スポンサードリンク

ロマンスグレー

ロマンスグレーとは素敵に年をとった初老の男性を指す言葉ですが、どうもアンチエイジングが広まって来たからなのか、カツラと化粧の技術が高くなってきたからなのか、ロマンスグレーって言葉が余り使われなくなった気もしますし、実際にあの人はロマンスグレーって言葉がぴったり来る人だって初老の男性が少なくなって来たような気がしませんか?

※ロマンスグレーの語源をちょっと調べてみた所、飯沢匡って人が書いた”ロマンスグレー”って小説だそうですが、本体の小説のほうを知っている人は殆どいないのに、ロマンスグレーって言葉だけはしっかり世間に浸透しましたね。

まあそれもそのはずで、ロマンスグレーを名乗る?資格は髪の毛に白い物、つまり白髪が適度に交ざった状態で全体に灰色(グレー)に見えませんと、資格が無いのでして各種白髪染めの発達した今は白髪交じりで外を歩いてなおかつ素敵な人ってのは先ず存在しませんからね?

消えたロマンスグレーと言いますかテレビに出てくるタレントさんなどを見ていますと若い頃にテレビに出るようになって、30歳から40歳位からは年をとらなくなってきて実際には60歳を超えている筈なのに画面に映る容姿は40歳位の頃のままなんてタレントさんが非常に多いのでありまして、この人は年をとらないのか?って錯覚してしまうような人が随分いらっしゃいますね。

気が付いた範囲で書きますと、男性ではタモリさんとか女性では吉永小百合さん辺りは本当に年をとらないですよね・・・。

で芸能人に限った事ではないのですが、アンチエイジングの普及によって上手に年を取れる人が減ってきたような気がしますし、知り合いの話ですが髪の毛は黒々として何時も若いなって思って居たところ、しばらく会わないで一年ぶりに再会したら今まで、何をやっていたのか見かけ上の加齢を隠していた分が一気に表に出てきて、急に老人になってしまう人が増えているようで中年から一気に老人になってしまって、中間のロマンスグレーな人が減っているのでは無いでしょうかね?

※素敵な初老の男性を表す言葉としてロマンスグレーって言葉が存在するのだと思うのですが、女性に対して使える同様の適当な言葉が見つからないのです。

追伸
ロマンスのかけらもない、白髪頭のおっさんは、地域によっては随分と見かける事が出来るようですが、この場合は別の意味でロマンスグレーの対極に存在するおっさんですから、また色々と違うのであります。

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る