スポンサードリンク

失敗上手は成功上手

失敗の定義

それはこの方法ややり方では上手くいかないと分かった状態です。

ですから別の言い方をすれば、一つの方法ややり方についてダメだという結果がはっきりしたという一つの成功の形でも有るわけですが、実際に仕事で失敗ばかり続いていると場合によっては経営が傾いてしまう場合も有りますから、そう簡単に失敗はこれではダメだという事がわかっただけの成功だと言ってはいられない場合も多いわけです。

最低限の失敗で成功に変える方法

これは結構単純な事なのですが意外と失敗を何度も繰り返す人は、大切なことを理解していなかったりします。

1,誰でも失敗するのだから絶対に恐れない

以外に思われるかもしれませんが失敗ばかりの人ほど手数が少ないと言いますか、失敗を恐れるあまりに一寸上手くいかないと直ぐにやめてしまいます。

勿論、同じ失敗を繰り返さないために他の方法を試してみるとか、改良や改善を加えて再チャレンジしなくてはいけないのですが、また失敗したらどうしようとか考えてしまって、進歩しようとしないと、結局は失敗ばかりの結果になってしまうわけです。

ですから成功したければ失敗を恐れてはいけないのです。

2,同じ失敗を繰り返さない、失敗だとわかったらすぐにやめる

1で書いたことと少し重複する部分も有りますが失敗だと思ったらすぐさま改良や改善を加えてやり直すか、別のやり方でチャレンジする必要があります。

失敗したと落ち込んでいる暇など1秒も有りませんし、反省などする必要もなくうまく行かなかった原因を考えて改善すれば良いだけなのです。

たまに上司と言われる人の中で反省しろなどと部下に直ぐに言い放つ人もいらっしゃるようですけど、反省するよりも改善して行動する事が最優先なのですから、そんな暇は無いのです。

失敗の先に必ず成功は有る・・しかし

断言します、失敗の先に必ず成功は有ります。

しかし最初から需要がない商売をしていたりしている場合は、いくらその商売に工夫を重ねて改良を続けても、そもそも需要がないのですから誰も買いませんね。

ですから失敗したと気が付いたら時には撤退して別の道を探さないと成功しない場合も少なくないのです。

結局失敗から学べる人だけが成功する

同じ失敗を繰り返したり失敗の山を作ってもそこから何も学んでいない人は、その状態を継続するだけですし、小さな失敗からも何かを学んだり感じ取って日々成長できる人の先には成功が待っています。

まずは失敗を失敗だと思わないでこれで一つ成長できると感じて成長する事から始めてみましょう。

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る