スポンサードリンク

自動車不況と減産と

2008年末から2009年にかけて世界中の、ほぼ全ての自動車メーカーが自動車不況の影響で減産に始まりまして、残業の一掃や派遣社員の契約打ち切りや場合によっては正社員の削減にまで手を付けていまして、なにせ裾野の広い産業ですから自動車の販売不振に端を発する不況の影響が2009年から本格化するでしょうね。

しかし兎に角負のスパイラルって言うのでしょうか、人件費を削減したり雇用を減らしたり致しますと当然の事ながら、職を失った人ですとか賃金が下がった人は車を買える状態では無くなってしまう訳ですから、販売不振で人員を削減したりして経費削減によって生き延びようとすればするほど、販売台数の低下に拍車がかかるのは当然なので有りまして、今回の不況で下手すると日本の自動車メーカーでも一社位は、倒産するか吸収されて消滅してしまうのでは無いでしょうかね?

さて話を自動車不況と人員削減の話に戻しますが、具体的に自動車メーカーの名前は出せませんが、従業員や組合にとっては今まで好景気の時には、もしもの時に備えて内部留保を積み増していた筈だと思いますが、不況になって販売台数が落ちてきますと、過去の内部留保の事はケロッと忘れて、素早く人員削減に取り組むのでありまして、まあ経営者の気持ちは十分理解できますけど、全く過去の利益を元にした内部留保に手を付けないで、さっさと首切りに走る経営者ってのは人間的にどうなのでしょうかね?

※内部留保に手を付けられない理由の一つに、内部留保に手を付けて財務状況を悪化させますと株価は低下しますし、株主からの圧力がかかったり、最悪の場合には株主から訴えられてしまったりしてしまいますので、元々内部留保には手を付けられないので有りますがね。

ただまあ一時期の原油価格の高騰による、ガソリン価格の上昇によって車が無くても生活が出来るとか、車の維持にはとてもお金がかかってしまって、むしろ車なんかない方が、豊かな生活が出来るって気が付いてしまった人が、とても多くなっているようですから、もしかしたら現在より数割少ない販売台数を前提にした経営を考えなくてはいけないかも知れませんけどね?

追伸
あくまでも私の脳内での想像ですが、従業員がリストラの不安に怯えるとか、解雇通告を受けている状態だとか、そーゆー状態の従業員が生産ラインに配置されて作られる自動車は、不良率が高くなるとか、不具合が多くなるとか製品のほうに影響は出てこないのでしょうかね?

少し心配なので有ります。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ビック3救済の行方(救済否決)
  2. KingStar激安タイヤインプレッション
  3. イモビライザー
  4. スズキの車(コラム)
  5. ダイハツ、タント勝手にインプレッション
  6. トヨタの中古車にトヨタの強さを見る
  7. ハンドルロック
  8. 三菱自動車復活のポイント
  9. 中古カーナビ、カーナビゲーション市場
  10. 国産車のニューモデルとスクープ写真とカー雑誌
  11. 新車が半額
  12. 新車購入、値引きのテクニック
  13. 日本車とバンパーの問題
  14. 日産自動車の躍進(コラム)
  15. 省エネ運転
  16. 社有車をリースで導入は本当に得なのでしょうか
  17. 自主防犯パトロールと青色回転灯
  18. 自動車保険、車両保険のエコノミー契約
  19. 自動車運転免許の一発試験
  20. 車のワックスがけと円を描くワックス掛けについて
  21. 車の個人売買、普通車の名義変更方法
  22. 車の個人売買、軽自動車の名義変更方法
  23. 車上荒らし対策グッズ
  24. 車選び
  25. 軽自動車は本当に経済的か?
  26. 駐車違反取り締まり民間委託
  27. 低燃費対策とグッズ
  28. 自動車教習所の倒産
  29. 合宿免許
  30. 自動車不況と減産と
  31. 水中花のシフトノブ
  32. 自動車不況の原因
  33. 自動車とステータス
  34. ターボ過給器付きの車
  35. タイヤと窒素ガスとパンクしないタイヤ
  36. 愛社精神と出入り業者
  37. 車の価値について
  38. 自動車の平均保有年数の長期化
  39. 自動車無しの生活
  40. 新車が半額の危うさ
  41. 自動車の省燃費グッズ
  42. 自動車の適正価格
  43. エコカー促進と買い替え助成金
  44. 経済的な車
  45. 省エネ運転講習会と自動車教習所
  46. モータースポーツの衰退
  47. 痛車(いたしゃ)と著作権
  48. モータショーの存在意義
  49. 燃費改善について考える
  50. 燃費規制は必要か?
  51. 自動車保険料の値上げ
  52. ハイブリッドカーの寿命
  53. ドライブレコーダー必須の時代?
  54. 高速道路の無料化について考える
  55. 軽自動車とターボ
  56. 車の資産価値
  57. リーフ(EV)で日産の逆襲が始まる?
  58. 低燃費タイヤ、エコタイヤ
  59. 中古車が売れない
  60. 自動車の買い時
  61. 長距離ドライブグッズ
  62. カーナビの盗難対策について考える
  63. 軽自動車の燃費と経済性
  64. 車の燃費改善策
  65. 車のボディへこみの直し方
  66. エコドライブ
  67. 自分流ガソリンスタンドの選び方
  68. トラック用カーナビゲーションシステム取付け
  69. 大型トラックの無謀運転
  70. 乗用車の平均保有年数6.5年で過去最高
  71. 新型献血手帳と運転免許証
  72. 車種別新車登録台数
  73. 東京都のディーゼル車規制
  74. 助成金で車を買い替えるべきか否か
  75. パンク修理より中古タイヤが安い件
  76. 三菱自動車欠陥隠蔽クレーム隠しに見る企業体質が変われない理由
  77. 三菱自動車の独ダイムラークライスラー子会社化の可能性
  78. セニアカーとセグウェイ
  79. 自動車保険、保険料節約方法。比較検討、保険料を安くする
  80. 千葉フラワーバス
  81. モーダルシフト
  82. AT車は危険?安全?
  83. レーダー探知機と取締情報
  84. 新古車
  85. バイクを高く売る方法
  86. バイクと野宿とキャンプ
  87. バイク用オイル選びMAとMBどちらが偉いのか
  88. 中古バイクの値段は適正か?中古バイクの値段は高い
  89. 老化防止とバイク
  90. 第二次バイク排ガス規制
  91. バイクの駐車違反の問題
  92. バイクを高く売る時の交渉方法
  93. ライダーの高齢化
  94. バイクにチェーン自動給油装置の標準装備を
  95. バイクすり抜け走行問題
  96. オートバイ
  97. ハーレーダビットソンVSドカティVS BMW
  98. 日常のバイクのメンテナンス(DJEBEL200ジェベルと読みます)
  99. バイク用ナビゲーションシステム
  100. グリーン税とバイク排ガス規制
  101. バイクの防寒対策
  102. 盗難バイク対策
  103. スピード違反とレーダー探知機(速度違反取締りについて)
  104. ギヤ付き原付二種バイク
  105. 中古バイクと走行距離、メーター戻しの問題
  106. バイクの防寒防水対策
  107. カーナビと思考停止
  108. 東京都内バイク駐輪場事情
  109. バイク便の荷箱
  110. 道路交通法改正で自動二輪の高速二人乗り解禁
  111. ETCと混雑税
  112. AT限定自動二輪免許(オートマバイク)
  113. 冬の強い味方ハクキンカイロ
  114. むち打ち症は後になって症状が出る?
  115. バイクを売る時の交渉方法

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る