スポンサードリンク

ドロップショッピングと副業

ほんの少し前まで、企業が正社員として人を雇ったらちゃんと人並みに生活できる報酬を支払って、その代わりに副業とかアルバイトを禁止しているって場合が多かったと思いますし、時には残業とか休日出勤なんて突発的な業務の発生なんかも日常的にありましたから、サラリーマンはそう簡単には副業とかアルバイトで小銭を稼ぐって事は出来なかったはずなのですが、最近になって少し様子が変わってきていますよね。

報道でも流れたのでご存じの方も多いと思いますが、急激な経済情勢の変化つまり不景気がやってきて、ボーナスは下がるし残業は禁止するし、昇給も難しいって状態で企業によっては
口には出しませんが生活レベルを下げて頂くか、業務に支障がない範囲で副業でもアルバイトでもして頂いて生活を維持して頂きませんと、会社だけに頼って頂きましてもそんな余力は御座いません、と極端な話ですがこんな感じの所も出てきている訳ですよね。

で、話は今回のコラムの本題でありますドロップショッピング方面に進んでいく訳ですが、ドロップショッピングとは簡単に説明しますと、自分で運営するホームページやブログに商品の紹介を入れて、又はショッピングサイトを構築致しまして小銭を稼ぐって仕組みであります。

基本的に開業資金や加盟金や入会金などの費用は発生しませんから、誰でも直ぐに始められますし手軽だって事で、副業として始める人が結構いるらしいのですが、一ヶ月に1万円以上の収入をコンスタントに稼ぎ出せるようになるには、千人に一人くらいの運の良さを持ち合わせているか、ホームページやブログに一日100人以上来場者が来るようになるまで頑張れるかどちらかで、どっちも結構難しいと思いますよ。

でそこに登場するのが、各所に出現するいわいる悪徳業者の類なのですよね。

その集客力の高いホームページ作成を代行しますとか、検索エンジンの順位を上位にするサービスだとか、もっと手の込んだものも有るようですが、冷静に考えればそーゆー能力や技術を持ち合わせているのでしたら、何も他人の世話を焼かなくても自分でアフィリエイトでもドロップショッピングでも始めたほうが、手っ取り早く確実に稼げるじゃないですかねぇ。

ともかく副業で何とか生活費の足しにしようって考える人が増えて参りますと、そーゆー人を狙って良からぬ業者ですとか人々が色々出てきますので、副業で稼ぐどころか損しちゃう人だって沢山出ていますので、注意しましょうね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 内職の仕事
  2. 在宅ワーカーの地位向上
  3. 寝ていて儲かる
  4. 翻訳の仕事
  5. 内職商法と詐欺
  6. 自宅でホームページ作成
  7. 高収入の内職
  8. ハローワークと内職
  9. 正社員の副業(アルバイト)
  10. ステンドグラス考
  11. 不景気と内職の関係
  12. 内職募集の適正報酬について
  13. 在宅ワークでホームページ作成
  14. 減少する内職の仕事と斡旋所
  15. 手作業の内職と報酬の不思議
  16. 在宅ワークの募集広告
  17. パソコンを使った在宅ワーク
  18. 内職の適正報酬相場について
  19. ダブルワークとトリプルワーク
  20. ドロップショッピングと副業
  21. 針仕事の内職
  22. 不労所得とFX取引
  23. 副業アルバイトと税金の問題
  24. 在宅ワークの将来
  25. 収入ダウン(給与カット)対策
  26. 内職の仕事は中国へ行ってしまった?
  27. 副業とワーキングプア
  28. 日銭商売・現金収入
  29. 内職と下請法
  30. 内職とパソコンを使う仕事
  31. 半田付け

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る