スポンサードリンク

どん底状態だと思ったら

喜ぶことは無理だとしても

世の中には様々なタイプの成功者と呼ばれる人がいますが過半数の人は過去にどん底状態を経験しています。

またそんな過去にどん底を経験している人のすべてが全て、あの経験をしたから今の成功した自分があるんだと口を揃えて言っているのをご存知でしょうか?

成功するには意識の書き換えが不可欠ですが

全ての成功法則系の書籍もそうですし多くの成功者が気持ちや意識の書き変えが大切で必要だと説いていますが、これがいくらその手の書籍を何百冊読んでも普通の生活をして平凡な毎日を送っていても簡単ではないのですね。

人間の深層心理は現状を変えたくないという強い思いが働いていますし、現状の変化に対して元に戻そうとする行動原理が有りこれをホメオタシス効果と呼ばれています。

ですから意図していないどん底状態と言うのは、開き直って考え方や意識を変えるために訪れた自分にとっての特大チャンスであると言えるのです。

どん底になってはじめて感謝できる事に気が付く

実は成功と感謝の気持は切っても切れない仲で感謝しないと成功は決して自分にやって来なかったり、間違って成功してもやがて離れていってしまいます。

どん底状態になってもうこれ以上は落ちようがないと感じた時に、家族がいたり友人が残っていたり、着る服がまだあったりご飯を食べることが出来たり、いままで当たり前だと思っていたことにはじめて感謝できるようになった人は多いのです。

開き直ることも捨てることもやっと出来るようになる

どん底とは文字通りそれ以上に下に行きたくても行けない状態なのですから、もう何も心配する事は無いわけですし、上に向かって進んでいく以外に道はないわけです。

中には自殺を考えてしまう人もいますが慌てなくてもちゃんとあの世には行けますし、これから自分が上に上がっていくというとても楽しい道を歩むことを否定するのは勿体無い事ですから、早まらないでくださいね。

簡単などん底からの脱出方法

まず紙と鉛筆を用意して下さい。

まず紙に今の自分が置かれている現状を書き出して下さい、書き終わったら次に別の新しい紙を用意して今度は自分で信じられて今よりも少しでも良くなっている一ヶ月後の自分の状況を紙に出来るだけ具体的に書いて下さい。

更にもう一枚の紙に自分が感謝できる事をできるだけ沢山書いて下さい。

朝晩の習慣

朝晩には状況が良くなった自分を想像して書いた紙を眺めながらニヤニヤして下さい。

つまり既に自分が良くなった状態を想像して感じてニヤニヤするということです。

何だ下らないなんて声が聞こえてきたような気がしますが、実はこの作業は自分の潜在意識を書き換えてちゃんと正しい方向に脳が考えを巡らせて行動に移せるように命令をする、単純で非常に効果的な作業なのです。

やってみて効果が出なくても一切の損はない事ですので、一ヶ月間取り組んでみてください。

やがてどん底状態だった事を感謝できる日が来ることを信じて下さい。

人によって置かれている状況ですとかどん底の捉え方も違いますし、具体的な行動レベルでの修正や覚悟が人によって違いますが、誰にでも言えるたったひとつの事が有ります。

【このどん底状態をやがて感謝できる日が来る】を信じて行動を変えれば必ずその通りになるということです。

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る