スポンサードリンク

老眼対策

ブログの文字が小さくて読み難いなって感じた事有りませんか?本文を書いている私も40歳を過ぎた頃から小さい文字が読みにくくなってきまして、眼科で診断を受けたところ、立派な老眼の始まりなのだそうで殆どの日本人は40歳を過ぎた頃から老眼が顕著に出てくるそうで有りまして、アンチエイジングを徹底的に行って見た目はどう見ても30代でも、小さい文字を読む時にはポケットから老眼鏡を出してなんて光景では笑ってしまいますね。

※一応?遠近両用になりますが老眼用のコンタクトレンズも販売されておりますが、コンタクト経験のない人が老眼の症状が出てきてから急にコンタクトレンズを着用するのは少々無理がありますよね。

まあ別の所でも書きましたが、アンチエイジング業界?の勢力拡大でロマンスグレーが絶滅危惧種になってしまっていますので、老眼鏡が似合う人を目指す人はいないと思いますし、老眼が進みますと視野まで狭くなってしまうなど日常生活に支障が出ちゃったり致しますので、そろそろ今回の今回のコラムの本題であります老眼対策について書こうと思います。

さてその老眼の原因と言いますか仕組みですが、何でも物を見る眼球の中に丁度、レンズの役目をする水晶体なる弾力性のある物質が御座いまして、こいつが厚くなったり薄くなったりする事によってピントを合わせている、まあ分かり易く言いますとオートフォーカスのような仕組みなのですが、この水晶体が加齢によって堅くなってきまして、特に近いところに対するピントを合わせにくくなった状態が老眼だそうですね。

で老眼対策なのですが一時期、目の健康にはブルーベリーが良いよなんて話が有りましたが、眼科でそーゆー話は出てきませんでしたので、差し障りのない範囲で書きますと同じ距離に視線を合わせて長時間ってのはいけないらしくて、長時間連続で画面を見るとか本を読んだり致しますと、目も疲れますし眼球の中の水晶体も同じ形で長時間固定されていますと、固着?しちゃいますので時々遠くの緑を見るとか目を瞑って冷やすとかの対策が必要なようです。

後は最近になって老眼対してもレーシック治療のような外科手術で老眼対策も出てきているようですが、こちらに関しては現時点ではまだまだ事例が少ないようなので、今回はコメントを差し控えさせて頂こうともいます。

追伸
最近になって大手の新聞社から新聞の文字を大きくしたりしていますが、あれによって老眼の発見が遅れるような気が致しますが、私自身はもう文字が小さいとよく見えないので有ります。

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る