スポンサードリンク

逆ギレ商法

報道でマンション販売現場におきまして逆ギレ商法なるやり方への苦情が急増しているそうなのですが、私自身数年前に家庭教師派遣の電話営業で逆ギレ商法に遭遇した事がありますので、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

まあ私が想像するに逆ギレ商法って言っても最初から気の弱そうな相手を見つけて演技して逆上するって事はまず無くて、販売不振が続いてきて上司から叱責を受けたとか売上げ目標への重圧に心が荒んでしまって、何時のまにか怒りとか鬱積したものをお客にぶつけてしまうようになったのでは無いでしょうかね?

つまり商法ってネーミングがされていますが、ちゃんと逆ギレ商法の研修やマニュアルがあって、訓練された電話セールスマンが逆ギレ商法を展開しているって訳では無くて、心が荒んで何時の間にかそーゆー風になってしまった営業マンが増えているって事だと思います。

お客としては都合も関係なく電話をかけてきて、興味がないのでって事でさっさと電話を切ろうとしても電話を切らせてくれなかったり、一方的に電話を切りますと何故か逆ギレして、しつこく電話してきたり脅してきたりと、もうあんな事をやっていて売れる訳はないのですが、電話セールスをかけて逆ギレする人はもう本来の目的をすっかり忘れてしまっているのでしょうね。

でね、報道で流れたのはマンション販売の逆ギレ商法ですがその他にも聞いているところでは、家庭教師とか電話回線の営業ですとか、住宅リフォームなどが逆ギレとまでいかなくてもしつこい電話セールスや高圧的な営業電話の話が多いと思いますが、そーゆー業界はおしなべて業界のイメージが悪くて更に営業に苦労する悪循環になってしまっているのでは無いでしょうかね?

でまあ電話セールスの世界では社員の定着率が極端に低い場合も少なく無く、成績が上がらなくて何時の間にか電話口で逆ギレするようになってしまって、結局は成績が上がらなくて退職していくってパターンも少なく無いと思いますし、そーゆー職場になったら人員の確保も大変でしょうから、中々良い人材が集まらないのかもしれないですよね。

そうなると益々逆ギレ商法が増えてしまうような気がするので有りまして、未来は暗いのでありますね。

追伸
妙な電話セールスが多いのも理由かもしれませんが、固定電話を自宅に引かない人がとても増えてきているとの事で、固定電話を引いても電話帳に自宅の電話番号を掲載しない人が増えているんだそうですね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. マンションと一戸建てどちらが良いかを考える
  2. 引越し業界への疑問点
  3. 集合住宅に引っ越したときのあいさつ回り
  4. マンションの査定
  5. 不動産(新築マンション)のアウトレット
  6. マンションデベロッパーの倒産
  7. 中古マンション価格の下落
  8. 別荘とリゾートマンション
  9. マンションとアパートの違いについて考える
  10. マンション建て替えの問題
  11. マンション一括買い取り査定
  12. ルームシェアリング
  13. マンションを高値で売却する方法
  14. マンションの高値売却方法
  15. 投資用マンション考
  16. 追い出し屋
  17. 防犯効果とステッカー
  18. 日照権の事
  19. 天地無用の意味とは?
  20. 分譲マンションVS賃貸
  21. 引っ越しと挨拶回り
  22. マンション業界の将来
  23. マンションの管理人と求人
  24. スラム化するマンション
  25. 家具付マンション
  26. 契約前の事前調査と注意点
  27. マンションの屋上を利用
  28. マンションの買い時
  29. マンションの価格は底値?
  30. マンションの管理組合
  31. マンション不況の原因
  32. 長周期地震動と高層マンション
  33. 逆ギレ商法
  34. 私募不動産ファンドの破綻
  35. マンション販売の電話セールス
  36. 分譲マンションの管理費について考える
  37. 投資用マンションの資産価値について考える
  38. マンションと住宅ローンの滞納
  39. マンションの任意売却
  40. 中古マンションの底値
  41. マンション販売価格の不思議
  42. 結露対策
  43. 競売物件とマンション価格
  44. 中古マンションの買い時について考える
  45. 住宅ローン破産予防と中古物件
  46. デザイナーズマンション
  47. 住宅販売と総額表示
  48. 地震対策
  49. 定年後は田舎に住むor都会に住みたい、老後の住宅希望は
  50. 都心マンション即日完売
  51. 子育て支援マンション

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る