズに限らず格安のスニーカーの販売を大手スーパーマーケットも販売を開始するなどその昔のダイエーがやった価格破壊が生易しく見えるほど、大手流通業者が価格破壊に突き進んでいるように思える昨今ですが、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

思いつき経営
零細企業のワンマン社長の真骨頂とでも言いましょうか、小さいながらも何とか商売の戦いを乗り切っていける原動力の一つに思いつき経営とでも言いましょうか、考えが浮かんだら即実行に移すって強みがあります。

趣味で起業
好きこそものの上手なれって言葉が御座いまして、そりゃまぁ当たり前の話で嫌いな事はやらなくても構わないのであればやりませんし、好きなことだったら寝食を忘れて夢中になったりしちゃいますからね?

電子出版ビジネス
どうやら出版業界は黒船の来航から鎖国の解除なみの激変がおきそうな感じが致しますが、インターネットの普及に始まりましてキンドルですとかアイパッドの登場によって紙媒体を使った出版市場が激減して電子出版に軸足を移す気配が濃厚になってきましたので、大手出版業界でも乗り遅れないようにって事で電子出版ビジネスへの動きが加速していますね?

不況時の独立
統計資料はどこにも見つからなかったのですが、景気の良い時と景気の悪い時で会社員生活に別れを告げて独立する人の数はそれほど大きな違いはないか、もしくは不況時の方が独立を考える人が多いような気がしませんか?

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る