スポンサードリンク

やたらとお金を使わせるコンサルタントには要注意

お金が無いから知恵が欲しくて頼んだんだけど・・

企業がですね経営コンサルタントを依頼する場合、売上がちゃんとあって資金繰りも全く問題ない状態よりも、逆の売上が低迷していて資金的にも余裕がなくて、場合によっては藁にもすがる思いで依頼する場合が多いじゃないですか?

ですから依頼主は知恵が欲しかったり売上が回復する方法を知りたいのですが、中には知恵を出すというよりも、やたらとお金がかかる事ばかり提案するコンサルタントの先生もいらっしゃるようですね。

小売店や飲食店でしたらやれ内装をこういう風に変えてだとか、看板を作り直してだとかいった提案だとかホームページをこんな感じで作って公開しましょうだとか・・・。

確かに売上を回復させたり集客するためにお金のかかる事も少なくないのですけど、お金がないから知恵が欲しくてそれにお金を出そうとしている経営者としては困ってしまう場合も少なくないわけです。

私の経験から言えばかけるお金と効果は比例するものではなく、むしろ売上不振で困っている企業の場合は特に1円もお金をかけないでできる事を徹底的に全て実行するほうが売上回復に貢献する場合が多いのです。

別の視点で言えば1円もお金をかけない集客だったり売上げアップの行動がちゃんとできていない状態では幾ら資金を投入してみても無に帰ってしまうと思います。

考え方を変えたり意識を変えるような無の力を先ず活用する提案をして、で売上が改善してはじめて資金を投入した販売促進が生きてくると思うのです。

ですから最初からやたらとお金のかかる提案ばかりしてくるコンサルタントの先生には要注意だと思うのです。

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る