スポンサードリンク

内職の仕事
その昔から傘張りとか有ったようですけど、基本的に特殊技術や専門的な能力を持っていない限りは、かなりの低賃金を覚悟しなければならないので有りますし、雇用関係は発生しませんから法律による保護も手薄なのです。

在宅ワーカーの地位向上
といっても音頭をとる団体もリーダーも不在ですから地位の向上と言っても在宅ワーカーさんが個別に発注元企業と交渉するなり致しまして地位向上を目指すしか今のところ方法は無いのですよね。

寝ていて儲かる
まあそんな話が有ったら、私なら誰にも言いませんけど、そーゆー話を探している人がいて、そうすると自然出でてくるのが騙したやろうと考える頭の回る人間でしてこれは今に始まったことではないのです。

翻訳の仕事
外国語能力以外に日本語の表現力も重要で有りまして、日本語の表現方法次第では傑作でも何時の間にか駄作になってしまったり致しますので、翻訳者の力量が作品に与える影響は大きいのです。

内職商法と詐欺
不景気になるとね、内職の仕事は減るのですが逆に募集が増えちゃったりするのですが、いくら仕事が欲しいとか稼ぎたいとか副業でお小遣いを稼ぎたいからと言って冷静に慎重に仕事は選ばないと損をしたりするのです。

自宅でホームページ作成
未だにこれを希望する人が少なく無いようですが、はっきり言って作成業者は沢山有りますし、単価は随分と下がっていますし、お客の要求は高くなってきていますので結構大変な仕事だと思います。

高収入の内職
そりゃまあパートでもアルバイトでも正社員でも楽で高収入で責任がないってのが理想ですが現実は甘くはないのですね、つまりローリスクでローリターンかハイリスクでハイリターンか、悪徳商法に引っかかるとハイリスクでノーリターンって感じになってしまいまして、労多くして益全く無しの踏んだり蹴ったり状態になってしまうのです。

ハローワークと内職
個人的に思うのですが内職の仕事情報こそハローワークが提供しないと、内職商法みたいなのは無くならないと思いませんか?一応最近ではそんな動きが出てきていますが、求人の文面はチェックできても実際の仕事内容や実情までのチェックは不可能ですから、自分で発注元には色々ときちんと確認をして、書面を取り交わしましょうね。

正社員の副業(アルバイト)
終身雇用とか年功序列が普通だった頃は副業禁止が普通でしたが解禁が始まって、副業市場も競争が激しくなってしまうのでは無いでしょうか?つまり正社員として本業を持っている人のほうが身元がしっかりしていてスキルも高い何て事になりますと、フリーターさんはもっと仕事探しが大変になってしまうのでは無いでしょうか?

ステンドグラス考
日本には確かオランダから伝わったガラス工芸だったと思いますが、内職でこいつを作るってのが有るようですね、最近は余り聞きませんがこのステンドグラスを内職で作成する仕事の募集を結構目にしましたが、最近でもまだ有るのでしょうかね?。

不景気と内職の関係
過去最大級の不景気が日本にやって参りまして、派遣切りだとか賃金カットだとかにスポットライトが当たっていますが、内職の世界にもしわ寄せが大きく来るので有りまして、こーゆー所にも光を当てるべきなのです。

内職募集の適正報酬について
勿論、出来るだけコストを低く抑えて利益を確保したり、競争力を維持する事は企業として当然の行為ではありますが、内職募集の賃金は余りに安いのでは無いでしょうか?

在宅ワークでホームページ作成
自宅でパソコンに向かって作業してそれなりの収入を得られるとしたら、それはまあ魅力的な働き方なのですが、そう簡単にその手の仕事が転がっている訳ではないって事を良く肝に銘じて下さいね。

減少する内職の仕事と斡旋所
元々西暦二千年に入ってから製造業の海外進出とか、機械化の更なる進歩とか内職の仕事自体が減少気味だったところに、世界的な大不況で一気に消費が落ち込んでしまいましたので、壊滅的に近いほどの落ち込みを見せたところもあるようですね。

手作業の内職と報酬の不思議
普通に考えれば余程の特殊技術を持っていない限り自宅で誰でも出来る簡単な手作業の内職であれば、時給に換算して500円を超える事は滅多にあり得ないばかりか、その何分の一の報酬になってしまう事が普通の世界なので有りまして、夢は見ないように致しませんと、悪質な内職商法を展開する悪徳業者に引っかかってしまうのです。

在宅ワークの募集広告
一部の特殊な事情がある場合を除いて、自宅で家事の合間や余暇を使って一日数時間働くだけで簡単に何万円もの収入になる楽な仕事がこの世に存在する訳はありませんし、そんな仕事でしたら直ぐにやりたい人が集まって、しかも止めませんから募集広告が何時も出ている訳はないと思うのですが、応募する人が居るってのが信じられないのです。

パソコンを使った在宅ワーク
先ず少々厳しい事を書きますと今から20年前だったら自宅にパソコンがあって、それを使いこなせるって人はとても高い能力を持っていて、高い報酬を受け取る事が出来たのですが、最近はごく普通の人が使えるようになって参りましたので、楽で高収入の在宅ワークは難しくなって居るのでは無いでしょうか?

