スポンサードリンク

マンションを高値で売却する方法

先ず先にはっきり書いておこうと思いますが、このコラムをお読みのあなたが今すぐ、お持ちのマンションを高値で売却したいと考えて居るのでしたら、せいぜい多くの業者に相談して、良い仲介業者ですとか、マンションの買い取り業者を捜し回るしかないと思うので有りまして、今回のコラムはどちらかと言いますと、マンション全体で資産価値を維持しして、個々の部屋が高値で売却できる方法って視点で書いてみようと考えて居ます。

つまりそのマンション=集合住宅で資産価値そのものは個別のお部屋を幾らリフォームして綺麗にしたとしても、それは大元のマンションの資産価値にプラスされる部分でしか有りませんので、やはりマンション全体での資産価値の維持に最初から目を向けていませんと、高値で売却する事は難しいのでは無いでしょうかね?

聞くところによりますと、と言いますか私もそうですが入居者にとっては管理費や修繕積立金の類は出来るだけ安い方が良いと普通考えますし、出来れば払いたくないって思う人も少なく無いでしょうし、経済的に苦しくなった時に真っ先に支払いをストップしそうなのも、マンションの管理費や修繕積立金のような気が致します。

勿論、管理費とか修繕積立金が支払う費用に対してメリットが少ない内容で有れば、不払いの世帯は当然出てくると思いますしそれを防ぐ手立ては無いと思いますので、やはりその辺りは専門家も交えまして、住民が集まって資産価値の維持と管理費や修繕積立金の使い道や状態、それに将来の予測などをしっかり話し合って考える事から始めるべきでしょうね?

まあその手の面倒が嫌いな方は、これからマンションを購入しようとする方は少々考えたほうが良いと思いますし、今既にマンションを所有している人は現在の建物の傷み具合とか、修繕積立金の状況とかを勘案致しまして、場合によってはさっさと高値で売却する事を考えたほうが良いのかもしれませんね。

なにせマンションを高値で売却する為に必要な要素の中の大きな部分でメンテナンスが存在して居て、スラム化するマンションが増えるに従ってその重要性がどんどん高く評価されていますからね?

追伸
現在日本は本格的な不況に直面していますが、住宅ローンを支払う為に働いているような労働者を量産して、それでも不動産が資産として手元に残れば全く問題有りませんが、気が付いたらマンションはスラム化して資産価値無しなんて事も現実に起きているわけですから、日本が不況になるわけです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. マンションと一戸建てどちらが良いかを考える
  2. 引越し業界への疑問点
  3. 集合住宅に引っ越したときのあいさつ回り
  4. マンションの査定
  5. 不動産(新築マンション)のアウトレット
  6. マンションデベロッパーの倒産
  7. 中古マンション価格の下落
  8. 別荘とリゾートマンション
  9. マンションとアパートの違いについて考える
  10. マンション建て替えの問題
  11. マンション一括買い取り査定
  12. ルームシェアリング
  13. マンションを高値で売却する方法
  14. マンションの高値売却方法
  15. 投資用マンション考
  16. 追い出し屋
  17. 防犯効果とステッカー
  18. 日照権の事
  19. 天地無用の意味とは?
  20. 分譲マンションVS賃貸
  21. 引っ越しと挨拶回り
  22. マンション業界の将来
  23. マンションの管理人と求人
  24. スラム化するマンション
  25. 家具付マンション
  26. 契約前の事前調査と注意点
  27. マンションの屋上を利用
  28. マンションの買い時
  29. マンションの価格は底値?
  30. マンションの管理組合
  31. マンション不況の原因
  32. 長周期地震動と高層マンション
  33. 逆ギレ商法
  34. 私募不動産ファンドの破綻
  35. マンション販売の電話セールス
  36. 分譲マンションの管理費について考える
  37. 投資用マンションの資産価値について考える
  38. マンションと住宅ローンの滞納
  39. マンションの任意売却
  40. 中古マンションの底値
  41. マンション販売価格の不思議
  42. 結露対策
  43. 競売物件とマンション価格
  44. 中古マンションの買い時について考える
  45. 住宅ローン破産予防と中古物件
  46. デザイナーズマンション
  47. 住宅販売と総額表示
  48. 地震対策
  49. 定年後は田舎に住むor都会に住みたい、老後の住宅希望は
  50. 都心マンション即日完売
  51. 子育て支援マンション

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る