飛び込み営業

飛び込み営業

気がつけば営業の仕事歴30年を超えているのでありますが、経験的にはっきり言えるのは見えざる手は存在するということです。

どんなに厳しい状況であっても一生懸命仕事に取り組んでいると何故か救いの手が現れるとか、棚ぼた式の売上が ...

飛び込み営業

飛び込み営業

人生に占める仕事の割合は非常に大きいのですから、生きがいを感じて仕事を楽しんでやっているのか、嫌だけどお金のために仕方がなくやっているのとでは人生の中身がぜんぜん違ってきてしまうわけですが、そうは言っても楽しんでできる仕事というのは多 ...

飛び込み営業

飛び込み営業

専業主婦率(非共働き家庭)の低下や単身世帯の増加によって個人宅の昼間の在宅率は非常に低くなっているわけですが、単純に片っ端から飛び込みで玄関のチャイムを押すような飛び込み営業ならともかく、一定のリストに基づいて個人宅を訪問した場合、何 ...

飛び込み営業トラウマ, スランプ

飛び込み営業

一般個人宅への飛び込み営業は最近減少しているようですが、(私の自宅に訪問する営業マンが減っていることから)、法人相手の新規顧客開拓にしても減っているとは言え、アポ無しで訪問してお客にするという営業手法は一部で、(新・電力、プロパンガス ...

飛び込み営業

飛び込み営業

人は何故か着用している服で性格まで変わる不思議な生き物なのでありまして、特定職業の制服を着ていると数日の間にその制服に性格が近寄って来るのでありますね。

さて今回のメインテーマは個人宅へ全くの新規飛び込み営業が怖いとか気後 ...

飛び込み営業

飛び込み営業

社会に出て営業社員として働き出して客先に訪問するのに気後れするみたいな間隔はだいたい営業マンになってから10年位は有りましたかね?

なぜかと原因を聞かれてもはっきりした答えは無いのですけど、まぁ売りたい気持ちよりも見ず知ら ...

飛び込み営業

飛び込み営業

特に公共交通機関を使って移動をする営業マンにとって雨の日は結構大変なもので、左手に雨傘を持ってもう片方で営業カバンをもって、途中で電話がかかってきたら傘と営業カバンを両手に持ち替えて電話にでるなんてのは結構大変ですし、なにしろ晴れてい ...

飛び込み営業

飛び込み営業

古き良き昔の昭和時代のプロレスでは何故か61分3本勝負ってのが御座いまして、今持って何故60分じゃなくて61分なのか謎解きの解明はなされていないのでありますけど、今回の話題は60秒一本勝負についてです。

さて飛び込み営業の ...

飛び込み営業

飛び込み営業

最近の私はほぼひきこもり状態で仕事の打ち合わせや納品などのやむを得ない場合で月に数回外出する以外はパソコンに向かってコンテンツを作成して息抜きにこんなコラムを書いたりしているわけですけど、自宅警備員じゃなかった自宅兼事務所に閉じ籠もっ ...

飛び込み営業

飛び込み営業

今回のコラムも完全に私自身の個人的な考えからの内容ですがこれから就職を考えた時に営業職を望む場合の参考になれば幸いです。

前置きとしてなぜ営業職なのかと言いますと今の就職難の中で他業種と比べれば比較的に就職しやすいと言いま ...

飛び込み営業

飛び込み営業

飛び込み営業を続けていると基本的に体よくあしらわれるとか邪険に断られることの連続で、そりゃまぁ仕事中に勝手にやってきて隙あれば営業活動を始めようとするわけですから、お客から見たら単なる邪魔者で迷惑以外のないものでもないんですから、邪険 ...

飛び込み営業

飛び込み営業

今日も自宅兼事務所の一室でネットの動画を横目でみつつ一応は仕事に励んでいるわけですけど、ふと思うとそういえばここ最近はすっかり訪問販売のセールスマンが訪ねてくる事が少なくなったと感じますね。

そりゃ日本は頑張れば頑張るほど ...

飛び込み営業

飛び込み営業

日本には昔から伝わっている含蓄の深い諺が沢山ありますけど、その中に下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるってのが有りますね?

