スポンサードリンク

工務店の集客、新規顧客開拓

とある事例をご紹介します。

今の状態はその人の思考(考えていること)の結果である、この話が信じられない人は多いと思いますが、それは事実なんです。

具体的に過去お手伝いさせて頂いた工務店さんの事で書きますが、集客や新規顧客開拓に限らず経営でも人間関係の問題でも業種業態に関わらず、全て根っこは同じというのは、その人の思考が原因で結果として現れているという事実が根底に有ります。

その工務店さんは受注棟数の減少に強い危機感を持っていらっしゃいましたので、あちこちの集客セミナーに参加したり、インターネットで情報を集めたり色々と現状を打開する方法を探しては実践していたのです。

某コンサルタントの言う通りにお金をかけてキレイで立派なホームページを作って、ブログやフェイスブックに情報を書き込みをしました。

またとある情報で現場での営業活動をやってみたり現場見学会を積極的に行ったりも致しました。

実際、それらの努力によって受注につながった事も有りましたし、なにもしないで現状のままよりも業績は向上したのでしょうが、コンサルタントの先生や成功事例に見るような大盛況みたいな、成功にたどり着くことは出来なかったようです。

そんな時に私は知り合いの社長の紹介で工務店の社長と知り合うことになるのですが、初対面で私が感じたことは「これは方法とか行動とか実践の前にメンタル面を変えないとダメだなと感じました」

儲かっていて経営が順調に推移している会社の社長は顔を見ればすぐに分かるのでありまして、顔にツヤがあって自信に溢れていてととにかく第一印象ですぐに分かるように、儲かっていない社長の顔には不景気の化身みたいなオーラが出ているんですよ。

普通は先ず現実的な経営状態を改善すると社長の表情も変わってくるといった順序で考えるのですけど、この方法は成功率が非常に低くて更に時間(期間)も長い期間が必要になってしまうのです。

ですから方法論や実践と同時に外見力や潜在意識の改革を同時並行で進めると業績アップの成功率が何倍にも高くなりますので、こっちもアドバイスをしています。

話を儲かっていなかった工務店さんに戻します。

顔にツヤと笑顔を常に絶やさないようにして、潜在意識の書き換えを徹底して行いました。

此処から先は信じられない人も多いと思いますが、潜在意識を書き換えて自分の脳を味方につけてしまうと、もう失敗は無くなってしまいます。

今まで目の前にあっても気が付かなかった商売のヒントはどんどん気が付くようになりますし、気持ちの方は売れていて儲かっている工務店の社長になっていますから、それにふさわしい行動や考え方になって、勝手に売上は付いてきたのです。

信じられないと思いますが本当の話です。

その秘密を次のページで解説させて頂きます。

成功できないただひとつの理由

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る