スポンサードリンク

  • ゴキブリ退治
    人間よりも遙かの対抗から地球に生存してで生活しているゴキブリですから生存術は上手なのですから、後輩の人間がゴキブリの駆除に躍起になっても中々手強い相手でありまして、殲滅したと思ったら密かに潜んでいたりするのです。

  • ネズミ駆除
    至る所をかじって穴を開けてしまう鼠でして、予知能力が強いために、駆除も知恵を使う必要が有ります、船が沈没する前に逃げ出すなんて話も聞いたことが有りますが、一体海の上で何処に逃げ出すって言うのでしょうか。

  • 家に住み着く困った虫達
    長期のローンでやっと手に入れた自宅でも勝手に住み着いてしまう虫たちが出てくるのでして、彼らは家賃を払う訳でもないですし、何か家事を手伝う事も一切しないで、勝手に自分たちの縄張りを広げちゃったりする困った奴らなのです。

  • 昔話とネズミについて
    昔話に出てくる鼠たちはおしなべて善良でおじいさんを助けたりするのですが、実際には屋根裏で運動会をしたり配線を囓ってみたり、病原菌をどこからか運んできたりと、人間に対する敵対行為を働いたりと困った奴らなのです。

  • 住宅寿命と白アリ
    日本の住宅寿命のかなりの部分が白アリの活躍が左右するのでは無いでしょうか?彼らは断りもなく勝手に移住して参りまして、頂きますも言わないで住宅の木材を食い荒らしてしまうのでありまして、住宅ローンが残っているとか一切考慮しないのです。


  • ホウ酸団子の作り方
    ご家庭で手軽に作れるゴキブリ駆除用のお団子のレシピですが、地域によって薄口が好きだとかゴキブリが生息する場所毎の味の好みとかもしかしたらあるような気がするのでして、市販のホウ酸団子は関西と関東で味付けを変えたりするのでしょうか?。

  • ダニと畳の関係
    両者の関係に付いて考えてみましたが、聞くところによりますと畳に使うイグサは雑菌の繁殖を抑える作用が有るそうで、ダニが住み着きやすい絨毯よりエライのだそうですが、難点は取り替えるのが大変だって事ですよね。

  • 超音波、電磁波ゴキブリ撃退器の効果
    色々な商品が出ては消えていって居ますが果たして効果は有るのでしょうか?広く普及しないとか大手メーカーが開発製造に乗り出さない所を考えますと個人的にはゴキブリ駆除に余り効果が無いような気がするので有りますね。

  • 百足(ムカデ)退治
    肉食、しかも毒まで持っているムカデでありまして、水虫でも移してやりたいのですが、足の数が多い割に一本も水虫には感染しないらしく、動きも素早くて見た目も気持ち悪いですから、下駄でも履かして追い返したい所ですよね。

  • 白アリ予防
    日本の木造住宅は白アリにとってお菓子の家のように見える場合も有るのではないでしょうかと思いますが、ヘンデルとグレーテルだったらまあ良いかなって許してしまいますが、白アリじゃ徹底的に退治してしまうので有ります。

  • コウモリ撃退と退治
    最近すっかり少なくなりましたコウモリですが、そう言えば黄金バットもナゾーも見かけないなと思っていたのですが、何でもコウモリの生息できる環境が減少しているのだそうで、もしかしたら人ごとではないって事では無いでしょうか?

  • カラス対策と忌避剤
    頭が良く学習能力があるカラスでしてしかも親玉の存在も考えられるのですし、その昔はカラスの子なんて歌も歌われて、人間を超える存在だったカラス天狗も何時の間にか絶滅してしまったのでしょうか?

