水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

松任谷さんでしたら恋人がサンタクロースで背が高いのでありますが、恋人が水虫で足が臭い水虫男(又は女)ってのは中々洒落にならないのでありまして今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

えっとね、自分が水虫感染 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

一体どこにカビの胞子が漂っているのか不思議なので有りますが、水虫と同様に油断しているとすぐにカビが生えてしまうのはどこのご家庭でも同じだと思います。

水虫の正体で有る白癬菌もカビの仲間ですから治療中の方は浴室のカビ対策も同 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

感染力はさほど高くなくても一度皮膚内部への侵入に成功致しますと、簡単には完治出来ない水虫なのでありまして、爪の内部にも侵入を許してしまいますと、まぁ爪水虫の完治までは大変なんですよね?

そんな水虫も体の外から軟膏などで攻撃 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

まさか他人に言う人はいないと思いますが、水虫とは随分と長い付き合いで学生時代からもう10年以上の長い付き合いになるとか、妻よりも水虫のほうが長い間柄なんだなんて人が実は多かったりすると推測しているのですが、実際当たっているのでは無いで ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

いくら面の皮が厚い人でも足の裏よりはいくらかは薄いのではないかと思いますけど、白癬菌の中には足の裏だけでは飽き足らずに手やなんと顔にまで進出して勢力拡大をはかる場合が御座いまして、顔に出来た白癬菌による症状は水虫とは言わないでシラクモ ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

毎年のことですが春の訪れとともに夏の終わりまでの間は水虫治療の薬を宣伝する広告の方も元気一杯なので有りますが、まいとし水虫治療の薬を出しているメーカーさん曰く強力な新製品を出している割に患者さんは減っていないようですし、使えばタチドコ ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

聞くところによりますと最近、手作りの布ぞうりがプチブームなのだそうで古着とか使い残しの布を使いまして草履を作るのでありましてスリッパ代わりに使う人が増えているとの事です。

でねたぶんこの布草履は水虫の方御用達になるのではな ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

正確に日本人の水虫(白癬菌)保有率は分かりませんが、一説によりますと五人に一人は水虫に感染していて白癬菌とともに平和に暮らしているって話も有りますから、例えば社内の10人でお疲れさん会でも開きましょうって事で10人参加致しますと確率的 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

高温多湿の日本でありまして、日本の正しいサラリーマン、営業マンはキチンと革靴を履いてお客様先を訪問するのであります。

ここで、特に夏場問題に なってくるのが、革靴の中で蒸れた足の匂いの問題なのであります。

営業 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

人に豊かな生活を与えてくれるお日様には紫外線が含まれておりまして、これには殺菌作用も有るって話ですし、水虫治療に紫外線を照射する殺菌灯なんてのを使う人もいらっしゃいますので、水虫の足を日光浴させますと水虫が治るのではないかなんて事を今 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

これは愛情の深さにも関係してきますし、別に水虫なんてのは誰でも一回は感染・・しないか、まぁでもごく一般的に広く普及している白癬菌の感染ですからそれほど取り立てて大騒ぎするほどのものでは無いと思うのですけど、やっぱりこれから婚活を始める ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

今回のコラムは最初に2点お断りが有る。

1、これは私の話ではない、友人に聞いて面白かったからコラムに書くだけである。

2、コラムを読んで絶対に真似しないで欲しい、やってはいけない事を書くのである。

...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

統計の取りようの無い話ですが夏場にプールに出かけて気持ちよく泳いで帰ってきたら誰かの水虫を移されてきていた何て事は少なくないと思いますし、やはりあれは脱衣場の構造に問題が有るのでは?というのが今回のコラムのテーマです。

私 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

最近は一人暮らし世帯が増えているとの事ですがそれでも標準世帯といえば夫婦に子供二人の世帯を指すのでありまして、家族の誰かが水虫に感染致しますと他の家族は感染の危険性が一気に100倍に高まるのでありますから、本人も家族も防止策に精を出さ ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

まず汗をかくのは人の普通の生理現象なので有りまして、人によって多少の違いは有りますけど体温が上がったり致しますと、自分の体で調整しようと汗をかくわけでありまして、多汗症の場合は少々その汗が多いって事にはなりますが、逆に汗をあまりかかな ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

春になって暖かくなりますと人も元気に活動を始めてゴールデンウイークにもなりますと旅行に出かける人も大勢いるわけですが、冬の間は足の裏の角質層の奥深くで鳴りを潜めていた水虫もやっぱり活動を活性化致しまして、勢力拡大を始める時期なので有り ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