内職の適正報酬相場について
労働や雇用関係の法律は範囲外ですし下請法も中々適用できないのが内職や在宅ワークの仕事ですから時として不当に安すぎる賃金ですとか詐欺まがいの内職商法が減らないので有りまして、方の光を当てる必要があるのでは無いでしょうか?

ダブルワークとトリプルワーク
何処でどうやって舵取りを間違えてしまったのか、正社員として働いていてもダブルワークを真剣に考えないと生活が破綻してしまう人が増えて来ているようですし、非正規社員の方の中にはトリプルワークって感じで三箇所の職場を掛け持ちしないと生活が維持できないような場合も出ているのでありまして、果たして他国を援助できるような状態なのでしょうかね?

ドロップショッピングと副業
触れ込みはアフィリエイトに代る新たなインターネットでの副業って事らしいのですけど、アメリカで大流行っていう割にそれほど普及しているようには思えませんし、個人的には深く浸透するような仕組みではないと思うのです。

針仕事の内職
針仕事と言えば昭和の時代までは日本のお母さんの正しい内職、今で言うと在宅ワークの王道だったのですが、気が付いてみれば王道どころか、その手の仕事は激減して何時の間にか忘れ去られようとしていますよね。

不労所得とFX取引
別名としてあぶく銭とか言っても過言じゃないと思いますが、倫理的に分かっていても楽してお金が入ってくる状態に憧れている人は多くて、その気持ちを利用して現金を巻き上げようと企む業者もまた多いわけですよね。

副業アルバイトと税金の問題
税金の事ってもっと分かりやすく簡素化できるような気がするのですが、まぁあまり税金に関心を持たれると無駄使いに対する批判の声が大きくなるから困るなんて事は無いでしょうけど、複雑で分かり難いのですよね。

在宅ワークの将来
なにせ日本の将来に明るさが見えないのですから、在宅ワーカーに中々明るさを見出す事が出来ませんよね。

収入ダウン(給与カット)対策
企業及びその経営陣にとっても基本的には従業員の給与を下げて固定費を下げるって事を行いますと、どーしても従業員のモチベーションが一気に下がりますので出来れば業績好調で昇給したい所なのでしょうけど、こうも景気が悪いと人件費に手を付けて苦境を乗り切るしか無いって場合、つまり背に腹は代えられないのでありまして、今回のコラムではそんな収入ダウン(給与カット)への対応について書いて見ようと思います。

内職の仕事は中国へ行ってしまった?
Xさんのお宅に遊びにいきますといつも部屋の隅には内職の仕事が定位置に鎮座していまして、外に出て働けない奥様が空き時間を見つけて内職作業にいそしんでいたようなのですが、ある日のこと遊びにいきますと綺麗さっぱり置いて有った材料が無くなっていたのでありまして、事情を聞きますとなんでも加工の仕事がそっくり中国へ移ってしまったそうなので有りまして、元締さんも廃業で仕事は無くなってしまったそうなので有ります。

副業とワーキングプア
ワーキングプアとか副業とかダブルワークとかいった言葉が有りますが、私が思うに一つの収入源から得る収入で生計が成り立っているにも関わらず、別に仕事をして副収入を得るのが単なる昔から有る副業で、一箇所の収入だけでは生活を維持するのがやっとの状態でもう一つ別に収入源を得る行動をダブルワークとイメージしてます。

日銭商売・現金収入
こうも景気が悪くなってきて知り合いの会社が気がついたら倒産していてなくなっていたなんて事が有りましたら、いくら売上が一応は上がっていて帳簿上は黒字になる計算でも入金予定日にちゃんと銀行口座の入金が確認できないと安心出来ないなんて経営者の方ですとか経理担当者の方は少なくないのではないでしょうかね?

内職と下請法
日本国内では不景気の煽りですとか工場の海外移転ですとか、安い製品の海外からの流入ですとか様々な要素によって内職の仕事は激減しているようですし、仕事が有っても工賃の低下とか仕事量の激減ですとか厳しい状況になっていると思います。

内職とパソコンを使う仕事
いまではすっかり影を潜めてしまいましたが家庭にパソコンが普及しだしまして、インターネットが普及しだした今から10年ほど前には少しパソコンの知識が有る主婦の方を中心に、内職代わりに自分でネットショップを始めて、手芸品や趣味の品々を販売するブームが有りまして、その手の本も沢山出回っていましたし、そんな方々をターゲットにした業者も沢山有ったと思います。

半田付け
私の存じ上げている会社の中に自動で半田付けを行う設備を製造している会社が御座いますが、それを見て思った事に昔は内職の一つとして自宅で電気製品の半田付けを行っている人が多かったけど、最近あまり目にしないと思ったらこんな機械で工場内で半田付け作業を行ってしまうようになっているのですね?

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る