  • ダニ・ハダニ駆除について考える
    人間にもダニのように形容される人はおりますが、折角の観葉植物も家庭菜園も、見張ってないと?ハダニが何時の間にかどこからかやってきて寄生を始めたりするのですから油断も隙もあったものではないのです。

  • 集合住宅のゴキブリ駆除
    集合住宅の場合はゴキブリ駆除も大変なのでして一世帯だけで徹底的にゴキブリの駆除をしても、まあその間はお隣の家に遊びに行ってるって相互扶助の体制が出来上っているようで、駆除を行う人間側も一致団結する必要が有るのです。

  • 蜂の巣の除去
    ミツバチは益虫なのですがベランダや軒下に巣を作られた場合にはお引き取り頂く必要が有るのですが、一部報道によりますとミツバチが集団失踪しているらしいのですが、まあ何時も人間に蜂蜜を横取りされていたら気持ちは理解できなくもないのです。

  • 超音波について考える
    各種撃退グッズの中には超音波を使う物もありますね、けど超音波撃退器は効果が無いって噂も有りますし、まあ腹が空いていたら超音波くらいは我慢してしまうのでは無いでしょうか。

  • 蜘蛛の駆除とアシダカグモ
    一部の蜘蛛は益虫でもあるのですが、どうも容姿で損をしているようですね、今回のコラムでは巣は張らないし、餌もゴキブリなのでありまして中々人間にとって有益な蜘蛛ですが知らない人は退治してしまおうとするのでは無いでしょうか。

  • 蚊取り線香の効果について考える
    日本の夏の風物詩、蚊取り線香について考えてみますが、金鳥の夏日本の夏と大文字焼きって日本の夏を表す基本的三要素だったと思いますが、何時の間にか地位は低下してしまったようなので有りますね。

  • ハエ取り紙と蝿たたき
    最近は出番が少なくなってきましたが、まだ現役です、まあ単純かつ合理的な機能美を追求した道具ですから、何代にもわたって受け継がれてる由緒正しきハエ叩きも存在するのでしょうね。

  • ダニ対策と布団乾燥機
    ダニにとっての楽園の一つに布団がありますが布団の中ってのは人間にとっても楽園なので有りまして、両者の利害は絶対に一致しませんから、どちらかが駆除されませんと平和は訪れないのであります。

  • ゴキブリ駆除(退治)と天敵アシダカグモ
    私が思うにはアシダカグモが家庭で最善のゴキブリ駆除方法では無いでしょうか?無料でしかもゴミも出ないしゴキブリが駆除し終わりますと何時の間にかゴキブリを求めて放浪の旅に出て行くのです。

  • ゴキブリに家から出て行って貰う方法
    その昔、豊臣秀吉なる偉大な武将がおりましたが、合戦をしないで勝利を収める天才とも言われているようですが、ゴキブリ退治も知恵を絞れば方法は幾つも有るような気が致します。

  • 便所虫とは?
    その昔、便所虫って言われた虫の集団があったとさ便所の近くには便所虫なる虫が縄張りを主張していたと聞き及びますが、何時の間にか便所がトイレに変わってしまって、便所虫はトイレ虫になることが叶わないまま消えていった気が致します。

  • ダンゴムシ
    かなりなじみの深い虫ですがこれさえも知らない子供が増えているのでは無いでしょうか?昔の子は普通に手で掴んで遊んでいましたが、最近のお母さんはそんな事は絶対に許さないでしょうね。

  • ベランダの鳩対策
    平和の象徴と言われて居ますが結構迷惑だったりするのです、特に理由は分かりませんが団地のベランダなんてのが結構お気に入りのようで、勝手に黙ってやってきてフンや羽でベランダを散らかしても掃除もしないで謝りもしません。

  • 害虫と益虫の違い
    あくまで人間に取っての但し書き付きでして虫本人には関係がないのですが、時代劇のように良い奴と悪い方を決定するのが人間の性なのでありまして、虫は二種類に線引きされてしまったのです。

  • ダニと掃除機
    勿論掃除機によってダニの吸引率は違うと思いますが、神経質になるのはどうでしょうかね?最近ではダイソンの掃除機ってのが随分と勢力を伸ばしているようですね。

  • 虫嫌い
    宇宙船地球号の乗務員は人間以外にも実に沢山の乗務員が居ますが、どうも周りと仲良くできないのが人間のようでして、隣近所の人間とも仲良くできない奴が虫と仲良くできる訳が無いですよね。

  • 害虫と雀
    昔話にも日本の朝にも必要な雀ですが、報道によりますと日本中の雀の数が激減しているとの事で人口が減っているのは日本人だけでは無かったようです。