一昔前のインターネットも普及していなくて消費者が情報を得る手段を余り持ち合わせていない時代でしたら、営業スキ ...

飛び込み営業

飛び込み営業

今はどうなっているのか分かりませんけどその昔、とある通信系の法人向け営業を展開していた会社は外回りの営業マンは営業に出かける前に一日の訪問予定先の一覧を提出して、一件訪問して営業活動が終わるたびに、その詳細を上司に電話で報告するって事 ...

飛び込み営業

飛び込み営業

日曜日の昼下がり、遅い昼食を取っているとドアチャイムを鳴らして消火器の訪問販売の方がいらっしゃった。
訪問販売の営業の方の話しを聞くのが私は大好きで,買う気もないのに話しだけは聞いてお引き取りいただく、迷惑な客かもしれないのだ ...

飛び込み営業

飛び込み営業

日本人は肩書きに弱いなんて事を言われますが、まぁ確かに名前の通った企業の経営者と名もなき中小企業の平社員では、扱われ方とも発言力も段違いに違うのですけど、じゃぁ大企業の係長と零細企業の代表取締役社長ではどっちが格上かとか、微妙なところ ...

飛び込み営業

飛び込み営業

子供の頃には色々な事に熱中したものですし嫌いな勉強であってもごく限られた好きな分野であったら何故か熱中して誰に命令されたわけでもないのに、夜遅くまで一生懸命に取り組んだものです。

社会に出て仕事が生活の中心になるわけですけ ...

飛び込み営業

飛び込み営業

平日の昼間は法人向けの飛び込み営業として電話回線だのOA機器だのコピーの営業マンが飛び込んできますし、休日は休日で自宅でくつろいでいますと、布団の訪問販売ですとかリフォームですとか浄水器のリースですとか、いろんな飛び込み営業マンが訪問 ...

飛び込み営業

飛び込み営業

新規顧客開拓の基本

普段の営業活動では様々な販促手段を使って反響営業や紹介営業しかしていないような会社であっても新たに配属された新入社員にはまずドア・トゥ・ドアの飛び込み営業を経験させる事が少なくないようです。

私のお世話に ...

飛び込み営業

飛び込み営業

今年の流行語大賞に”気合だ~”が入ったようですが、SOHOの経営、運営に関しては気合より気力ではないかなと思います?
そこで、気合と気力のどこがどう違うかですが、
アニマル浜口さんが叫ぶのが”気合”SOHOで必要なのが ...

飛び込み営業ノウハウ

飛び込み営業

入社前の説明会では一切営業スタイルについては触れないかもしくはグループ営業で安心ですなんて事で営業職に配属されたら、翌日から用意されたリストに従って飛び込み営業をする日々が続くとか電話コールをさせられてアポイントが取れるまで電話をかけ ...

飛び込み営業ノウハウ

飛び込み営業

昔私が飛び込み営業をやっていた頃を思い出してみますと、飛び込み営業ってのはコツとか方法とか最初にどんな言葉をかけるとかは二番目以降の話で、気後れしないとかなんとなく飛び込むのが嫌だなって思わないとか、気持ちの部分がすごく大きいと思うの ...

飛び込み営業ノウハウ

飛び込み営業

営業マンが行う営業活動と一口で言っても色々なスタイルがありますが、今回のコラムでは飛び込み営業について書いてみますが、まあ世間一般の飛び込 み営業に対するイメージは決して芳しい物では無く、効率の悪い営業方法の代表のような言われ方をした ...

飛び込み営業ノウハウ

飛び込み営業

営業職として入社したらいきなり渡された名刺の肩書きがエリアマネージャーだとか主任が印字されていまして、翌日から営業に回るなんて会社が全国に はあちこちあると思います。

これは多くは比較的小規模な会社の営業用肩書きと申します ...

飛び込み営業ノウハウ

飛び込み営業

今まで好調だった営業マンが突然または短期間に売上不振に陥った状態をスランプと呼びまして、普段か ら営業成績の芳しくない売上が上がらない営業マンの場合はスランプじゃなくていつもの成績不振って事になるわけですが、今までと同じように出社して ...