そろそろ梅雨時がやってきまして水虫にとっては勢力拡大の作戦を実行する時期なのかもしれませんが、人も様々な対抗策を打ち出しておりまして基本的には対策を講じて完治に至る人が多いのでありますが、何故か日本における水虫菌保有者の数は減少どころ ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

春先になって暖かくなってきますと冬の間に冬眠していた?水虫が活動を始めるのですが一度感染しますと完治まで数カ月を要しますし何しろ痒いし、家族からの白い目に耐えなくてはいけませんから、出来れば予防策を講じまして感染予防したいところですよ ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

まず私は足の裏の汗腺が結構元気に自分たちの役割を果たしてくれるので、一日中革靴を履いていますと靴下が湿るほど汗をかいてしまいまして、当然ですが自分でもはっきり自覚するほどの悪臭を夏場などは感じてしまうので有りまして、革靴の悪臭対策は家 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

足の裏の汗腺が元気に働く人は尚更ですが、サラリーマンのお父さんの場合は基本的に一日中革靴を履いて真面目に働きまして、夜になって帰宅して革靴を脱ぎますと自分でも嫌になるほど悪臭を発する事が良く有りますし、汗で湿った靴下の水分で木の床に足 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

そういえば私の子供の頃はカビが生えたパンとかお餅とか色とりどりのカビを目にすることがよく有りまして、梅雨時なんて事になりますと何でも直ぐにカビが生えたものですがどうやら食品の方は冷蔵庫の発達ですとか、住宅環境の向上ですとか食品業界の努 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

汗をかきやすい体質の方ってのは足なんてものは最たるもので、一日中靴を履いた状態で外から帰ってきまして靴の中は蒸し風呂の水虫にとっては天国のような状況なんでしょうけど、さて家の中にいるときには裸足が良いのかそれとも靴下着用状態が望ましい ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

基本的に一家の中で水虫に感染するのは一家の大黒柱のお父さんと相場がほぼ決まっているのでありますが、困るのは洗濯なのでありまして洗濯時間の問題ですとか水道代とか電気代とかを考えますと家族の洗濯は一回にまとめてやっつけた方が時間も経費も節 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

随分昔に人から聞いてびっくりした覚えが有るのですが、紅茶も日本茶もウーロン茶も元になるお茶の葉っぱは同じで加工方法が違うだけで日本茶になったり紅茶になったりウーロン茶になったりするらしいのですが、噂におりますとどうもお茶、特に日本茶に ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

ネットで色々と情報を見ている感想として、水虫治療ってのは実に多くの民間療法ですとか、認可を受けた薬剤以外の治療方法で完治した事例が多いので有りますけど、そりゃまぁ水虫の原因は白癬菌って呼ばれるカビの一種が皮膚に住み着いて起るわけですか ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

営利企業の目的は金銭的な利益を確保する事を目的として存在しているわけですから、自らの利益を確保するために様々な努力を行う事は一向に構いませんし、法律の範囲内で頑張るべきだと思いますが、エゴ丸出しで政治を動かし法律を改定して自分たちの既 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

確か私の記憶の限りでは五本指の靴下ってのは軍足と呼ばれる軍手の靴下版くらいにしか存在しなかったと思いますが、最近になって特に女性用かと思いますがおしゃれな5本指靴下が随分と販売されているようですので、今回のコラムではそんな事について書 ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

詳しいことは分かりませんけど、海水の中では流石の水虫(白癬菌)も生息できないようですし、頭の上から照りつける太陽光に含まれます紫外線は殺菌灯などに使われる、殺菌効果の根源ですから水虫治療のために真夏の暑い盛りに海水浴に行って、海水浴し ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

確か昔に千葉県松戸市にあったスーパーセンターの温泉の能書きで見た記憶が有りますけど、草津の湯だったっけかな?完全に無菌状態で清潔ですみたいな事が書いてあったような記憶が有るのですが、今のように医療機関や医療技術が発達していなかった頃に ...

水虫と足の臭い

水虫と足の臭い

同居する家族の中に一人でも水虫感染者がおりますと当然の事ながら、白癬菌は同居する家族への移住計画を立案して、新たな生息地の獲得に虎視眈々とチャンスをうかがっていたりするので有りまして、感染している本人はともかく平和な毎日を送りたいと思 ...