  • 自分で白アリ駆除する方法
    昔は良くない噂も聞きましたし結構色々な業者が飛び込みで営業に来ますが、結構な値段を提示してきますし良い業者か悪徳業者かの見分ける方法も無いようですし、たかが羽の生えた白いありんこですから自分で駆除したり予防したりしたいと思って居る人が結構多いらしくネット上にはその手の体験談も結構掲載されていますよね。

  • 赤い鳥居のイラスト
    まぁ害虫にも当てはまるのですけど、人間の文字が読めるのは同じ言語を使う民族だけなのですけれど、目的のためとはいえ鳥居なんかを良からぬ目的で家の回りに書いてしまうのはどうかなって意見は出て来ないのでしょうかね?

  • アメリカ乾材白アリ(アメリカカンザイシロアリ)
    えっと色々な生態系で外来種が入ってきて日本古来の在来種を絶滅に追い込んだりしているのですが、どうもアメリカからやってきたこのシロアリは上手に在来種と棲み分けが出来てしまいますので、日本家屋にとってはダメージが倍増してしまうのです。

  • カラス対策
    別に人間が地球上で一番偉くてカラスを全滅させようと何て大それた事を考えては絶対にいけないのですが、ゴミを散らかす事を辞めさせる程度の対策で有れば積極的に行っても良いのでは無いでしょうかね?

  • 白アリ探知犬
    これだけ科学技術と製造業界の技術革新が進んでいれば、シロアリ探知なんてのも凄い機械が開発できそうな気もしますけど、現時点で一番感度が良くて高確率でシロアリを発見できるのは犬の嗅覚なんだそうですね。

  • 家の中のアリの駆除
    まぁアリの長老に言わせれば後から人間がやってきて彼らの巣の上に勝手に家を建築して困っちゃうって所なのかもしれないですけど家の中を歩き回って畳に穴を開けられたら、やはり駆除せざるを得ないのです。

  • 木造建築とシロアリの対策
    まぁシロアリに目には人間の作った構造物には一切見えなくて、単なる食べ物にしか見えないのでしょうけど、長い住宅ローンを毎月必死に払っている人にとっては食い荒らされてはたまらないのですよね。

  • 蚊取り線香の変遷
    しかしすっかり東京23区内では蚊に刺される事は滅多になくなりましたが、地方ではまだまだ蚊取り線香の活躍する場所は残っていますよね。

  • アメリカカンザイシロアリと中古住宅の被害
    住む人の居ない売り出し中の中古住宅は沢山有って、なかには年々も買い手が付かないままシロアリに浸食されて資産価値がゼロになってしまう場合だって有ると思いますが、最近ではアメリカからやってきたアメリカカンザイシロアリって従来の奴らより強力なシロアリまで出現して大変ですよね。

  • コガネムシの駆除
    何の根拠が有るのか知りませんがコガネムシは金持ちで金蔵建てちゃったりするのですから、わざわざ他人の家庭菜園ですとか果樹園にやってきて成虫(大人)が葉っぱを食い荒らしたり幼虫(子供)が根っこを食い荒らしたりしなくても、金蔵からお金を出して八百屋さんで好きな野菜でも買ってくれば良さそうなものですけど、どうやらコガネムシの名前の由来は外見が太陽光にあたると反射した光が七色に綺麗に輝くの命名されただけで、実際には無一文のようなのでありまして金を持っていないので、勝手に他人の農作物や観葉植物なんかを食い荒らして腹を満たしているようですね。

  • ベランダの鳩対策と日本の鳩山総理
    平和のシンボルと言われる鳥は鳩のはずですが、どうもベランダにやってきては糞で床を汚したり抜けた羽根でベランダを散らかしたりするのですが、まぁこっちはハト対策グッズが各種出回っていまして目玉の風船とか電磁波とか高周波で追い払えばそれで無事に平和な日々がやってくるのですが、平和主義の友愛精神といえば聞こえが良いのですけど単に優柔不断で政治姿勢がはっきりしない鳩山総理はベランダのハト対策のように簡単にはいかないのですよね。

