スポンサードリンク

部下を上手に指導できない人望がない

管理職になってはみたものの

下っ端から頑張って働いてやっと念願の昇格事例を受け取って、自分にも部下ができて一端の社会人になったと思ったら苦労の連続で、まったく自分は部下に恵まれないなんて感じている人も多いのでは無いでしょうか?

はっきり書きますと部下の能力不足を感じたりする事は構いませんが、上手くいかない原因を部下だと思っている管理者や経営者は成功する事は非常に難しいと思います。

特にですね、私が部下だった時はこうやったとか頑張ったといった類の話は、よほど注意しないと部下のとっては指導でも教育でも何でもなくて、単に上司の自慢話としか聞こえないのです。

ここで誰でも簡単に出来て部下の人望も得られて思うように動いてくれるアプローチの方法をご紹介しましょう。

部下にはまず”お得な話”をする事

管理職に昇格して部下を持つ立場になったのですから、仕事においてちゃんと成果を出してその地位に辿り着いたと思いますが、基本はその自分の体験を元にそれを部下に伝えるという気持ちがとても大切なのです。

その気持を持った上で部下に対しては、安心して私についてくれば出世するまでに必要なスキルは全部教えてあげるからね、言われたとおりに行動すれば絶対大丈夫だからね・・と字に書くと実に簡単な事ですが、いざ自分で部下に対して言えるかとなると簡単では無いのですね。

しかにいたずらに部下に目標を押し付けたり叱責したりしてもついていけない部下を量産してしまうだかで、決して指導者や経営者として成功することは出来ないと思います。

いかに自分の部下はお得な立場だと思わせて、とても小さな成功からでも積み重ねさせて部下の成長を喜ぶという基本的な姿勢や考え方がとても重要なのです。

関連コラム

指導される力の話

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る