スポンサードリンク

儲からない原因

世の中実はシンプル

経済学ですとか経営学などを持ち出すよりもシンプルに考えたほうがシンプルに解決策も出てきます。

儲からない原因というのは”売っている商品が悪い”か”売り方が悪い”か”無駄なお金を使っている”かの3つのどれかが悪いしか無いわけです。

売上が悪いでしたら販売商品と販売方法を見直すしか無いのですね。

ここで多くの経営者が間違ってしまうのは3つを見直すことをしないで、とにかく頑張ってしまう、社員にはっぱをかけるみたいな方向に走ってしまうわけです。

ですから儲からないとか、このままでは会社が倒産してしまうような状況であれば、経営者がやることは3つのどれに原因があるのかを見なおすしかないのです。

勿論、飲食店のように立地場所に売上が左右されるような場合も有りますが、それもニーズがない場所で商売をしている訳ですから売っている商品が悪いという事にもなります。

売っている商品が悪い

まず一番大切なのはニーズつまり需要です。

幾ら素晴らしい商品や製品、サービスを提供していたとしても、そもそもニーズが無い限りは、どんなに販売努力をしようとも売れないわけです。

需要がないのでしたら別の物を売る事を早く考えなくてはいけませんし、需要があるのでしたら、製品やサービスに改良の余地を見つけて改良してみます。

ここで気をつけなくてはいけないのは、売れないのを商品が悪いからだと決めつけてしまうことです。

何故ならば大概の商品は消費者が実際に買って試してみないと、良いのか悪いのか分からない訳ですし、市場で一番売れているものが一番品質が良いものだとは限らないからです。

また粗悪な商品やサービスを販売しているいわゆる悪徳業者やグレーな販売会社ほど、自分で品質が劣る物を販売している自覚があるから、一生懸命考えて売る工夫をしていますが、良い物を売っている人はそっちの努力が足りない場合が多いのです。

売り方が悪い

もっと売れるためのアイデアというのは安売りでは無い事を頭では分かっていても、ついつい安売りに走ってしまうとか、キャンペーン販売で実質的に安売りになっているですとか、結構多くないですか?

実は大きく販売方法を見直す前に、細かい細かいところでの改良点がたくさんある場合も少なく有りません。

店内が汚れていたり、営業マンが持ち歩く資料が3年前に作ったままそのままだったり、磨かれていない靴で客先を訪問していたり、電話対応に元気が無かったりとか売上が悪い会社というのは、こういった細かい改善点が沢山あるものなのです。

そういった基本的な部分をそのままにして、抜本的大胆な改革とか始めて失敗してしまう例は非常に多いのです。

そういった基本的な部分を改良しつつ、今の販売方法に改良点がないのか考える事が必要です。

無駄な出費が多い

こちらに関しては経費を丹念に見直していくというやり方と、先にこの経費を30%カットするとか削減額を決めてしまって、現実を決定事項に合わせてしまうという2つの方法がありますが、先ずは今の経費から見直すのが良いでしょう。

儲かっていないという事は必ず問題点が存在する

何も問題や悪い部分が無いのであれば儲からないなんて事はあり得ませんよね?

ですから儲かっていないのでしたら、必ず自分の中に問題があるという気持ちと目で見つめないと、何も発見できないのです。

経営コンサルタントやコーチの役割はこの辺りが大きいのではないかと思っています。

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る