  • 家の中にダンゴムシ、駆除について考える
    どうも2010年の春は異常気象を感じさせるほど雨がやたらと多かったり、初夏のような日が有ったと思ったら真冬の一日に戻ったりと、とくに外で働く人ですとかホームレスの人なんかは大変だなと思うのですが、話は急に変わってなぜか家の中に侵入してくるダンゴムシがここ一週間ほど目立って事について書いてみようと思います。

  • 新築住宅とシロアリ予防と自分で出来る対策
    どうも日本の木造住宅の寿命が他の先進諸国と比べて極端に短いのは、新築住宅の段階でシロアリ予防の対策をしっかり講じていないからなのではないかと思うのでありまして、なにせ新築してから15年経過したら資産価値はゼロに近くなって25年たったら建て替え時期なんてのは金額から考えればとんでもない話だと思いませんか?

  • 家の中のナメクジ
    田舎に住んでいますとダンゴムシとかアリとかムカデとか色々な昆虫たちが呼びもしないのに遊びに来てくれるので寂しくなくて良いのですが、シロアリが遊びに来るとどうぞと言わないのに勝手に頂きますと我が家の木造住宅を食べちゃうとか困った虫もいるので有りまして、梅雨時になりますとナメクジが勝手に侵入してきて這いずり回ったりしてしまうのですよね。

  • ゴキブリの冬眠と壊滅について考える
    嫌われ者の昆虫の中で常にベストテン入りを果たしているゴキブリですが、どうも私の過去の記憶を辿ってみますと暖かくなった春から夏にかけてはよくお見かけしたのですが、秋から寒い冬にかけてはどうもご無沙汰しているようで、ひょっとしたら冬眠しているのではないかと思って調べてみました。

  • ゴキブリ対策とディスポーザーの件
    買う気も無いのに家族でモデルルームに足を運ぶのもどうかと思いますが、全戸キッチンにはディスポーザーを完備していて生ゴミが出ないのでゴキブリなどの不快害虫の発生や販促を抑える効果があるのだそうで、確かにゴキブリとて餌が充分にないと迷いこんできても繁殖出きないでしょうし、他にもっと良い条件の家庭があれば出ていてしまうのでしょうね?

  • 空き家率の増加でシロアリも増加?
    確か前に見た報道で日本家屋の空き家率が急速に増加しているのでありまして、地域によっては20%を空き家率で5軒に1軒の割合で誰も人が住んでいない空き家なんですから、これからの人口減少も一緒に考えますとこれは凄いことになってしまうような気が致します。

  • 昆虫採集未経験
    そう言えば夏休みになっても虫かごと虫取り網をもって歩いている少年の姿を見なくなったのでありまして、一部にはクワガタとかカブトムシをデパートに納入するとかインターネットでの販売目的で大人が里山に入って、虫取りに熱中しているなんて事は有りますけど、すっかり少年の虫取り姿は見なくなってしまったのでありますね?

  • アシダカグモは益虫なのです。
    確かに皆さんは子供の自分に人は顔や見かけで判断してはいけないって教わったと思いますが、アシダカグモは昆虫の蜘蛛ですから関係ないのかもしれませんが、折角無料でゴキブリ退治してくれる有り難い存在を益虫と認識しない人が少なくないようですよね?

  • アタマジラミ対策
    そもそもシラミなんてのは書籍の中でしか存在しないと思っていた寄生虫だったので有りますが、報道によるとここ数年の間にアタマジラミが復活の兆しを見せているそうでありまして、一体今までどこで息を潜めていたのかアタマジラミに聞いてことがないので分かりませんが、基本的に人間の頭皮に住み着いて日々暮らしているわけですから、そう勢力の拡大は簡単じゃないと思うのですが、誰か有能な指揮官でも出てきたのでしょうかね?
  • スーパーゴキブリ
    今回のコラムのテーマのスーパーゴキブリとは近所に出来た新しいお店の名前じゃなくて、殺虫剤に対して耐性を持った強いゴキブリのことでまぁスーパーサイヤ人のゴキブリ版ってところでしょうか?

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る