スポンサードリンク

失敗に感謝する

これが身につくまで30年かかりました。

私が社会に出て働くようになってから32年経過していますが、自分が失敗した全てのことに後から感謝出来るようになるまで30年かかりました。

これは思い出したくもないような可能であれば過去に行って未来を変えたくなるような大きな失敗ですとか恥ずかしい思い出なども含めて、あの時に失敗したから同じ失敗を繰り返さないように学んで成長したんだと思えるようになったと言うことです。

失敗に感謝できるようになると思考がポジティブになる

もちろん仕事でも何でも成功するように失敗しないように全力で取り組むわけですけど、それでも失敗してもそれを自分のプラスにしていく事が出来るのですから、何も恐れることはなくなりますし、感謝する事によって同じ失敗は絶対にしなくなるのです。

八方塞がりの状況でも

いくら考えても苦境を切り抜ける方法が考えられないなんて状況に自分が陥ってしまった場合の事を考えてみます。

どんなに苦境と言われる状況でも実はできる事が有りますし、苦しい時ほど周りに気を使う事が自分を助ける事になるのですが、失敗は絶対に嫌だだけの思考では自分を追い詰めてしまったりネガティブな考えが出てきてしまうだけですから、自ら助かる道を塞いでいるに過ぎないわけです。

これが失敗にも必ず感謝出来る日が来るという事が理解できていれば何も恐れることは有りませんし前向きでポジティブな考えをする事ができて、ある意味爽快な気分で取り組むことが出来てしまったりするのです。

ただ実際にその状況に自分がいる時に必ずポジティブな気持ちを持てるほど修行が出来ていませんから、言霊の力を使って自分の気持ちを素早く切り替える行動をとっています。

私は今の状況から学んで更に成長します!

自分の口から出す言葉で心は結構簡単に変化させる事が出来ますので、例えば八方塞がりのようなどうしようもない状況でも”私は必ず今の状況から学んで更に成長します”のようにプラスな言葉を何度も何度も言葉にします。

もしこれを読んでいる貴方が厳しい局面で苦しんでいるのでしたら、騙されたと思って100回ほど言ってみてください。

状況やどれだけ苦しい状況なのかによっても違いますけど、心で全然思っていなくてもとにかく口に出して何度も言っていると100回言い終わる頃には気持ちのほうが口で言っていることと同じ状態に変化してしまうのです。

心が変わると頭と行動が変わりそして現実が変わる

心が自信に満ちてしまうと頭の方もそれに合わせる現実にするために猛烈な勢いで働き出します。

今回の場合でしたら、今の状況から学んで成長するために自分は何をいますべきなのかを考え出しますし、その行動に体の方も動き出してきます。

行動すれば現実も変化してくるのですが、普段眠っている脳の97%のほんの少しでも動き出してしまえば想像も出来ないような力を発揮して、本当に現実も追いつくような行動ができるようになって、気がつけば失敗から学んで成長した自分がそこにいるみたいな状況が現れるのです。

つまりこんな流れを自分の中でつくれるようになってしまえば、失敗に心から感謝出来るようになるのです。

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る