スポンサードリンク

営業が苦しかったり辛い原因と対策

辛かったり苦しかったり嫌な本当の理由を知っていますか?

営業職で働いている人だけに限ったことでは無いと思いますが、比較的他の職種に比べてやりたくない度が高いのが営業の仕事ではないでしょうか?

それでも営業が売上を作らないと会社の経営は成り立ちませんからなくすわけにもいきませんので、原因と対策を考えてみませんか?

理由は簡単でお客様と営業マンの立場がお客様が上で営業マンが下に位置しているから、それは面白くなかったり辛いことも多いでしょうね?

辛い原因が売れない原因になっている場合も多い

私の知る限り安定した売上を計上している営業社員はお客様との立ち位置が対等もしくは対等以上のお客様の風上に立って仕事をしています。

そんな立ち位置でしたら頭の上から何かを命令されたり文句を言われたり、買って貰うためにへりくだる必要もヘコヘコする必要も無いのですから、辛かったり苦しいい原因の大部分は消滅してしまうわけです。

自分から率先して風下に立っていませんか?

言いたいのは客先で横柄に振る舞いなさいだとか、上から目線で大きく出なさいといった類の事では有りませんからその辺りは誤解しないでくださいね。

言いたいのは売る努力の中にはお客様と対等以上の関係で商売ができるように努力しないとダメですよと言うことです。

極端な言を書くと単に相手の機嫌を損ねないように丁重に対応していれば良い接客で模範的な営業マンだと安易に考えて楽をしていたらダメだと言うことです。

どっちの相手をお客様は喜ぶか?

貴方がお客の立場になって考えてみて頂きたいのですが、商品や業界に関する知識が豊富で自分にとって役立つ情報を提供してくれる相手に対して、見下したような態度をとったり邪険に扱ったりしますか?

その営業マンと付き合いが無くなってしまったら自分にとって大きなマイナスになるような相手は丁重に扱いませんか?

もちろん押し出しも必要です

人は相手を顔や見かけで判断する生き物ですから、相手と対等に渡り合える身なりだったり人相だったりビジュアルな面も努力する必要も有ります。

営業関係で働いている方や経営者の方にコーチングする場合はビジュアル面も助言させて頂く場合も多いのですが、中には怪訝な表情をされる方もいらっしゃいますが、実際に改善してみるとその効果にびっくりされる事も少なくないのです。

頭を下げる営業が軽減された分だけ辛い苦しいも消滅します。

お客様との立ち位置が逆転すると売上面も改善しますし、辛い原因が軽減されるので楽しい仕事になってくるのです。(完全では有りませんが)

私の提供するコーチングは常に楽し方向を目指すのですが、実は苦しかったり辛いことに取り組むよりも状況を良くする事が出来るのです。

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る