スポンサードリンク

体臭を消す方法

私が小学生時代に四の宮小学校の高橋先生に習った話では、臭いってのは気体状態のものだけに発生致しまして、固体や液体は臭いが無いと言いますかいったん気体になってからじゃないと人間の鼻腔に侵入して臭いとして感じることが出来ないそうです。

ですから完全に自分の体臭を消してしまって他人に感じさせないようにするためには、半魚人になって水中で生活するか、逆に体内の水分を完全になくならせてドライ人間になる方法が御座いますが、お気付きの通りどちらも不可能ですから、つまり完全に体臭を消す方法はこの世に存在しないって事になります。

まぁ宇宙空間で生活するとか完全密閉の防護服でも着て生活するなんて方法もありますけどどれも無りなのですよね?

でね、確かモンゴルだったかな相手を確かめるのに相手の匂いをかぐなんて民族も存在したと思いますけど、何か疾病があって悪臭を発散している以外は毎日入浴して生活な服さえ着ていればそれ以上過敏に自分の体臭を気にする必要は無いと思うのですけど、どうも気にしちゃう人が特に日本人に多いのですよね?

まぁ確か聞いた話では毎日風呂にはいる習慣が無かったヨーロッパのある国では、もう体臭と言うよりも悪臭が酷いので香水とかオーデコロンが発達したって事ですけど、てことはですよ穿ったみかたを致しますと、香水やコロンの匂いを強力に発散させている方々ってのは、よほど体臭が臭いのか風呂にはいる習慣が無いのかって事になちゃうような気がしないでも無いですよね?

だからねまず99%の方は自分で気にするほど他人に体臭を振りまいちゃいないですし、せいぜいちょっと残り香の強いダウニー辺りで洗濯した服を着ているくらいで対策は充分だと思うんですよね?

私が過去に経験した体臭が気になる人ってのはヘビースモーカーだったり何日も洗わない同じ作業着を着ている人だったり、まぁちゃんと理由がはっきりしていてしかも体臭じゃなくて着ている服が原因と推測される場合が多いので有りますが、それ以上に悪臭と呼んでも差支えの無い香水やコロンで屏えきしちゃう人のほうが多いのです。

追伸

最後に思い出しましたけど体臭を消す方法として現実的なものとして南極のような極寒の地に移住するのはどうでしょうかね?

南極じゃなくても真冬のロシア(モスクワ)の屋外でしたらどんなに体臭がきつい人でも絶対に誰にもそれを感じ取らせない環境だと思うのですよね。

ただ体臭問題が解決しても生活の問題が出てくるのが困りものなんですけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る