分譲マンションの管理費について考える

最近になって問題が各地で噴出している感じですが、築後30年ほど経過したマンションで老朽化が進んでしまって大規模な改修工事をするなり、建替えないと非常に危険だし空き家も増えてしまって既にスラム化が進んでいるけど、管理費は毎月の修繕に充てるのがやっとで積立金も殆ど無く、大規模改修もままならないし建て替えも非常に難しいって感じのマンションがどんどん増えているようですよね。

で今回のコラムのテーマは分譲マンションの管理費についてなのですが、例えばマンションを築後30年で建替えると仮定して建て替え費用を積立金で賄うとしましたら、土地の購入が不要ですから1500万円建て替え費用がかかると仮定して1500万円÷30年=年間5万円になりますが実際は建て替えとなると一世帯あたりもっとかかると思いますし、これにエレベータの保守やら色々かかってしまいますので、毎月の管理費は月に2万円は必要なのでは無いでしょうかね?(マンションの規模にもよりますが管理人さんが常駐するような場合ですともっと必要では無いでしょうか?)

本来は適切な管理費で修繕や積み立てを行っていればマンションの資産価値の低下も少なく、結局は得なのは間違いないと言えばその通りなのですが、管理費が余りに高いと新築のマンションが売れ残ってしまうそうですし、管理費には興味が無くて安い方が良いって考える人が多いのも事実ですからね。

ただ思うに今のような状態を放置しておきますと日本中に朽ち果ててスラム化したマンションや崩壊マンションが次々出てくる結果になってしまいますから、管理費とは別に30年ごとに建替えるって前提で積立金を管理費とは別に徴収する仕組みを強制的に法律でも作って徹底しまいませんと、近い将来においてマンションは徹底的に売れなくなってしまうのでは無いでしょうかね?

まぁこの辺りは一戸建てでしたら全く個人の判断でどう不動産物件を処分しようと自由なのですが、マンションは一つの大きな建物を共同で購入して住まいにするって事で有りまして、どうも販売するほうも購入する側も、一戸建てを購入するのと同じような感覚で売買してしまっているって所は無いでしょうかね?

マンション販売業者も施工する業者も売ってしまえば問題が出てきても何十年後って事が有って本腰を入れないのでしょうが、そろそろマンションの管理費ですとか積立金も深く考える必要が有るのでは無いでしょうかね?