スポンサードリンク

タマネギ

過去に何度か健康に有効って事で話題になったタマネギについて今回は書いて見ようと思いますが、どうもタマネギ健康法?は八百屋さん関係者以外は儲りませんし、そもそもブームになろうとなるまいと、毎日日本人の食卓には高い確率で出ている食材ですので、健康・アンチエイジング業界が販売促進に努めるって事は無いようですが、想像するにタマネギって野菜はイチロー並みの実力を持っているような気が致しますね。

調べによりますとタマネギを摂取致しますと悪玉コレステロールを減らして血液の粘度を下げてサラサラにして動脈硬化を防ぐって感じで働くとの事ですが、タマネギの偉いのは苦労したり無理しなくてもタマネギの摂取は簡単にできるのでありまして、逆にタマネギを排除して料理をするほうが難しいのですよね、しかも値段も安く安定していますしね。

何せ、ご存じの通りタマネギは煮ても焼いても油で揚げても、生でも美味しく食べられるので有りまして、しかも皮を剥くだけで水で洗う必要も無いので有りまして素晴らしいので有りますが、調理の際に出てくる刺激臭によって、涙が出てしまうのだけが欠点ですかね。

ただまあタマネギを調理する際の刺激臭による涙は冷やすとか水にさらすとか、レンジでチンするとか、水中眼鏡を着用するとか自動調理器(スライサー)の類を利用して調理するとか各種対応方法が有りますので大丈夫です。

※犬や猫などのペットにタマネギを与えますと健康に重大な被害を与えてしまいますので、欲しそうにしても与えていけません。

タマネギについてもう少し書きますと、タマネギが嫌いって人は随分といるようで、偏食って言いますか好き嫌いの多い食材でも有りまして、アンチエイジング絡みで書きますと、どうせなら子供の頃からタマネギが大好きな状態にあったほうが望ましいわけですから、自分の子供がタマネギが嫌いで口にしないようであれば、お母さんは料理を工夫すべきでしょうね。

例えば、カレーとかシチューの類であれば、ゆっくり時間をかけて煮込みますと、そのうちにタマネギが入ってるんだか、いないんだか分からなくなっちゃいますから、その辺りから徐々に慣らしていくってのはどうでしょうかね?

追伸
個人的にはアンチエイジングの基本の一つはやはり食生活だと思うのですよ、ですからタマネギ嫌いでアンチエイジングに精を出す何てことはもってのほかでありまして、先ずはタマネギ嫌いを直すって所がアンチエイジングの第一歩なのでは無いでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る