スポンサードリンク

老化は足から

足ってのは誰が言い出したのか第二の心臓とも言われるらしく、足腰が弱ると老化が進んでしまうってのは本当のようで、幾らアンチエイジングに精を出して顔の皺を伸ばして、各種機能性食品を口にしていても足腰が弱ってしまって自分の足で自由に動き回れなくなりますと、もうどんなアンチエイジング対策を講じようと、八幡様にお祈りに行こうとお稲荷さんに願をかけようと一気に老化が進んでしますと言われておりまして、しょーもないアンチエイジングに精を出すのでしたら、毎日散歩するとか休みの日には自転車で遠出してみるとか兎に角、足腰を衰えないように気をつけて鍛えていたほうが余程、効果的なアンチエイジング対策になるでしょうね?

多分、歩くって事は誰でも簡単にできる初歩的な運動で、歩けば全身の血の巡りが良くなって新陳代謝が活発になって老廃物の排出が促進されるって所でしょうかね?

それと車や公共機関を使わないで歩きますと、交通費が節約出来るのでありまして当然の事ながらその分のお金も貯金できてしまうって一石二鳥のアンチエイジング対策なのでありまして、お金が貯まればストレスだってきっと減るでしょうからね?

ですからね、例えば電車とかバスなどの公共交通機関では先を争って空いている席に座るなんて行為は、その場では確かに座っていたほうが楽かも知れませんが、逆に吊革につかまって踵をを少し浮かせて足を鍛えるとか、つり革へ体重をかけないようにして、バランスをとるように心がけるとかした方が、結局は自分の為になるのですよね?

一説によりますと都会の人と地方の人では圧倒的に都会に住んでいる人のほうが歩く距離が長いのだそうで、地方の方は直ぐに車を使ってしまうってのを聞いています・・・でここで少し気になったので都道府県別の寿命を調べてみたのですが、長いのが長野・福井・沖縄と言った冬の間は積雪が深かったり公共の交通機関よりも車での移動が多い地域のようで、少し分からなくなってしまいましたが、まあ気にしないでどんどん歩くように致しましょうね?

追伸
私が年をとりまして歩くのがきつくなってきた時に、セニアカーの類を利用するかどうかってのは悩みますよね、そーゆー乗り物を便利に使えば楽ですし行動範囲も広がるかとは思いますが、逆に歩かなくなると老化が一気に進んでしまうような気がするので有りまして、私の場合は歩行器にでもしましょうかね?

なにせご長寿の方は皆さん足腰が丈夫な人ばかりのようですからね?

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る