スポンサードリンク

地図探しと老眼対策

地図ってのは場所を探したり確認する為に存在するのですが本日は地図そのものを探した一日なのです。

老眼が始まってきたお陰で今使っている道路地図では小さい文字が見えなくなってきたので、古くから使っていてそれなりに愛着もあった地図なのですが、新しい地図を探してみました。

所が結局、気に入った?使えそうな道路地図が見つからないのであります。

詳細な地図では広域の部分が広域過ぎて中距離の移動にはルートが策定し難そうでして、広域部分が使えそうであっても、今度は詳細がせいぜい町の丁目位までの表示しかなくて目的の訪問先をピックアップする事ができないって感じですね。

最近では携帯電話の位置情報を利用した、ナビゲーションシステムってのも出ていますが、なにせ携帯電話に届いたメールの文字を読むにも虫眼鏡を使っている状態なのでして、これも使えそうに無いですね?

それでもまあ、何とかしませんと仕事に支障が出てしまいますのでどこかで妥協する必要が有るのでしょうが、結局は事務所内で虫眼鏡を使いつつ事前に下調べしておきませんと、無駄に道に迷って時間をロスしてしまいますので、少々面倒でも翌日の行動予定を見つつ、訪問先までの道順をチェックするような習慣がだいぶ定着してきました。

まぁルート営業の方では見知らぬ場所に出かけていく機会は少ないでしょうが、なにせそれなりに入ってくる新規のかたへ対応していますと、どうしても月に10件くらいは初めての訪問先ってのが出てくるので有りまして、しっかりした地図を持ち歩くなり事前に場所を確認しておくなり致しませんと、道に迷って歩き回るなんてのは時間を無駄にしてなおかつ余計な体力を消耗して、遅刻でも使用ものなら信用まで失ってしまう最悪の結果になってしまいますからね。

そんなわけで道に迷わないための工夫とちょっとした作業が重要なので有りますね。

追伸
もしかしたら老眼鏡又は大きな虫眼鏡でも持ち歩けば事は解決するのかもしれませんが、流石に40代で老眼鏡をかけるのは抵抗が有りますし、大きな虫眼鏡は嵩張りますので持ち歩きには少々躊躇してしまいますね。

まぁ日本も高齢社会で老人大国になりますからそのうちに地図のほうも老眼の人がとっても見やすい画期的な地図が出てくるとは思いますけどね。

ただまぁどうあがいても加齢による衰えは色々なところに出てくるので有りまして、そろそろ諦めて開き直る時期なのかもしれないですね。

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る