スポンサードリンク

会社に行きたくない人へ

とある会社での話

とある会社にコンサルティングで営業会議にお邪魔した時の話です。

営業マンが6名と管理職の方が出席していた会議で私はある質問をしてみました。

「一年以内に会社に行きたくないと思ったことが2回以上ある人は挙手願います」
結果は全員が手を上げました。

では今日家を出て会社に行く時に遊びに行くときのように嬉しくて仕方がないと思って家を出た人は?
残念ながら手を上げた人はゼロでした。

たぶんこの話を聞いて心が軽くなった人も少しはいらっしゃるのではないかと思いますが、私が企業に出かけてコンサルティングするとか個人向けにコーチングする時に改善する項目の一番はここの部分でも有ります。

がこのコラムは個人的に今日は会社に行きたくないと思っている人に対してですから、まず今日は元気に会社に出かけてもらうための話を書きましょう。

言葉が心を左右する不思議

言霊の魔法についてご存じの方も多いかもしれませんが、自分の口から出した言葉に対して自分の心は勝手に同期してしまうのです、しかも心では全くそんな事なんて思っていなくても。

では早速、会社に行きたくない貴方に実験に参加してもらうことにしましょう。

例えばすごく嫌な上司が居てその上司は今日も私を叱責する事が予想されるし顔も見たくないので今日は会社に行きたくないとしましょうか?(仮に鈴木課長とします)

「鈴木課長は良い人です、私は鈴木課長のお陰でどんどん成長しています!」

これを100回、声に出して言ってみてください。

貴方は絶対にそんな事は思っていないし、むしろ逆のことを思っているのでしょうけど、心は口に出した言葉通りの状態になってしまうものですから、50回も口にだして唱える頃にはもう、気持ちはすっかり鈴木課長は良い人で自分が鈴木課長のお陰で成長しているという状態になっている筈です。

嫌いな上司がいるから会社に行きたくないといった理由以外にも、仕事そのものが面白くなくて辛くて苦しい場合なんかですと、口から出す言葉はこんな感じです。

「私は今日一日がんばって働くことで昨日より成長します!」とか
「出来る私はどんなに難しい仕事が有っても全然平気です!」

これをやっぱり100回声に出して言ってみてください。

間違いなく100回言い終わる頃には気持ちが書き換わってしまって会社に行きたくないといった気持ちは消えてしまっている事は間違い有りません。

もう少し深い話を書きます。

私自身の事を書きますと、私は怠け者で劣等感も大きなものを持っていましたし、心が弱い人間ですし、優柔不断ですし・・・といくらでも出てきてしまうのですけど、それでも1999年に自分の会社を立ち上げて今でも元気に営業していますし、昨年から始めたコーチングや企業のコンサルティングの仕事も絶好調です。

「私は豊富な営業ノウハウと経営ノウハウを持っています。」
「私は優れたコーチでありコンサルタントです。」

言霊の力を使うべくこんな事を毎日毎日やっているのですけど、始めに言葉ありきで現実はちゃんと間違いなく付いてくるのです。

言葉に出すことによって心は簡単にスーパーマンに変わりますが、心が変わると今度は行動がそれにふさわしい行動を勝手にしてしまうのです。

現実がどんどん変わってくる不思議

心が豊富なノウハウを持った優れたコーチ、経営コンサルタントに変わってしまえば、不足している知識を集め出しすようになって自然にそれが頭の中に入って自分の知識になってきますし、知識が増えて実戦経験を増やしていくことによって、どんどん言葉通りの人間に成長していってしまったりしているのです。

自分はダメだと口にだすと(心が元々そんな状態ですし)やっぱり行動の方もダメな自分に見合った行動になってしまって、現実もまさにその通りの現実が起きてきます。

逆に心が成功する状態を先取りしてしまえば、自然と行動がそれに見合った行動になって現実も少し遅れてその通りになるのです。

私のコーチングではこんな事も取り入れる事によって、輝く貴方になってもらっているのです。

まずは会社に行きたくない気持ちの貴方がほんとにその気持が変わるのかまず試してみて下さい。

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る