スポンサードリンク

目元(目尻)の皺と対策

男の顔は履歴書で40才を過ぎたら自分の顔に責任を持てとか、女の顔は請求書なんて良く分からない諺だか言い伝えが有りますが、その人の顔を見ると何だか今までの人生を垣間見ることが出来るような気がするのでありまして、同じ皺でも苦労して人生を切り開いてきた証として顔に刻み込まれた良い皺も有りますし、単に人生疲れきっているなって感じてしまう人もいるので有りますが、ミック・ジャガーを別に致しましてやっぱり顔に皺が多いと年をとって見られるのでありますが、どうも目尻とか目元が一番目立つような気がするのでありまして今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

さて話は少々変わりますが小さい頃に人と話をする時には相手の目を見て話しなさいって言われた記憶が有りますけど、確かどこかで見た記事では相手の目を見て話すのは少数派で日本意外の国では胸元だかとにかく相手の目を見て話をするのが普通なのだそうで、確かに相手の目を見て話をするってのは日本人でも徐々に減少中のような気が致します。

しかし、がしかし何だかわかりませんけど一応日本では話をする時には相手の目を見て話すって事になっているのでありますから、やっぱり目元とか目尻の皺は否が応でも目に入ってくるのでありまして、パッと見た感じは随分とお若いようだけど目の周りのシワに年齢を感じてしまったりするのでありますね。

まぁ人間は無意識のうちに何度もまばたきを致しますし笑ったり怒ったり感情の変化はテキメンに目の周りの筋肉を動かしまして、気がついたらシワが刻み込まれていましたよって感じですから、無表情のマネキン人形のように生きていけば目の周りにシワは出来ないのかもしれないですけど、今度は能面みたいな顔になっちゃますし無表情な人ってのは何を考えているか分からに人って事で周りから誰もいなくなってしまいますからね。

そんなわけで、目の周りのマッサージに精を出したり冷やしてみたり化粧品などで保湿に努めてヒアルロン酸だか体によさげな成分を補給してやったりする体をいたわってシワをできにくくする方法とか、面倒な手続きは割愛致しまして美容整形手術で皺をとっちゃう強制的な除去の方法とか、ファンデーションを塗って皮膚呼吸ができなくなるのもなんのその誤魔化しちゃう人とか色々いらっしゃると思います。

杉様がどんな方法で流し目を維持していたのかはわかりませんけど、基本はマッサージと保湿って事になるのでは無いでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る