スポンサードリンク

ウラシマ効果と玉手箱

さて元よい子の皆さんは浦島太郎の絵本を読んで貰っていると思いますが、知らない人の為に童話、浦島太郎の粗筋を簡単に書いておきますと、浜辺を歩いていた浦島太郎が近所の悪ガキに虐められていた亀を発見して、いじめは犯罪だぞって事で助けてやりまして、お礼に竜宮城に連れて行って貰います、で浦島太郎は飲めや歌えの楽しい時間を過ごしておりましたが、ある日里心がついて家に帰して貰いますと、すっかり知らない光景になっていて、帰りにお土産に貰った玉手箱を開けますと、中から白い煙が出てきましていきなり浦島太郎はお爺さんになって息絶えてしまうってお話でしたね。

※アンチエイジング対策用に絶対に開けてはいけない玉手箱を販売してついでに玉手箱を誰かが開けないように厳重保管サービスでも始めれば顧客殺到しそうですが残念ながら玉手箱の製造方法が未だに開発されていないようですね?

思うに竜宮城の乙姫さんは途中で里心がついて帰るって言い出した浦島太郎が余程気に障ったのか、焼き餅を焼いたのか知りませんが開ければ老人になってしまう玉手箱をお爺さんに持たせて実は、元の海岸とは全く違う場所にお爺さんに置き去りにしたのかもしれないなって個人的には推測しているのですが、まあかなり時が経っていますので、その辺の真相究明は無理ですのでさっさと忘れまして、アンチエイジングに関連してウラシマ効果ってやつについて書いて見ようと思います。

ではそのウラシマ効果とは、何でもアインシュタイン曰く光速で宇宙空間を移動すると時間が止まってしまうのだそうで、宇宙飛行士が長い間宇宙空間を飛行して地球に帰ってくると、浦島太郎状態になってしまうって事らしいのですが、時間が止まってもちゃんと動き回れるのかはめていたクォーツ式の腕時計の表示は止まってしまうのか謎が多いのですが、兎に角そーゆーのがウラシマ効果って言うのだそうです。

※一説によると浦島太郎は宇宙人に拉致されたって話が御座いましてこの間、東京12チャンネルの新説ミステリーかなにかでやっていたような気がしますが。

って事はですね、もし光速で移動できる宇宙船が開発されまして、大金を積めば乗れるのであれば究極の確実杏里エイジングになるのでは無いのかなって思うのでして、なにせ時間が止まってしまって年を取らないのですからこれ以上のアンチエイジングは無いのですが、とはいえ若い自分を見せるにも同級生は年取ってしまっていますし、若いだろって胸を張っても仲間はずれにされてしまうだけのような気がしてしまうので有ります。

毎度の事ながら支離滅裂の文章にて申し訳ありません。

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る