スポンサードリンク

防犯対策とラジオ

どうも軽犯罪って言うんですか空き巣とか万引きってのは立派な?犯罪だと思いますけど、人をみたら泥棒と思えとか、隣は何をする人ぞってまぁ嫌な世の中になってきたわけですけど、嘆いても仕方が有りませんし、最近の空き巣は結構荒っぽくて、玄関の施錠を入念に行っていても、窓ガラスを工具で割って(切って)侵入してきますし、アパートとか賃貸マンションなんかですと勝手に頑丈な鍵に取り替える事も出来ませんから、とにかく戸締まりだけしっかりすれば大丈夫なんて事は、多い昔の過去の話なのでは無いでしょうかね?

ただやっぱり空き巣ってのは空いている巣を狙って入るわけですから中に人の気配がしたら入ってきませんよね。

でね、勿論防犯カメラとか警報機とかを設置すれば良いのかもしれませんし、もう少し経済的に余裕が有れば警備会社のホームセキュリティなんて方法も有りますけど、いかんせんお金がかかりますし、防犯カメラは証拠を残すのに重点が置かれていますし、警報機は窓ガラスなどが破壊されてから鳴り響きますので、多少の被害は覚悟しなくちゃいけないので有りますね?

そこで・というほど画期的なものでは無いですし、既に実行している人が日本中にもの凄く沢山居ると思いますが、留守にしていてもラジオだけは付けっぱなしで音声を流しておくってやり方ですね。

テレビでも構わないのかもしれませんが、なにせ消費電力がラジオでしたら一ヶ月間、なりっぱなしの状態でもたぶん数十円程度の電気代で留守の間は、色々おしゃべりしたり音楽を流したりして、もしかしたら誰か居るんじゃないのって雰囲気を出してくれるのですよね。

空き巣だって物音が家の中からしていて、ラジオの音声だって分かるでしょうけどわざわざ本当に人が居ないかどうかを確かめるほどのリスクを負うよりも、他の不用心な家を狙う方向に走るのではないかと思うのですよね。

それに一人暮らしの人の場合ですと、一日働いて夜遅くに一人住む部屋に帰ってきて暗くしーんと静まりかえった部屋に寂しく帰るよりも、ラジオの音声とは言えおしゃべりが流れる部屋に帰ったほうが何だかホットするでは無いですか?

まぁ孤独が好きな人はそーでもないのかもしれませんけどね。

つでに、この機会にテレビもリサイクルショップで処分して、NHKのほうも解約してしまってラジオをメインにすれば、家も広く使えるし無駄な出費もなくなるし、良い事ばかりなのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 鎌鼬(かまいたち)と通り魔対策
  2. 防犯パトロールとダイエット
  3. 防犯対策とラジオ
  4. 空き巣被害の増加について考える
  5. 空き巣対策と立地条件
  6. 目は口ほどに物を言う?
  7. 防犯パトロールの事
  8. 自転車の防犯登録について考える
  9. 防犯と声かけ運動
  10. 人を見たら泥棒と思えと防犯意識
  11. 防犯と借金の督促状
  12. 都内の万引き被害額が年間670億円
  13. 年末年始・旅行と防犯空き巣対策
  14. 自己防衛と護身術について考える
  15. 外見と不審者について考える
  16. 防犯灯と青色LED照明と効果?
  17. 防犯ステッカーの効果
  18. 防犯コスト
  19. 防犯用、警備会社のステッカー販売
  20. 防犯カメラ、監視カメラ、防犯ビデオ
  21. 犬の散歩と防犯対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る