スポンサードリンク

視力回復

日本人の4割近くが近視でメガネ又はコンタクトレンズを着用している世界有数の近眼国家、メガネ大国で多分、世界一でしょうね。

しかしその割には視 力回復のビジネスが盛り上っていない様に思いませんか、視力回復関係が全く市場に出ていないわけではなく、視力回復関係で目に付くところで並べてみます。

☆視力回復器械・・器械を覗き込んで視力が回復できるらしい

☆視力回復メガネ・・かけていると視力が回復できるらしく、私の見たものは黒い目隠しのようなメガネで小さい丸い穴が等間隔であいていた。

☆視力回復の手術・・手術をして視力を回復させてしまうらしい、健康保険は使えるのでしょうか?

☆健康補助食品の類・・ブルーベリーエキスに代表されます。

☆持っているだけで視力が回復・・・・冗談ですそんなものありません。

最後の冗談はさておき、一応これらの視力回復関連の商品が有るのですが、周りの知り合いでメガネをしなくて良くなった知り合いは一人もいま せん、私の所属する業界はコンピューター関連の人間が多いので当然メガネをかけている人間が圧倒的に多いのですが、一人もいません、育毛のように大々的に 視力回復を宣伝しているのも見たことがないですね。

思うに視力回復ビジネスには街のメガネやさんがもっと積極的に乗り出せば大きく市場が開けると確信しているのですが。

数年前から国内のカツラメーカーは一斉に育毛、ヘアケア市場になだれ込んで来まして、ヘアチェック、育毛は一大産業に成長しましたね。

メガネやさんは、視力回復市場を横目に見て、メガネやコンタクトレンズの売上が減ることを心配しているのかもしれませんが、メガネやさんに やってくる人はすべてメガネを必要としている人しか来ないわけで、メガネを買いに来た人に、メガネを買う前に視力回復コースでも営業すれば相当売上が上が るのではないでしょうか?

メガネ業界が率先して、視力回復関連事業に乗り出せば、この市場も数倍になると思いませんか?

想像ですが一年以内に大手メガネチェーン店が視力回復事業に乗り出すと思いますよ、内部的にはメガネ製造の製造部門や製造会社を抱えていま すので反発もあるかとは思いますがきっと乗り出してくると予想しています。

追伸

レーシックの名称が一般的になってきましたが視力回復が一般的になってきたのですが、なにせ目ですのでなんだか怖い気がするのです が、私と同じ考えの人も多いのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る