スポンサードリンク

加齢臭対策は必要?不要?

もちろんエチケットとかマナーってものは正しい日本人として必要なのでは有りますが、度をこして臭いに敏感なのも考えものだと思いますし、そもそも五感と言いまして人は生まれ持って臭いを感じる能力を持っていて、この世は無臭の世界じゃないのですから人固有の臭いが有るのは当たり前ですし臭いってのはある程度慣れてくるものでも有るのですけどね?

私が思うには毎日入浴して綺麗に体を洗っていれば基本的にはなにも加齢臭対策などしなくて良いのではないかと思っていますが、流石に夏場になりますと消臭効果の有る制汗剤を使うことも有りますが、聞くところによりますと制汗剤も使いすぎるのも考えものらしいですね?

これは制汗剤の種類にもよりますが、基本的にはアルコールや薬剤によりまして殺菌作用を働かせて雑菌の繁殖を抑える役割なんだそうですが、人の皮膚上に平和に住んでいる菌も全て殺菌してしまうのだそうで、これもどうかなって思います。

さて確かどこかの国では挨拶の時に相手の匂いを嗅いで相手を確かめたりするのだそうですけど、昔のお爺ちゃんとかお祖母ちゃんにも独特の固有の匂いが存在していたと思いますが、決して嫌な匂いじゃ無かったですし、むしろ懐かしい匂いだったと思うのでありまして、逆に加齢臭が一切しない無臭のお年寄りのほうが変な気がしませんか?

それに若い人が臭いに敏感になりすぎて他人の体臭が少しでも感じるとそれを嫌悪するって世界は何だか差別とかハラスメントに通じる部分が有るような気が致しまして、この辺りは小学生レベルで過剰に体臭に嫌悪感を抱かないように教育した方が良いと思っています。

まぁそもそも加齢臭対策なのでしょうけど女性でも男性でも香水とかオーデコロンの類を過剰に付けて、強烈な臭いを振りまく方がよほど臭いによる暴力だと思いますが、たぶん嗅覚に関しては匂いに慣れてしまう習性が有りまして、いつも付けている香水やオーデコロンの臭いに慣れてしまって、少々付けたくらいでは自分では何も感じなくなっているのでしょうけど、だったら他人の加齢臭だって直ぐに慣れて何も感じなくなってしまうと思うのですけどね?

追伸
そう言えばダウニーだとか洗濯用の柔軟剤の類も香り成分が強いものが最近好まれてきているようで、これも自分の臭いを気にする人が増えたおかげなのでしょうけど、そんな人が増えてしまったら加齢臭は感じなくても、実に様々な人工的な臭いが充満する世界になってしまうのではないでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る